1. 企業情報サイト
  2. 会社情報
  3. 沿革

沿革

1889年(明治22年) 5月 香川県議会議員大久保諶之丞が本州と四国の間に橋を建設する構想を提唱
1914年(大正3年) 3月 徳島県選出国会議員中川虎之助代議士が「鳴門架橋に関する建議案」を帝国議会に提出
1940年(昭和15年) 4月 内務省神戸土木出張所長原口忠次郎が鳴門海峡架橋を提案
1953年(昭和28年) 8月 神戸市長原口忠次郎が、明石海峡架橋構想を固め調査準備に取りかかる
1955年(昭和30年) 4月 国鉄において本四淡路線(Aルート)調査開始
1955年(昭和30年) 5月 宇高連絡船「紫雲丸」事故(死者168人)
1959年(昭和34年) 4月 建設省が調査開始(A・C・D・Eルート)
1961年(昭和36年) 4月 建設省Bルート、国鉄B・C・Dルートの調査開始
1969年(昭和44年) 5月 新全国総合開発計画策定(3ルート決定)
1970年(昭和45年) 7月 本州四国連絡橋公団設立
1973年(昭和48年) 9月 建設大臣及び運輸大臣から工事基本計画指示
1973年(昭和48年) 10月 建設大臣及び運輸大臣から工事実施計画認可
1973年(昭和48年) 11月 総需要抑制策の一環として本四起工式延期
1975年(昭和50年) 12月 大三島橋起工式
1976年(昭和51年) 7月 大鳴門橋起工式
1977年(昭和52年) 1月 因島大橋起工式
1978年(昭和53年) 10月 児島・坂出ルート起工式
1979年(昭和54年) 5月 大三島橋供用開始
1981年(昭和56年) 3月 伯方・大島大橋起工式
1983年(昭和58年) 12月 因島大橋供用開始
1985年(昭和60年) 6月 大鳴門橋供用開始
1986年(昭和61年) 4月 明石海峡大橋起工式
1986年(昭和61年) 5月 生口橋起工式
1988年(昭和63年) 1月 伯方・大島大橋供用開始
1988年(昭和63年) 4月 瀬戸大橋とゴールデンゲート橋姉妹橋調印式
1988年(昭和63年) 4月 児島・坂出ルート供用開始(瀬戸中央自動車道全線開通・瀬戸大橋線開業)
1988年(昭和63年) 5月 来島海峡大橋起工式
1988年(昭和63年) 7月 瀬戸大橋とファティ・スルタン・メハメット橋姉妹橋調印式
1990年(平成 2年) 8月 多々羅大橋起工式
1991年(平成 3年) 12月 生口橋供用開始
1993年(平成 5年) 7月 新尾道大橋起工式
1997年(平成 9年) 3月 本社を神戸市に移転
1998年(平成10年) 4月 明石海峡大橋供用開始(神戸淡路鳴門自動車道全線開通)
1998年(平成10年) 6月 明石海峡大橋とグレートベルト橋姉妹橋調印式
1999年(平成11年) 5月 新尾道大橋・多々羅大橋・来島海峡大橋供用開始(西瀬戸自動車道開通)
1999年(平成11年) 5月 多々羅大橋とノルマンディー橋姉妹橋調印式
2003年(平成15年) 5月 本四債務負担軽減特措法公布(有利子負債1兆3400億円を国に承継)
2004年(平成16年) 6月 道路関係四公団民営化関係四法公布
2005年(平成17年) 10月 本州四国連絡高速道路株式会社設立(堀切民喜社長就任)
2006年(平成18年) 4月

生口島道路、大島道路開通(西瀬戸自動車道全線開通)

2006年(平成18年) 9月 会社創立1周年記念シンポジウム
2007年(平成19年) 6月 伊藤周雄社長就任
2008年(平成20年) 5月 瀬戸大橋とオーレスン橋姉妹橋調印式
2008年(平成20年) 10月 せとうち美術館ネットワーク発足
2009年(平成21年) 5月 韓国道路公社との技術交流に関する覚書調印式
2009年(平成21年) 7月 神戸大学との連携協力協定調印式
2011年(平成23年) 12月

日本高速道路インターナショナル株式会社との相互協力協定調印式

2012年(平成24年) 6月 三原修二社長就任
2014年(平成26年) 3月 全国路線網に編入
2015年(平成27年) 3月 年間通行台数(出口交通量における通行台数)が4,000万台を超える