ホーム >  取材こぼれ話
情報誌「瀬戸マーレ」
  • 因島撮影の裏側

    春号(vol.40)でご紹介した、因島大橋のたもとにある大浜埼灯台と旧大浜埼船舶潮流信号所。
    このすぐ近くに、サイクリストに大人気のはっさく大福のお店「はっさく屋」さんがあります。
    瀬戸マーレ第2号でも紹介しているので右をクリック<はっさく屋さん>

    こちらのはっさく大福は、中にはっさくの実がゴロゴロ入っていてジューシー。はっさくの酸味と白あんの甘味が絶妙なバランスでさっぱりとしているので、大きな大福でもペロリと食べられます。未体験の方はぜひ立ち寄ってみてください。

    さて、はっさく屋さんで大福を食べて(←食べたんかい)いざ撮影へ。寒風吹きすさぶ中、春らしい景色を探して島中を走り回ります。真冬に春の撮影をするこの時期が一年で最も過酷。紙面ではご紹介できなかった、美しい冬景色を少しご紹介します。

                 白滝フラワーラインの展望台から撮った因島大橋。色味の少ない落ち着いたトーンが綺麗。

                 因島大橋。冬は空気が澄んでいるので橋がよく見える。ちなみに、自転車は車が走っている下の階を走ります。


    そして、未知の生物に遭遇しました!             因島アメニティ公園にいる「ザウルくん」です。このオブジェ、1989年に開催された「'89 海と島の博覧会・ひろしま」で展示されていたものをここに移設したのだそうです。恐竜の背後には因島大橋がそびえています。
    因島アメニティ公園ははっさく屋さんから歩いてすぐ、サイクリングのブルーライン沿いにあるので、記念撮影に立ち寄ってみるのもおすすめですよ。
     

  • 俳句ツアー 参加への道のり

    2016年冬号でご紹介した『松山はいく』の俳句ツアー。俳句なんて一度も詠んだことないから不安・・というのは取材したスタッフも同じです。ツアー前日は、先人からお知恵を拝借しようと句碑をめぐり、予習(悪あがき)をしていました。

    俳句の町松山は、町中に句碑が整備されています。
                       「餅を搗く音やお城の山かつら」正岡子規    「ずんぶり湯の中の顔と顔笑ふ」種田山頭火                                    「伊予とまうす国あたたかにいで湯わく」森盲天外  「寝転んで蝶泊らせる外湯哉」小林一茶

    松山に来たことや、観光名所の松山城や道後温泉を取り入れたカッコイイ句を作るため、
    先人の句を拝見するも、かえって困惑 ( ̄ω ̄;)エートォ...575ジャナイノ?
                                    課外学習で句碑巡りをする地元小学生を尊敬のまなざしで見つめ、、

    ついに当日。予習した手ごたえもなく、緊張しているのがバレたのでしょう。「カッコいい句を詠もうとしなくて大丈夫。素直に感じたことを書いて」と、ツアーが始まるなりガイドさんに見透かされたのでした。
    ※このやり取りは冊子でご紹介しているのでご覧ください。→クリック

    旅先での思い出を、写真ではなく句にしたためるという粋な遊びは、写真以上に心に残りますよ。

  • ベリーの季節に行ってきました「ベリーズライフ」

    2016年夏号でご紹介した、香川県さぬき市にある「自然の休憩所Berry’s Life」さんに、ベリーの実がなる季節に行ってきました!(取材させていただいたのは5月。ベリーの実が生っていなかったのです・・)
    「なるべく、ベリーの種類が豊富な7月に来てくださいね」というお店さんからの熱烈オファーに、7月下旬になんとかすべり込みセーフ。

    エントランスにあるブルーベリーの木がお出迎え。
    取材時は青かった実が大きく色づき、料理への期待値がMAX上がります。

    いよいよ今週の「うさぎパレット」の登場です。
    食前ドリンク「エアルームトマトのジュース」     「エアルームトマトのシャーベットサラダ」         
    とても爽やかな味。トマトジュースが苦手なのに        色んな種類のエアルームトマトに、トマトと豆乳
    平気でグビグビ飲んでいました。               のシャーベットがかかっています。ユニークな色、
                              柄、形状は見るだけで楽しい。                           
    「冷たいトマトとじゃがいもの2色スープ」             「野菜と手作りハーブウィンナーの香草パン粉焼き」
          
    トッピングのお花やハーブまで食べられます。   イギリスのカボチャ(Autumn Crown)とイタリアン
                            ナス、エアルームトマトと、セージ入りの手づくり
                                                                           ウィンナーが入っています。                          
    新登場の「エアルームトマトごはん」                    「自家製ベリーを乗せたパンナコッタ」           塩トマトとしょうがを和えたものがのっていて、暑い
    夏にさっぱりといただけます。やみつきになる味で、
    自宅で何度も再現を試みました。                                                                   
    他では味わうことのできない料理の数々。1度登場したメニューが再度登場するかどうかも分からないので、「この日だけの味」を大切に、時間をかけていただきました。
    ベリーの季節が過ぎた頃、ベリーズライフさんから「秋になっても瀬戸マーレを持ったお客さんが来てくれますよ」と嬉しい連絡がありました。
    たくさんの人に一度体験してみて欲しいお店です。

  • 瓦がすべて備前焼!特別史跡旧閑谷学校

    伊部のまちから車で20分ほど。備前焼の瓦と美しい紅葉で知られる旧閑谷学校は、秋の行楽にとっておきの観光スポットです。

    【本年4月、「近世日本の教育遺産群-学ぶ心・礼節の本源」として日本遺産に認定!江戸時代に庶民教育を行った世界最古の公立学校】

    旧閑谷学校は、岡山藩主池田光政公が1670(寛文10)年に創建した庶民のための教育施設です。

    広大な校地に、講堂・学房(寄宿舎)・文庫・孔子聖廟・閑谷神社(池田光政公を祀る)などが点在していて、①現存する、②庶民を対象とした、③学校建築物として世界最古のものとされています。

    備前焼の瓦で葺かれた講堂は築340年、今も当時の姿そのままです。論語を朗誦したという室内の床は全て漆で塗装され、静寂で凛とした雰囲気が漂っています。(講堂学習は5人以上1組で事前に申し込みが必要)
     
    講堂(国宝)の屋根瓦2万枚はすべて備前焼で、校地内の建物に使用されている備前焼瓦の総数は約10万枚!学校近くに窯を築造し、陶工を呼び寄せて焼かせた。備前焼の瓦は焼き具合によって色合いが異なり、雨に濡れると艶が出て格別に美しい。(軒丸瓦には池田家の家紋、アゲハチョウが。)

    石塀
    精巧に組み合わされた石垣は上部が丸く成形されていて、類を見ない貴重な遺構。校地の周囲をぐるりと取り囲んでいて、その長さは765メートルに及ぶ。

    聖廟と楷の木
    孔子廟の左右に大きな枝を広げている2本の楷(カイ)の木は、今から100年前(大正4年)に植えられたもので紅葉が美しいことで有名。

    【DATA】
    特別史跡旧閑谷学校
    住所/岡山県備前市閑谷784
    TEL/0869-67-1436
    営業時間/9:00~17:00
    定休日/12月29日~31日


    備前パン工房カフェ・てとて

    旧閑谷学校から車で数分、民家で営業している手づくりのパン屋さん。カフェスペースの奥にパン工房があり、焼き立てのパンを食べられる。菓子パン・調理パンがメインで、常時40種以上が並んでいる。備前焼のおしゃれなコーヒーカップがうれしい。
     

    【DATA】
    備前パン工房カフェ・てとて
    住所/岡山県備前市吉永町南方1094
    TEL/0869-84-3710
    営業時間/8:30~18:00
    定休日/月・火曜日

  • 本島でくつろぐ癒しカフェ

    笠島地区の町並みを散策していると、だんだんお腹が空いてきた。しかし本島では、コンビニは見当たらず、自動販売機も数少ない。
    まち並み保存地区だから食事処はないのかと思いきや、ふと赤色の暖簾と看板が目に留まった。「ギャラリー&カフェ 吾亦紅(われもこう)」だ。

    笠島まち並み保存地区の大通りに面した吾亦紅は古民家を利用したカフェ。焙煎にこだわった新鮮なコーヒーと野菜カレーをいただくことができる。店内のやさしい灯りと、自分の家のようにくつろげる居心地のよさに、ついまどろんでしまう。

    ここは地元作家の作品を展示するギャラリーを兼ねており、店主の旦那さんが生前、描きためていた瀬戸内海の魚の細密画が多数展示されている。本島散策の途中、ホッと一息つける店を見つけた。

    【吾亦紅】営業日/木・金・土曜日のみ、営業時間/11:30~17:00、問合せ先/Tel 0877(27)3007                        (編集スタッフK) 

  • 高知 ~ついてる?ついてない?~

    取材の数日前、気になる天気予報を見てみると、取材当日の天気はどうやらよくないらしい。目の前に暗雲が立ち込めてきたが、取材予定は龍河洞、香美市立やなせたかし記念館、そして西島園芸団地・・・なんと全て屋内(龍河洞が屋内と呼べるかどうかは別にして)ではないか。(ある意味ついてる?)

    取材当日、予報どおり天気に恵まれないまま龍河洞に到着。龍河洞保存会の方にご挨拶していると、冒険コースを体験しに来たという若い2人組の女性に遭遇。その場でモデルをお願いしてみると快くOK。(これはついてる。ただし、冒険コースの体験を密かに楽しみにしていた編集スタッフはついてない?)観光コースの途中から冒険コースに分かれているのですが、冒険コースというだけあって、入口からして狭い。この中にカメラを持って入っていけるのだろうかと心配しつつも無言のプレッシャーをカメラマンに向ける編集スタッフ。突き刺す視線に気づいたかどうかは不明であるが、カメラマンが果敢に突撃。さすがプロ、いい写真が撮れていましたよ。(カメラマンはついてない?)

    2日目は朝から西島園芸団地を取材。途中雨が降り出してきたが、屋内なので気にしない。ハウス内のイチゴ狩り用のイチゴをいただいたり、撮影用の「メロンのしっぽ」や「イチゴとブルーベリーのパンケーキ」などを撮影後いただいたりと、朝から大満足でおなかも満腹。(これは間違いなくついてる。)フルーツトマトのハウスでは湿度が高く、カメラのレンズは曇りっぱなし。(ここでもカメラマンはついてない?)

    お昼頃になると雨もやみ、急に晴れてきました。昼食後、次の取材まで時間があるので、再度西島園芸団地へ向かい青空を背景に外観を撮影。(やはりついてる。)
    結論、高知最高!!(編集スタッフT)

  • 宇和島 憧れのパールジュエリー

    現在ブームのコットンパールアクセサリー。これが今回の宇和島真珠取材のきっかけでした。
    コットンパールとは、綿を圧縮して表面にパール加工を施したフェイクパールで、最近シティガールたちが、カジュアルな服装にパールアクセサリーを合わせているのをよく見かけます。

    パールがこんなにも若い世代に慣れ親しまれているのであれば、本物の真珠にだって惹かれるはず。そう思い、真珠生産高日本一の宇和島行きを決定。本物の魅力を、彼女達をはじめ多くの皆さんにお伝えすべく、土居真珠さんの真珠の見分け方講座に参加しました。

    いざ講座が始まり、目の前の真珠に「うわぁきれいやわ~」と感動していると、
    「それは〇円(かなりお安め)の真珠です」と土居さん。
    良いものを知らない自分に軽いショックを受けつつ気を取り直し、お次は値段別にズラリ並んだ真珠を、凝視。
    わ、分からない。先生、どれも良く見えるんですけど!
     
    誌面で書いた「本物を知らなければ、本物の良さってわからないんだな」を体現しました。
    本物は、中央の銀が濃くて真珠の層が厚い。層になっているからザラザラしているそうです(続きは現地に行って確認してね)。こんなこと都会の高級ブティックじゃなかなか聞きづらい(というか一生入れないかもしれない)から産地で教えてもらうって、おすすめですよ。

    最後に「一番上等な真珠をつけていいよ」と土居さん。ありがたき幸せ!と、大喜びで真珠のネックレスを首元に当て、鏡の前で卒倒しそうになりました。本物の凄まじさに、己が負けてる・・

    よーし、身も心も(マネー)も準備して、また宇和島に戻ってくるぞ!
    とひっそり思ったのでした。(編集スタッフI)

  • 真珠養殖体験ツアーの「核入れ」体験

    今回誌面でご紹介した、土居真珠さんでの真珠養殖体験ツアーをもっと詳しくご説明しましょう。
    気になった方も多いであろう、真珠の核入れ作業の「スパッ、ピッ」の部分ですね。
    見てない方は右をクリック!<宇和島の豊かな海が育んだ宝物を手に入れよう>

    まず、核とは真珠の元となるもので、ドブ貝の貝殻を削って丸くしたものが使われます。   
     
    こちらは、細胞貝という真珠層が綺麗なアコヤ貝の外套膜を切り取っています。
    貝ヒモの部分です。この貝の内側の光沢が真珠の色、輝きになるため、この細胞を核と一緒に入れます。
     
    さぁ、いよいよ核入れです。2~3年がかりで育てた母貝に、核と細胞をくっつけて挿入します。
    歯医者さんのような器具を使って、スパッ、ピッ!
     
    貝が拒絶して吐き出してしまうなど、適切な場所に素早く入れるには熟練の技が必要なこの作業。
    ぜひ宇和島で体験してみてください。(編集スタッフI)

  • 淡路人形に習う女の仕草

    淡路島を訪れる際、度々目にしていた福良港の目と鼻の先にある立派な建物。
    淡路人形座とは知っていたものの、伝統芸能とは縁遠いもので、小学生の課外授業で見た歌舞伎ぐらい。
    果たしてこんな自分が楽しめるのか。

    勇気を出して中に入ると、劇場内はアットホームな雰囲気。公演前には初心者向けに淡路人形の仕組みを教えてくれるから、実際何も気負うことはなかった。何事も初めの一歩が肝心ということですね。
    ここで驚いたのは、人形の動きのしなかやなこと。特に、流れる涙を奥ゆかしく小袖で“ちょんちょん”と拭う泣き姿には、女の私もグッときた。
    …まさか人形に女らしい泣き方を教わるとは。うん、いただき。

    観劇後は人形座の目の前にある福良マルシェへ。お目当ては淡路島ピザ。なんとピザ生地の上にフライドオニオンと玉ねぎスライスを好きなだけトッピングできるのだ!乗せ放題なんて、笑みが止まらない。ドシドシ乗せて生地が見えなくなったMYピザにがっつきつつ、 ふと“淡路人形の女の仕草”が頭をよぎった。
    淡路人形座に通えば、素敵なレディになれるかもしれない。 (編集スタッフK)

         

  • 内子のことなら私たちにおまかせ

    いつもより早く起床し、眠い目をこすりながら新幹線、高速バス等を乗り継ぎ、内子にやってきた。時間に追われる日々が続いているが、ここだけ時間がゆっくり流れているのだろうか?そう思わせてくれる不思議で心地よい町である。のんびりしたいが、残念ながら仕事である。さぁ、取材、取材。

    道に迷いながらも文化交流ヴィラ「高橋邸」の取材を無事に終え、昔ながらの町並みに見とれながら本町通りを進むと、次の取材先である内子座はすぐに見つかった。取材をしていると、観光客を案内している高校生4人組に出会った。聞いてみると職場体験らしい。地元の高校生なので、もともと多少の知識はあるのだろうが、観光客の方に説明するということで、内子座についていろいろ勉強してきたようだ。面白そうなのでちょっと観察してみよう。早速、次の観光客らしいグループがやって来た。だが、なかなか彼女たちの足が前に出ない。「早く行かないと」と優しく(?)声をかけると、「外人さんなのでちょっと言葉が・・・」と遠慮気味。もう少し見ていたかったが、次の取材があるので残念ながらここでさようなら。

    2日目、八日市・護国の町並みを取材していると、観光客の中に見覚えのある4人組を発見した。昨日の高校生である。先頭にプロのガイドさんがいて、最後尾でガイドさんのお手伝いをしているようだ。「がんばれ」と心の中で声援を送り、お別れ。

    取材も屋根付き橋を残し大方終わり、まちの駅「Nanze」に寄ってみた。すると、何やら勉強している彼女たちがそこにいた。3度目となると何かしらの「縁」があるのだろうか。はたまた、「Nanze」がただ単に高校の目の前だからだろうか。真相は謎のままである。

    余談であるが、終始「編集長」と呼ばれていた。残念ながら編集長ではない。あまり取材をしていなかったので、多分そう見えたのだろう。反省。
    (編集スタッフT)



<<前の10件  次の10件>>