HOME > 愛媛県美術館

愛媛県美術館・愛媛県松山市愛媛県松山市

施設外観
施設外観
福田平八郎≪雉≫昭和44(1969)年
福田平八郎≪雉≫昭和44(1969)年

愛媛県美術館は、来館者の皆様に美術作品を鑑賞すること(みる)、作品を創ること(つくる)、そしてそれらを通して自ら学ぶこと(まなぶ)を楽しんでいただく、参加創造型の美術館として、国指定史跡の松山城跡内に、城郭の景観と調和させて1998年に、開館しました。
愛媛県美術館のコレクションは、その前身である愛媛県立美術館(1970年開館)に始まり、主に郷土作家の作品を収集してきました。そして、1998年11月に愛媛県美術館として再出発するのを機に、モネ、ボナール、セザンヌ等の海外作家の作品や、近代日本を代表する安田靫彦、中村彝等の作品、また現代美術では白髪一雄、靉嘔等の作品も収集し、更に近年は郷土出身作家である杉浦非水、真鍋博、田窪恭治等のコレクションも加わって、現在11,000点余りを収蔵しています。これらのコレクションは常設展示室を中心に「所蔵品による特集展示」として年に5~6回の展示替えを行い、皆様にご紹介しています。
また、学芸員の調査研究の成果を発表する「自主企画展」や、国内を巡回する大規模な展覧会「巡回展」では、時代によって様式や表現も様々に異なる国内外の優れた作品の展示を行い、多様な文化、価値観等をご紹介しています。
そして、国内でも数少ない、利用者各自のペースで自由に創作活動のできる「県民アトリエ」では、版画全般、木工、染織、写真、粘土等の制作を中心とした創作活動のお手伝いを行っています。
愛媛県美術館ではこれらの活動を基本として、来館者の皆様の「みる・つくる・まなぶ」のお手伝いを行い、皆様の生活に身近な美術館となることを目指します。

イチオシ情報

基本情報

所在地 〒790-0007 愛媛県松山市堀之内
TEL 089-932-0010
Webサイト http://www.ehime-art.jp/
観覧料 一般300円
高大生200円
企画展はその都度料金は異なります。
◎企画展チケットで常設展もご覧いただけます。
次の方は、常設展観覧料が免除されます。
A:小中学校
B:満65歳以上の方
C:療育手帳をお持ちの方
D:身体障害者手帳をお持ちの方
E:精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方
※C・D・Eの方で介護が必要な場合は、介護者も免除されます。
※団体料金の適用は、20名以上となります。
※このほか、詳しくは美術館へお問い合わせください。
共通割引券
ご利用特典
「所蔵品展」団体割引料金を適用(大人300円が240円)
「企画展」は別途(割引が適用されない企画展もあります)
※共通割引券についてはこちらをご覧ください。
休館日 毎週月曜日(第一月曜日及び祝日の場合は開館、翌日が休館)、12月29日から翌年1月3日まで
(開館時間、休館日は臨時に変更する場合があります。)
開館時間 9時40分~18時00分まで(入室は17時30分まで)

※実行委員会及び貸展については、入室時間が異なることがあります。各展覧会のページでお確かめください。
アクセス 【お車でお越しの場合】
松山自動車道 松山ICより約15分
【公共交通機関でお越しの場合】
松山駅前から、市内電車『道後温泉行き』又は『市駅前行き』に乗車し(約5分)、「南堀端 愛媛県美術館前」下車、徒歩1分。
【駐車場】
県庁西駐車場を2時間まで利用可能です。〔無料〕
最寄りの施設 セキ美術館 4km
ミウラート・ヴィレッジ(三浦美術館) 8km
2017年度
上半期展覧会
■名嘉睦稔展 風の伝言を彫る
会期▶4/8(土)~5/7(日)
■京都、琳派、かざりと雅 京都・細見美術館名品展
会期▶4/22(土)~6/5(月)
■ウェールズ美術館所蔵 ターナーからモネへ
会期▶6/7(水)~7/23(日)
■近代日本画の精華 培広庵コレクション展
会期▶7/26(水)~9/4(月)
作品の解説 1機器での解説:なし
2学芸員解説:学芸員による専門的な解説の場合は事前連絡が必要。
また、収蔵作品を中心にガイドボランティアによる対話型鑑賞を毎週水・金・日曜日14:00~(1時間程度)実施(こちらは申込み不要)。グループによる対話型鑑賞を希望の場合は、2週間前までに連絡すれば、時間調整の上、実施可能。

マップ