来島海峡は鳴門海峡や関門海峡と並ぶ日本の三大急潮流の一つですが、その急潮流を船に乗って体験することが出来ます。今回その急潮流体験に行ってきました。観潮船は大島の道の駅付近から出航して来島海峡を回るコースです。来島海峡は最大潮流10ノット(18km/h)ですが、当日の潮流は5ノットでした。それでも岬近くでは渦が巻くところや水深の差により海底から潮がわき上がる湧き潮を見ることができ、それらの潮に船を突入させると、乗船している人たちから驚きの歓声が上がりました。また、来島海峡は国際航路なので巨大船の通過を近くから見たり、来島海峡大橋を下から見上げアンカレイジも間近で見ることも出来ます。来島海峡の他に同じ大島の宮窪でも能島水軍で注目されている能島付近を回る潮流体験もあります。潮流の早さを事前に確認して、迫力有る潮流体験を一度してみてください。

来島海峡の急潮流体験1

来島海峡の急潮流体験2

コメントをどうぞ

コメントは承認されるまでは表示されません。