HOME > 橋を渡って親子でアート鑑賞 > 第13回 兵庫県発 徳島県立近代美術館

橋を渡って親子でアート鑑賞

第13回 兵庫県発 徳島県立近代美術館

徳島県立近代美術館

徳島県立近代美術館

橋を渡って親子でアート鑑賞の紹介

平成29年8月19日(土)に第13回「せとうち美術館ネットワーク 子どものアート感想文スペシャルツアー 橋を渡って親子でアート鑑賞」を実施しました。

ツアーは神戸市、明石市周辺の親子を対象に、橋の科学館を出発し、明石海峡大橋・大鳴門橋を渡って徳島県立近代美術館を訪問するコースで実施しました。

今回も、定員を大幅に上回るご応募をいただきありがとうございました。

抽選の結果、当日は13家族36名(子ども19名・大人17名)の親子をご案内いたしました。

当日の行程

  9:20
橋の科学館 入館
・3Dシアター鑑賞・館長による館内展示の解説
10:30
橋の科学館 出発
11:10
淡路SA到着
(昼食休憩)
12:00
淡路SA出発
・バス車内では、徳島県立近代美術館からお借りした作品カードを使用して、「自分だけの特別展」というゲームを行いました。
13:30
徳島県立近代美術館 入館
徳島県立近代美術館は「20世紀の人間像」をテーマとしたピカソの絵画やムーアの彫刻などと「現代版画」、「徳島ゆかりの美術」を紹介しています。それと並行して、様々なテーマの特集展示を随時開催している魅力的な美術館です。
(美術館での活動)
① 開講式
② ギャラリートーク
  • ・所蔵作品展 2017年度第Ⅱ期 特集 菊畑茂久馬の絵画 を鑑賞
③ ワークショップ
  • ・「シーンとしているで賞」や「がんばっているで賞」などの一風変わった賞の名前が書かれたカードを引き、その賞にぴったりの作品を選ぶワークショップに家族で参加しました。
④ 自由鑑賞
⑤ 閉講式
16:00
徳島県立近代美術館 出発
18:00
橋の科学館前到着 解散

当日の様子

橋の科学館

橋の科学館

館長による展示解説

バス車内での活動

バス車内での活動

「自分だけの特別展」
家族ごとに夏にちなんだ特別展を企画

ギャラリートーク

ギャラリートーク

学芸員と参加者が対話しながらピカソなどの作品を鑑賞

ワークショップ

ワークショップ

「勝手に審査員」
選んだ作品の前に、賞名を書いたカードを置く

ワークショップ

ワークショップ

「勝手に審査員」
作品の受賞理由を全員の前で発表

閉講式

閉講式

美術館関係者・ツアースタッフで記念撮影

最後に

当日回収したアンケートからは、子どもたちがワークショップに積極的に参加し、ユニークかつ鋭い意見を発表しているのを、皆が楽しく聞いていたことがわかりました。

「橋を渡って親子でアート鑑賞」は今後も定期的に実施していきます。 次回は、平成30年早春に開催する予定です。