1. ドライバーズサイト
  2. 2017年トピックス
  3. ETCレーン更新工事のお知らせ~ETCの利便性を向上させ、快適な走行を提供します~

2017年トピックス

2017年10月02日

本州四国連絡高速道路株式会社

ETCレーン更新工事のお知らせ
~ETCの利便性を向上させ、快適な走行を提供します~

本州四国連絡高速道路では、ETCをご利用のお客さまへのサービス向上を目指し、ETC設備の更新を2016年(平成28年)11月より進めており、2017年(平成29年)10月からは、現地工事に着手します。

工事期間中、工事対象レーンにおいては、ETCレーンがご利用になれません。ETCレーンがご利用になれない場合は、一般レーンのご利用をお願いします。

お客さまには大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

1.工事期間

2017年(平成29年)10月から2021年(平成33年)3月末(予定)

E28 神戸淡路鳴門自動車道の料金所から順次実施します。

2.工事箇所

本州四国連絡高速道路の全てのETCレーン(当面の工事予定箇所 別紙-1【PDF】参照)

3.工事概要

(1)本州四国連絡高速道路のETC設備を更新し、機能の充実を図ります。

①「ETC専用」や「ETC/一般」などを表示しているETC車線表示板がLED化され、視認性が向上します

②通行料金などを表示する路側表示器について、ETC開閉バーが開かない理由も表示されます。また、ETCカードの有効期限の30日前からは、「カード期限注意!」が表示されます

※注意表示が示された場合は、早めに新しいETCカードへの切り替えをお願いします。

表示例

(理由表示)理由表示

(注意表示)注意表示

 

(2)一部の料金所において入口ETCレーンの増設を行います(19レーン)。

ETCレーンの増設は、原則として入口ETCレーンが1レーンの料金所で実施します。入口ETCレーンの増設により、事故、トラブル等による「ETCサービス停止時間」を削減し、お客さまの利便性向上を図ります。(増設予定箇所 別紙-2【PDF】参照)

ETC車線表示板

※入口レーン数が2レーンの料金所においては、「ETC専用」車線と「ETC/一般」車線での運用となります。

ETC無線走行ができない車両(非ETC車)については、写真左側の「ETC/一般」レーンをご利用ください

(3)再通信機能を追加し、ETCの利用環境をより快適にしてまいります。

ETCカード未挿入等が原因で入口ETC走行ができなかった場合(路側表示器が「STOP停車」を表示し、発進制御機が「閉鎖」状態)、これまでは料金所係員が通行券をお渡ししておりましたが、再通信機能整備後は、料金所係員のインターホンでの案内に沿って、お客さまにその場でETCカードを車載器に挿入していただき、再通信アンテナによりお客さまの車載器に対して再度、通信を行うことでETC走行に必要な情報の確認を行います。再通信完了後は、出口でのETC走行も可能となります

再通信機能を追加し、ETCの利用環境をより快適にしてまいります

なお、ETCレーンの閉鎖情報、ETCレーン閉鎖時のご利用方法については、当社ホームページのETCレーン閉鎖情報に掲載しておりますので、予めご確認のうえ、ご走行ください。