JB本四高速TOP > 技術情報 > 本州四国連絡橋の紹介 > 下津井瀬戸大橋

本州四国連絡橋の紹介

下津井瀬戸大橋


橋梁形式張出径間付単径間補剛トラス吊橋
着工日(起工式)昭和53年10月10日
現地着手日昭和56年7月12日
供用日昭和63年4月10日

岡山、香川県境の下津井瀬戸に架かる吊橋です。
本州側(鷲羽山側)のケーブル定着部は、瀬戸内海国立公園の景観に影響を与えないようにトンネルアンカレイジを採用しています。
また、名勝鷲羽山の自然景観を損なうことを避けるために建設した鷲羽山トンネルは、上段を道路、下段を鉄道が通る世界初の四つ目トンネルです。

【下津井瀬戸大橋側面図】
(単位:m)

ページの先頭へ