平成30年3月17日(土)、橋の科学館第32回講演会を開催しました。

 第32回講演会は「世界の長大橋」と題して、元本州四国連絡橋公団理事、世界道路協会 道路橋委員会前委員長を務められました加島聰氏にお話を頂きました。

 今回の講演では、世界の長大橋の歴史とともに、本年4月に30周年を迎える瀬戸大橋、20周年を迎える明石海峡大橋の技術開発について紹介して頂きました。

 世界の吊橋、斜張橋の特徴を写真や年表を交えながら説明頂きました。また、現在、世界中で進行中の長大橋建設の話、それらに関する日本企業の取組みも紹介頂きました。

 また、ケーブルを守るため、ケーブル内に乾燥空気を送り込むケーブル送気システムを確立、本四架橋にて世界で初めて導入され、現在では世界標準になっている話も聞くことができました。

 当日は、明石海峡大橋の建設当時に携わった技術者の方や、橋が大好きというお子様など、幅広い年代の50名を超える方に参加頂くとともに、「建設中の世界の各橋梁において日本の支援状況について教えてください」他、活発な質疑応答もあり、充実した講演会になりましたこと事務局より感謝いたします。

 次回の講演会は、平成30年5月26日(土)に開催されます。
 国立大学法人横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院教授 勝地弘氏より、「明石海峡大橋を完成させた耐風設計技術“技術者たちが議論し考えたこと”」と題して講演頂きます。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.hashinokagakukan.jp/news/shosai.php?id=116

会場の様子
会場の様子

世界の吊橋の歴史
世界の吊橋の歴史

世界で活躍するケーブル送気システム
世界で活躍するケーブル送気システム

参加者からの質問に答える加島氏
参加者からの質問に答える加島氏

平成30年1月27日(土)、橋の科学館第31回講演会を開催しました。

 第31回講演会は「道路橋の話」と題して、国立研究開発法人 土木研究所 構造物メンテナンス研究センター 橋梁構造研究グループ 上席研究員 玉越隆史氏にお話を頂きました。

 今回の講演では、道路橋の維持管理の重要性について、道路橋で問題となっている劣化・損傷状況などの事例とともに紹介して頂きました。

 はじめに、構造力学の視点から各種橋梁の構造、さまざまな自然災害への対策、橋を襲うさまざまな劣化現象の仕組み、道路法をはじめとする各種政令・省令について説明して頂きました。

 次に、予測不能な損傷事例や自然現象の影響について、熊本地震や東日本大震災等で被害を受けた橋梁の写真も交えながら丁寧に解説され、解明できていないことが多い中にあって、経済性と安全性の両立をめざす土木研究所の取組について紹介して頂きました。

 講演を通して、専門的な話題にも関わらず、講師の分かりやすく軽快な解説と随所にちりばめられたクイズで盛り上がり、質疑応答時間では、今後の橋梁の補修・点検などについて参加者と活発なやりとりがありました。

 時節柄、当日は、冷たい寒い風が吹く日でしたが、50名を超える盛況であったこと事務局より感謝いたします。

 次回の講演会は、平成30年3月17日(土)に開催されます。世界道路協会 道路橋委員会前委員長(元本州四国連絡橋公団理事) 加島聰氏より、「世界の長大橋」と題してご講演頂く予定です。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.hashinokagakukan.jp/news/shosai.php?id=115

会場の様子
会場の様子

橋の構造について
橋の構造について

参加者からの質問に答える玉越氏
参加者からの質問に答える玉越氏

 11月下旬、「障がいをお持ちの方を対象としたサービスエリア等見学会」をしまなみ海道と淡路島で実施しました。
 この見学会は、障がいをお持ちの方からのご意見、ご要望等を伺い、より安全・安心・快適にご利用いただける施設作りに活かすことを目的に、企業の社会的責任(CSR)として、活動を行っているもので、今回で8回目となりました。

~しまなみ海道~
 しまなみ海道では、小春日和の11月21日(火)、大浜PA(下り)、平山郁夫美術館、村上水軍博物館及び瀬戸田PA(上り)をめぐりました。
 JB尾道ビルに集合した参加者9名は、バスに乗って出発。大浜PA(下り)では、店長に施設を説明いただきながら、お買い物を楽しまれ、次の目的地の生口島内の平山郁夫美術館へ移動。平山芸術の原風景を実感いただきました。
 昼食後、大島島内にある「日本遺産」に認定された「村上海賊のストーリー」村上水軍博物館へ。かつて能島を拠点に、瀬戸内の海を支配したという村上水軍にまつわる歴史を学びました。帰りは瀬戸田PA(上り)でお買い物と記念撮影。帰路のバス内では「皆さん本当に今日お知り合いになったのですか?!」とバスガイドさんに尋ねられるほど、とても和やかな雰囲気でJB尾道ビルにて解散しました。

売店商品などの説明を聞く参加者
売店商品などの説明を聞く参加者

村上水軍にまつわる説明を聞く参加者
村上水軍にまつわる説明を聞く参加者

~淡路島~
 しまなみ海道見学会から2日後の11月23日(木・祝日)、早朝まで降り続いた雨は止んだものの、肌寒い中、パルシェ香りの館、淡路ハイウェイオアシス及び淡路SA(下り)をめぐりました。
 午前9時、JB舞子ビルに集合した参加者21名は、バスに乗って出発。まず、淡路市にあるパルシェ香りの館にて、オリジナルお香作りを体験。その後は、淡路ハイウェイオアシスと淡路SA(下り)へ。SAでは、淡路営業センター所長からエリア内を説明、その後、観覧車乗車、SA内見学、お買い物などにお楽しみいただきました。帰りのバス内で、新米女性スタッフが挨拶をした際、参加者の方から「がんばれ!」「今日はありがとう!」などの温かいお言葉や拍手に包まれて、JB舞子ビルにて解散しました。

お香作り体験
お香作り体験

観覧車へご案内
観覧車へご案内

~おわりに~
 参加者へのアンケートから、「スロープ利用者は、遠回りして行かないと売店などの施設を利用できないのでトイレだけで帰ろうかと思ってしまう(瀬戸田PA上り)」「施設内に設置されているトイレやインフォメーションなどの案内の看板がわかりやすくて良かった(淡路SA下り)」など、貴重なご意見・ご感想をいただきました。
 皆様から頂戴したお声は、今後の施設づくりに活かしてまいります。

 平成29年11月18日(土)、「土木の日」にちなみ、「第10回橋梁模型コンテスト」と「土木の教室」が開催されました。
 両イベントとも、神戸市が主催するもので、橋梁模型コンテストは、本四高速ほか8団体が協賛となって、明石海峡大橋の神戸側の基礎のたもとにある展示施設「橋の科学館」にて行われました。
 橋梁模型コンテストは、高校、高専、大学から16チームが参加し、それぞれが予め製作した橋梁模型の審査が行われました。審査は、来場者の人気投票による一般審査、審査員による完成度、デザイン性などの審査のほか、本イベントの見どころでもある20キログラムの走行車両による載荷試験によって行われました。軽量度も審査の対象であるため、限られた材料でいかに強い構造にするかも設計・製作の技術を競うポイントとなっています。
 各チーム順に、工夫を凝らした点などをプレゼンテーションした後、審査員からの質問がありました。中には、厳しい質問もありましたが、そこは各チームとも想定の範囲内、さらりとかわし、いよいよ緊張の載荷試験に移りました。何事もなく車両が渡りきる橋梁、ミシミシと音を立てるも何とか壊れずに耐えた橋梁、残念ながら壊れてしまった橋梁など色々なことが起こりましたが、皆さん、やりきった感じの笑顔をみせていました。
 審査員からは、「従前に比べて無駄のない構造のものが目立った」とか「外観ではなく走行者の視点にたったデザイン」などといったコメントをされたように、年々、橋梁模型の出来栄えが良くなってきている様です。今回のイベントを通じて、さらに橋への興味が高くなったのであれば嬉しく思います。競争相手は、かなりの競合かもしれませんが、次回は是非、皆様も挑戦してみてはいかがでしょうか。ちなみに、優勝チームは、三年連続の受賞になります。最優秀賞、優秀賞の作品は、12月14日まで橋の科学館くつろぎのスペースに展示しています。
 一方の土木の教室は、小学校3年生以上の親子12組が参加し、「専門家による橋のはなし」や「マッチ棒でつくるトラス橋の模型づくり」が行われました。
 各親子とも、最近では身近に手にしないであろうマッチ棒と接着剤を使って、楽しそうにトラス橋といった三角を組み合わせた構造の橋を製作していました。将来、土木という仕事に携わった時に、今回のことを思い出してくれるでしょうか。
 そんな思いにふけっているうちに、あっという間にイベントは、終了時間を迎えました。

構造に工夫を凝らした橋梁
(構造に工夫を凝らした橋梁)

緊張の載荷試験
(緊張の載荷試験)

優勝した「night bridge」
(優勝した「night bridge」)

平成29年11月25日(土)、橋の科学館第30回講演会を開催しました。

 第30回講演会は、「風による橋の振動と対策」と題して、当社長大橋技術センター 防食・耐風グループリーダー 竹口昌弘氏にお話を頂きました。
 今回の講演は、本州四国連絡橋をはじめとする橋梁の耐風対策について、紹介して頂きました。

 はじめに、風の発生メカニズムや、橋が風によってどのような挙動をするのか説明して頂きました。
 また、風による振動が原因で発生した海外の落橋事例の映像を鑑賞しました。
 その後、過去の落橋事例を踏まえて、どのような耐風設計が行われるようになったのか、また、本州四国連絡橋で実施している主塔やケーブルなどの耐風対策について、写真や映像を交えながら説明して頂きました。
 参加者の皆さんは、貴重な映像に見入っておられました。

 講演終了後は、今後の橋の耐風対策の手法などについて活発な質疑応答が行われました。
 来場者の皆さんは、大変興味を持って聴講されたようでした。

 次回の講演会は平成30年1月27日(土)に開催されます。

 国立研究開発法人 土木研究所 構造物メンテナンス研究センター 橋梁構造研究グループ 上席研究員 玉越隆史氏より、「道路橋の話」と題してご講演頂く予定です。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.hashinokagakukan.jp/news/shosai.php?id=112

会場の様子
会場の様子

落橋事故の映像
落橋事故の映像

本州四国連絡橋の対策事例
本州四国連絡橋の対策事例

強風によるお客様への影響
強風によるお客様への影響

参加者からの質問に答える竹口氏
参加者からの質問に答える竹口氏

当日の風景 「日没後間もない明石海峡大橋」
当日の風景 「日没後間もない明石海峡大橋」