JB本四高速TOP > 技術情報 > 本州四国連絡橋の紹介 > 来島海峡大橋

本州四国連絡橋の紹介

来島海峡大橋


来島海峡第一大橋3径間2ヒンジ補剛箱桁吊橋
来島海峡第二大橋2径間2ヒンジ補剛箱桁吊橋
来島海峡第三大橋単径間2ヒンジ補剛箱桁吊橋
着工日(起工式)昭和63年5月15日
現地着手日平成2年9月10日
供用日平成11年5月1日

来島海峡大橋は、大島と今治の間の幅約4kmの来島海峡に架かる世界初の3連吊橋です。 橋上からは、瀬戸内海国立公園の景勝地として有名な来島海峡の眺めが楽しめます。 桁断面は、扁平六角形断面の箱桁を採用しているため、スレンダーで優美なものとなっています。
来島海峡第三大橋は、西瀬戸自動車道の中で最も長い橋で、地形及び道路線形制約から両側径間はハンガーロープで桁を吊っていません。 また、今治側橋台はトンネルアンカレイジを採用し、地形改変が少なくなるように配慮しています。

【来島海峡大橋側面図】
(単位:m)

ページの先頭へ