瀬戸大橋開通30周年記念イベント 瀬戸大橋スカイツア-(春)の開催について

例年春と秋に開催されている瀬戸大橋スカイツア-が、今年は瀬戸大橋開通30周年記念事業として開催することになりました。これに伴い、従来4日間開催のところを6日間に拡大し、計900名(1日150名)のお客様をご案内しました。開催日は、5月18日(金)~20日(日)、25日(金)~27日(日)の2週にわたっての実施となりました。前半の5月20日(日)は雨天が心配されましたが、夜中の大雨が嘘のように、当日は好天に恵まれました。

このツア-は、毎回多数のご応募をいただいており、昨年の定員に対する倍率は8.9倍でしたが、今年は、定員を1.5倍に増やしたにもかかわらず、なんと過去最大の約27倍の応募をいただきました。5月20日(日)に限って言えばなんと!約41倍です。たくさんのご応募、本当にありがとうございました。

 

ツア-の流れですが、参加者の方は、まず、受付後にツア-のための準備(ヘルメット・軍手の着用・メガネ・スマホへストラップ着用など)を行います。その後、案内担当の当社社員が、行程及び注意事項を説明し、いざ北備讃瀬戸大橋の塔頂175mに向けて出発です。なお、これまではル-トの一部にかがまないと通行できない箇所がありましたが、今回のツア-から迂回路が設置されてお客様が通行しやすくなりました。

お客様を案内する管理路は鉄道階にあり、運がよければ真横を走る列車を見ることができます。マリンライナ-には、瀬戸大橋開通30周年記念シンボルマ-クがベッド部分に設置されており、皆様、熱心に記念写真を撮っておられました。

 

また、当該管理路は、塗替塗装が終わりきれいな状態となっています。現在、瀬戸大橋は塗替塗装を進めており、平成38年度に完了する予定です。

 

クライマックスは、北備讃瀬戸大橋の2P塔頂です。お客様には、塔頂175mからの瀬戸大橋の雄大な景観と瀬戸内海の多島美を堪能していただきました。

 

【受付の様子】

【出発前説明の様子】

【北備讃瀬戸大橋2P塔頂の様子】

 

今回、スカイツア-に参加されたお客様、お疲れさまでした。また、今秋にもこの瀬戸大橋開通30周年記念イベント「瀬戸大橋スカイツア-」を予定しておりますので、たくさんのご応募をお待ちしております。また、今回、残念ながら抽選に漏れてしまったお客様、秋も高い倍率が予測されますが、懲りずに再度のご応募をお待ちしております。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です