1. ドライバーズサイト
  2. 2018年トピックス
  3. ゴールデンウィーク期間の高速道路における渋滞予測について【本四版】

2018年トピックス

2018年04月03日

本州四国連絡高速道路株式会社

ゴールデンウィーク期間の高速道路における
渋滞予測について【本四版】

全国版はこちら【PDF】

本州四国連絡高速道路株式会社は、ゴールデンウィーク期間[平成30年4月27日(金)~平成30年5月6日(日)の10日間]の本四高速道路での交通集中による渋滞予測と回避の対策をとりまとめました。

1. 渋滞予測について

  • ゴールデンウィーク期間の渋滞は、5月3日(木)~5月5日(土)の特定の時間帯に発生すると予測しています。
  • 本四高速道路をご利用されるお客様には、渋滞ピークが予想される時間帯を避けたご利用をお願いいたします。
  • ご出発前に、渋滞予測情報(資料1)【PDF】や道路交通情報等を確認していただき、ご利用の参考としてください。

※舞子トンネル出口付近を起点とする渋滞につきましては、お客様に快適にご利用していただくために、経路選択のご案内を実施しております。ご利用の参考としてください。

【本四高速道路において、ピーク時5km以上と予測した渋滞】

IC:インターチェンジ JCT:ジャンクション TN:トンネル BS:バスストップ

○E28 神戸淡路鳴門自動車道

渋滞発生日 / 方向 渋滞区間(渋滞末尾側→渋滞先頭側) /
【発生箇所・先頭】
渋滞長 渋滞発生時間帯 /
【ピーク時刻】
5月3日(木) 下り
(渋滞詳細)
布施畑JCT→東浦IC
【発生箇所:東浦IC付近】
約20km 8時~18時
【ピーク時刻:15時】
5月4日(金) 下り
(渋滞詳細)
布施畑JCT→淡路IC
【発生箇所:淡路IC付近】
約15km 9時~14時
【ピーク時刻:12時】
5月4日(金) 上り
(渋滞詳細)
洲本IC→垂水JCT
【発生箇所:舞子TN出口付近】
約40km 15時~23時
【ピーク時刻:20時】
5月5日(土) 上り
(渋滞詳細)
西淡三原IC→垂水JCT
【発生箇所:舞子TN出口付近】
約50km 14時~翌0時
【ピーク時刻:19時】

○E30 瀬戸中央自動車道

渋滞予測はありません。

○E76 西瀬戸自動車道

渋滞発生日 / 方向 渋滞区間(渋滞末尾側→渋滞先頭側) /
【発生箇所・先頭】
渋滞長 渋滞発生時間帯 /
【ピーク時刻】
5月3日(木) 下り
(渋滞詳細)
西瀬戸尾道IC→向島IC
【発生箇所:向島BS付近】
約10km 10時~20時
【ピーク時刻:16時】
5月3日(木) 下り
(渋滞詳細)
生口島南IC→大島南IC
【発生箇所:吉海TN付近】
約20km 13時~21時
【ピーク時刻:18時】
5月4日(金) 下り
(渋滞詳細)
西瀬戸尾道IC→向島IC
【発生箇所:向島BS付近】
約5km 9時~16時
【ピーク時刻:11時】
5月4日(金) 下り
(渋滞詳細)
生口島南IC→大島南IC
【発生箇所:吉海TN付近】
約20km 13時~22時
【ピーク時刻:19時】
5月4日(金) 上り
(渋滞詳細)
大島南IC→向島IC
【発生箇所:向島BS付近】
約35km 10時~翌0時
【ピーク時刻:21時】
5月5日(土) 下り
(渋滞詳細)
大三島IC→大島南IC
【発生箇所:吉海TN付近】
約15km 15時~19時
【ピーク時刻:17時】
5月5日(土) 上り
(渋滞詳細)
伯方島IC→向島IC
【発生箇所:向島BS付近】
約25km 11時~翌0時
【ピーク時刻:19時】

◎この渋滞予測は、過去の交通混雑期(ゴールデンウィーク・お盆・年末年始)等の交通状況を踏まえて予測したものです。(詳細については、(資料)渋滞詳細【PDF】をご参照ください。)

参考資料

2. 経路選択のご案内

~明石海峡大橋から大阪方面へは布施畑JCTからもご利用いただけます~

淡路島・徳島方面から明石海峡大橋を渡り、阪神高速3号神戸線や5号湾岸線(乗継)を利用して大阪方面へ通行される場合には、垂水JCTを経由するルートのほか、布施畑JCTを経由するルートもあります。道路の交通状況などに応じて、経路選択のご参考にしていただければ幸いです。

迂回地図

淡路ICから大阪市内までの通行例
〈普通車〉
  ETC車料金 現金車料金 総距離
ルート① 2,300円 5,120円 59.4km
ルート② 2,300円 3,820円 57.6km
ルート③ 2,410円 3,880円 51.0km

※大阪市内へは、ルート①またはルート②をご利用いただくと、ルート③に比べ少し走行距離は長くなりますが、ETC車料金はお安くなります。ただし、大阪までご利用されない場合は料金が異なります。詳しくはホームページ等でご確認ください。

※上り線明石海峡大橋の手前 淡路島内【淡路IC・SA~垂水JCT・IC間】には図形情報板を設置しており、主要地点までの所要時間や渋滞状況等を表示しています。淡路SA(上り)内でも同様の表示をしていますので、経路選択の参考に、ご活用いただければ幸いです。

図形情報板
図形情報板

淡路SAでの情報提供
淡路SAでの情報提供

※時間帯によっては、経路選択を行うことにより走行距離は長くなりますが所要時間は短くなる場合があります!

平成29年ゴールデンウィーク交通混雑期においての渋滞実績及び図形情報板に表示された所要時間の関係を交通混雑期の渋滞実績及び図形情報板表示について(資料3)【PDF】にてまとめていますので、ご覧ください。

3. 混雑期対策

JB本四高速では、今回の渋滞予測や過去の交通混雑期(ゴールデンウィーク・お盆・年末年始)等の状況を踏まえて、以下の取組を実施します。

Ⅰ.速度低下注意喚起対策

サグ部での速度低下にご注意!

下り坂から上り坂にさしかかる所を「サグ」と呼びます。

上り坂に入っても気付かず速度が低下し、車が混雑している時は後続車が次々にブレーキを踏むことにより、渋滞が発生します。

上り坂での速度低下にご注意下さいますよう、よろしくお願いいたします。

※サグ部の位置については、本四高速道路におけるサグ部一覧(資料4)【PDF】をご覧ください。

  • サグ部での渋滞発生が予想される箇所へは、速度低下に対する注意をお願いする看板等を設置しています。

上り坂

速度回復看板

Ⅱ.渋滞後尾付近への追突注意喚起対策

渋滞中は、前方にご注意!

渋滞後尾付近での追突事故が多発しています。

各種情報板や、標識車により、渋滞の発生箇所を適宜お知らせしています。これらの情報を確認した際は、前方に注意しながら走行してください。

また、渋滞後尾付近で減速した際にはハザードランプを点灯させることで後続車に合図を送っていただきますよう、よろしくお願いいたします。

追突事故防止のため、車間距離を十分にとるなど、安全運転にご協力をお願いいたします。

  • 各種情報板に渋滞情報を表示し、渋滞後尾付近の路肩等に標識車を設置することで、ドライバーの皆様へ渋滞の情報を提供し、追突事故の発生を未然に防止します。

広域情報板

後尾警戒

Ⅲ.SA・PA内における混雑期対策

  • 各SA・PA内で駐車場整理員を配置、大型車駐車マスの確保をおこないます。

Ⅳ.当社ホームページにおける混雑期前広報

  • 当社ホームページにおきまして、ゴールデンウィーク期間の約1週間前に、渋滞回避のポイント等を記載した特設ページを設け、ドライバーの皆様へ快適に本四高速道路をご利用していただけるよう努めます。

掲載イメージ(例:平成29年度お盆期間)

渋滞回避のポイント

参考資料

4. 安全運転のお願い

交通混雑期においては、事故が多く発生します!

  • 全席シートベルトの着用
  • 車間距離を詰めすぎない、むやみな車線変更を避ける
  • SA・PAでのこまめな・早めの休憩

等を心がけてください。

運転中のスマートフォンや携帯電話の操作は禁止されています。

SA・PAで車を停車させてからご利用ください。

本四高速道路でも運転中のスマートフォンや携帯電話の操作が原因と思われる死亡事故が発生しています。絶対にお止めください。

疲れを感じる前に、SA・PAで休憩を。

単調な高速道路では、疲労や睡眠不足でなくても意識が「もうろう」とすることがあります。
この状態での運転は、居眠り運転につながり大変危険です。
最寄りのSA・PAで休憩をとりましょう。
本四高速道路内のSA・PAについては、下記ホームページをご覧ください。

JBハイウェイサービス株式会社

http://www.jb-highway.co.jp/sapa/index.php

ゴールデンウィーク期間のドライブは、ここに注意!

・ゴールデンウィーク期間は、事前の十分な準備を!

ゴールデンウィーク期間中は、レジャー等で長距離を運転するケースが多くなると思われます。そのような場合は特に、車の故障疲労がトラブルの元となることがありますので、十分ご注意ください。

期間中に遠出をされる場合は、事前に車両の点検や休憩地点(SA・PA)の確認をおすすめします。

・こまめな休憩を!

ゴールデンウィーク期間中は、思っているよりも日差しが強いことから、疲れやすい環境となります。安全運転のため、是非SA・PAにお立ち寄りいただき、こまめな休憩をお願いします。

また、SA・PAでは道路交通情報をリアルタイムに確認することが可能ですので、是非ご利用の参考としてください。

高速道路上は非常に危険ですので、
絶対に歩かないでください!

もしも事故・故障が発生した場合は…

  • すみやかに路肩に停車後、ハザードランプを点灯するとともに、安全を十分確認の上、発炎筒や停止表示板などで後続車に合図を送ってください。
  • 本線上や路肩は絶対に歩かず、速やかにガードレールの外などの安全な場所に避難してください。
  • 非常電話や道路緊急ダイヤル【#9910】での通報をお願いいたします。

もしも止まっている車を発見した場合は…

  • 事故、故障などで車が停車している場合があります。人が降りてくる可能性があるのでご注意ください。
  • 停車している車両を発見した場合には、道路緊急ダイヤル【#9910】での通報をお願いいたします。

5. 道路交通情報のご確認先

交通混雑期では、予想外の渋滞等が発生することも考えられますので、ご出発前やご旅行中に当社ホームページやお客様窓口等にて、最新の情報をご確認ください。

本州四国連絡高速道路株式会社 ホームページ
(http://www.jb-honshi.co.jp/customer_index/)

  • 交通情報 http://www.jb-honshi.co.jp/customer_index/traffic/
    (本四高速道路の通行止め情報や、JARTICによる道路交通情報を確認できます。)
  • 天気予測 http://tb.wni.com/rdhonshi/
    (本四高速道路各橋における天気と風速の時間帯別予測を確認できます。)

    ※海峡部では強風の影響により二輪車等が通行止めとなる場合がございますので、最新の情報を是非ご確認ください。

本州四国連絡高速道路株式会社 お客さま窓口

電話
078-291-1033
営業時間
9:00から17:30まで(年中無休)
  • お電話のおかけ間違いには十分ご注意ください。
  • 運転中の携帯電話、PHS及びスマートフォンのご使用は危険ですので絶対におやめください。
  • 弊社ではプライバシーポリシーに基づき、お客さまの個人情報を適正に管理しております。
  • 弊社及び関係者から、折り返しお客さまにお電話にてご連絡させていただく場合のために、ナンバーディスプレイを採用しております。
  • お客さまからいただいたお問い合わせの内容を正確にうけたまわるため、お電話を録音させていただいております。あらかじめご了承ください。

(公財)日本道路交通情報センター(JARTIC)

電話

全国共通・・・#8011(携帯電話・PHS専用)
(この番号におかけいただくと、最寄りのセンターに接続されます。)

本四高速道路の情報については、050-3369-6772におかけください。

※原則として、オペレーターがお応えしますが、問い合わせ集中時や夜間などは、自動応答により情報をお伝えすることとなります。