HOME > 橋を渡って親子でアート鑑賞

橋を渡って親子でアート鑑賞

夏休み特別企画 せとうち美術館ネットワーク 子どものアート感想文スペシャルツアー
第12回「橋を渡って親子でアート鑑賞」参加者大募集!
~親子40名様を高知県立美術館に特別ご招待~

「せとうち美術館ネットワーク」では、子どもたちに美術館やアートを好きになってもらうことを目的に、親子を本四連絡橋と美術館にご招待するバスツアー「橋を渡って親子でアート鑑賞」を開催いたします。このバスツアーは今回で12回目、これまでに439名の親子に参加していただきました。

案内チラシはこちら

今回は、瀬戸大橋を渡って、高知県立美術館を訪問します。
高知県立美術館は、約1,200点にのぼるマルク・シャガールの世界的版画コレクションを中心に、写真家・石元泰博ら高知ゆかりの作家作品を収蔵。ジャンルを問わないさまざまな企画展を開催している魅力的な美術館です。
参加費はお一人様100円、お気軽にご参加いただけます。
親子で高知県に春とアートを探しに出かけませんか!!


高知県立美術館

開催日時

平成29年2月26日(日)

内容

岡山市をバスで出発し、瀬戸大橋を渡って高知県立美術館を訪れ、親子でアートを鑑賞します。

①集合場所

8:50
岡山駅前

②行程

9:00
岡山駅 出発
・バス車内では、アートに親しむ楽しいゲーム等を実施する予定です。
11:20
高知自動車道南国SA(下り) 到着
◎昼食休憩
※昼食は、フードコートなどで各自お済ませください。
12:30
高知自動車道南国SA(下り) 出発
13:00
高知県立美術館 入館
  • 企画展「日本におけるキュビスム-ピカソ・インパクト」を鑑賞します。
  • ・東郷青児らの、全国の美術館が所蔵する日本近代美術史上の名画を中心に、日本の抽象絵画の本質に迫る展示をご覧ください。
  • ・ワークショップ「キュビスム・マスクをつくろう」に親子で参加します。
  • シャガールコレクション展 アラビアンナイトからの四つの物語 FOUR TALES FROM THE ARABIAN NIGHTS
  • 石元泰博・コレクション展 かたちも併せて鑑賞していただけます。
15:30
高知県立美術館 出発
18:15
岡山駅到着 解散(渋滞などによる到着の遅れについてはご容赦ください。)

ツアー当日にご覧いただける作品等の一例


今西中通《マンドリンを弾く女》
1940年 高知県立美術館


尾形亀之助《化粧》
1922年 個人蔵

参加費用

お一人様100円(団体旅行損害保険料)
※昼食と集合場所までの交通費は、参加者のご負担となります。

対象

小学生・中学生の子どもとその保護者(保護者同伴で5名まで)
※保護者は2名様まで

参加条件

参加者は、アンケートの回答にご協力をお願いいたします。

併せて、美術館に展示してある作品を見て、感じたこと考えたことを文章にする 「子どものアート感想文」又は、美術館を訪れた際の素敵な体験、楽しいお話などを文章にする「私の美術館体験記」どちらかの提出をお願いします。(後日提出)

定員

約40名様(応募者多数の場合は抽選)

主催

せとうち美術館ネットワーク
(事務局 : 本州四国連絡高速道路株式会社、一般財団法人 本州四国連絡高速道路協会)

後援

岡山市教育委員会、倉敷市教育委員会

協力

高知県立美術館

応募方法

募集期間は終了しました。多数のご応募ありがとうございました。

応募締切

平成29年1月30日(月)24時まで
(封書・はがきの場合は、平成29年1月30日(月)到着分まで)

お問合せ
「せとうち美術館ネットワーク」事務局
本州四国連絡高速道路(株)利用促進・お客様サービス室内
TEL:078-291-1077(9:00~17:30)
FAX:078-291-1359

「橋を渡って親子でアート鑑賞」について

  • ツアーの目的は、美術館やアートにあまり触れ合う機会がない子どもが美術館に行くことでアートや美術館を好きになってもらうことです。
  • 親子参加型とすることで、アートを好きになった親がオピニオンリーダーとなり、子どももまたリピ一タ一となることを期待しています。
  • これまでに11回実施しており、今後も小中学校の夏休み期間などで実施していく予定です。

これまでのツアーに参加された子どもの声(子どものアート感想文より)

小学校5年生 男子〔第11回 平山郁夫美術館・今治市大三島美術館に参加〕

「好きなように、紙を切って、好きなように置いて下さい。」
という美術館の方のことばに、ぼくは、わくわくしました。なぜかというと、大人も子供もたくさんの人で床に絵を作るということを想ぞうしていなかったからです。学校の図工では、ひとりずつしか工作などをしたことがなかったので、みんなで協力して、工作をすると、どんな作品が出来上がるんだろうか?と思いました。
そして、次に自分の好きな色。和紙だったり材質のちがう材料を使い、大きな木に色をうつすという。目線の変わったアートが出来ていく作業が楽しかったです。
ぼくはアメリカの国旗に似たイメージのものと、ぼくの好きな青と緑を使ったセロハンと糸くずなどを入れたものと2つを作りました。思っていた色とはちがう感じだったけど、うつし出されたものは、ぼくが考えていたものよりは、すごくきれいでした。
みんなの作品も見ました。人それぞれいろんな色や形があってきれいでした。また、美術館のワークショップに行きたいです

小学校3年生 女子〔第10回 岡山シティミュージアムに参加〕

わたしは、岡山シティミュージアムに行って、アートかんしょうをしました。
まず、「岡山のれきしと文化・おかやまともも太ろうⅡ」にいって、ももたろうクイズラリーをして、れきしや、文化について、たくさん知れて、うれしかったです。
とくに、もも太ろう神社がかわいくて、とても楽しそうでした。
つぎに、「まほうの美じゅつ館キラキラ・ピカピカ遊べるミュージアム」に行きました。
ミュージアムの中には、いすにすわって、かおの写真をとると、自分が、小人になって、はこの中の家で、遊ぶ作品や、本をひらくと、なにもなかったページに、物語や、人、おしろなどが、あらわれるものや、お兄さんが、「せーの。」と言ったら、丸の中に、スポンジをなげると、つぶつぶした、小さい丸い物が、ブァーと出てくる作品など、とても、楽しい作品ばかりでした。
わたしは、家に帰ってから、考えました。
「うーん。まほうのびじゅつかんの作品と、ゲームは、どんなちがいがあるのかな。」 と、たくさん、たくさんかんがえました。そして、思いついたことは、二つあります。
一つ目は、「何回やっても、あきない」です。これは、わたしが、遊んでいて、感じたことです。
二つ目は、「体をつかう物があって運動ぶそくにならない」です。これもわたしが感じたことです。作品で遊び終ると、 「ハァハァ。」と、言っているものが、ありました。
わたしは、このイベントで、いろいろな物を、「見て」「ふれて」「体けん」できて、すごく、たのしかったです。

小学校3年生 女子〔第9回 明石市立文化博物館に参加〕

私は明石市立文化博物館へ行きました。思った以上にたくさんの絵があってびっくりしました。絵本や、教科書の絵はいつも見ているけど、絵だけをじっと見るのは初めてで、きれいな絵、こわい絵、何をかいているのかなやんでしまう絵などいっぱいあっておもしろかったです。私は人の絵をかく時、いつも顔、体、かみの毛、をじゅんばんにかいていきます。けど、てん示してある絵の人は、色、大きさ、形が絵によってちがっていました。表じょうまで、えがかれていなくても、楽しそうな感じがでている絵もあって、ふしぎだなと思いました。

岩さきちひろ作品てんでは、小さい子をかいた絵がかわいらしくて、見ていて私の弟と、妹を思いだしました。作品の中に「黄色いかさのこどもたち」というのがありました。雨の風景の中でさした黄色いかさがとてもきれいでした。雨は、さみしいイメージだけど、この絵は、明るい感じがしました。

私は絵をかくことが大すきです。これからも、見てきた絵と同じくらい楽しくて、おもしろい絵をかいていきたいと思いました。

これまでのツアーの実施内容

第11回 広島県発 平山郁夫美術館・今治市大三島美術館

第11回 広島県発 平山郁夫美術館・今治市大三島美術館

日時
平成28年7月24日(日)
訪問した美術館
平山郁夫美術館・大三島美術館
ツアーのコース
広島市を出発し、しまなみ海道を渡って平山郁夫美術館と今治市大三島美術館を訪問
参加者
12家族35名(子ども19名・大人16名)

詳しくはこちら>>

第10回 岡山シティミュージアム

第10回 香川県発 岡山シティミュージアム

日時
平成28年3月26日(土)
訪問した美術館
岡山シティミュージアム
ツアーのコース
高松市・坂出市を出発し、瀬戸大橋を渡って岡山シティミュージアムを訪問
参加者
12家族35名(子ども19名・大人16名)

詳しくはこちら>>

第9回 明石市立文化博物館

第9回 徳島県発 明石市立文化博物館

日時
平成27年8月23日(日)
訪問した美術館
明石市立文化博物館
ツアーのコース
徳島市・鳴門市を出発し、大鳴門橋・明石海峡大橋を渡って明石市立文化博物館を訪問
参加者
13家族41名(子ども21名・大人20名)

詳しくはこちら>>

第8回 広島市現代美術館

第8回 愛媛県発 広島市現代美術館

日時
平成27年3月1日(日)
訪問した美術館
広島市現代美術館
ツアーのコース
今治市を出発し、しまなみ海道を渡って広島市現代美術館を訪問
参加者
13家族39名(子ども21名・大人18名)

詳しくはこちら>>

第7回 岡山県発 高松市美術館

日時
平成26年7月27日(日)
訪問した美術館
高松市美術館
ツアーのコース
岡山市を出発し、瀬戸大橋を渡って高松市美術館を訪問
参加者
14家族42名(子ども23名・大人19名)

詳しくはこちら>>

第6回 広島県発 今治市大三島美術館

日時
平成26年3月1日(土)
訪問した美術館
今治市大三島美術館
ツアーのコース
尾道市を出発し、しまなみ海道を渡って今治市大三島美術館を訪問
参加者
13家族39名(子ども23名・大人16名)

詳しくはこちら>>

第5回 徳島県発 姫路市立美術館

日時
平成25年8月18日(日)
訪問した美術館
姫路市立美術館
ツアーのコース
徳島市・鳴門市を出発し、大鳴門橋・明石海峡大橋を渡って姫路市立美術館を訪問
参加者
13家族41名(子ども23名・大人18名)

詳しくはこちら>>

第4回 香川県発/夢二郷土美術館本館・分館

日時
平成25年3月16日(土)
訪問した美術館
夢二郷土美術館本館(岡山市中区)、
夢二郷土美術館分館(岡山県瀬戸内市)
ツアーのコース
高松市・坂出市を出発し、瀬戸大橋を渡って夢二郷土美術館を訪問
参加者
13家族 39名(子ども22名、大人17名)

詳しくはこちら>>

第3回 橋の科学館発/徳島県立近代美術館

日時
平成24年8月26日(日)
訪問した美術館
徳島県立近代美術館(徳島市八万町)
ツアーのコース
橋の科学館を出発し、明石海峡大橋・大鳴門橋を渡って徳島県立近代美術館を訪問
参加者
13家族 40名(子ども19名、大人21名)

詳しくはこちら>>

第2回 松山・今治発/平山郁夫美術館

日時
平成24年3月3日(土)
訪問した美術館
平山郁夫美術館(尾道市生口島)
ツアーのコース
松山市・今治市を出発し、しまなみ海道を渡って平山郁夫美術館を訪問
参加者
17家族 53名(子ども28名、大人25名)

詳しくはこちら>>

第1回 岡山発/丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

日時
平成23年4月3日(日)
訪問した美術館
丸亀市立猪熊弦一郎美術館(香川県丸亀市)
ツアーのコース
岡山市を出発し、瀬戸大橋を渡って丸亀市立猪熊弦一郎美術館を訪問
参加者
13家族 35名(子ども19名、大人16名)

詳しくはこちら>>