平成29年11月18日(土)、「土木の日」にちなみ、「第10回橋梁模型コンテスト」と「土木の教室」が開催されました。
 両イベントとも、神戸市が主催するもので、橋梁模型コンテストは、本四高速ほか8団体が協賛となって、明石海峡大橋の神戸側の基礎のたもとにある展示施設「橋の科学館」にて行われました。
 橋梁模型コンテストは、高校、高専、大学から16チームが参加し、それぞれが予め製作した橋梁模型の審査が行われました。審査は、来場者の人気投票による一般審査、審査員による完成度、デザイン性などの審査のほか、本イベントの見どころでもある20キログラムの走行車両による載荷試験によって行われました。軽量度も審査の対象であるため、限られた材料でいかに強い構造にするかも設計・製作の技術を競うポイントとなっています。
 各チーム順に、工夫を凝らした点などをプレゼンテーションした後、審査員からの質問がありました。中には、厳しい質問もありましたが、そこは各チームとも想定の範囲内、さらりとかわし、いよいよ緊張の載荷試験に移りました。何事もなく車両が渡りきる橋梁、ミシミシと音を立てるも何とか壊れずに耐えた橋梁、残念ながら壊れてしまった橋梁など色々なことが起こりましたが、皆さん、やりきった感じの笑顔をみせていました。
 審査員からは、「従前に比べて無駄のない構造のものが目立った」とか「外観ではなく走行者の視点にたったデザイン」などといったコメントをされたように、年々、橋梁模型の出来栄えが良くなってきている様です。今回のイベントを通じて、さらに橋への興味が高くなったのであれば嬉しく思います。競争相手は、かなりの競合かもしれませんが、次回は是非、皆様も挑戦してみてはいかがでしょうか。ちなみに、優勝チームは、三年連続の受賞になります。最優秀賞、優秀賞の作品は、12月14日まで橋の科学館くつろぎのスペースに展示しています。
 一方の土木の教室は、小学校3年生以上の親子12組が参加し、「専門家による橋のはなし」や「マッチ棒でつくるトラス橋の模型づくり」が行われました。
 各親子とも、最近では身近に手にしないであろうマッチ棒と接着剤を使って、楽しそうにトラス橋といった三角を組み合わせた構造の橋を製作していました。将来、土木という仕事に携わった時に、今回のことを思い出してくれるでしょうか。
 そんな思いにふけっているうちに、あっという間にイベントは、終了時間を迎えました。

構造に工夫を凝らした橋梁
(構造に工夫を凝らした橋梁)

緊張の載荷試験
(緊張の載荷試験)

優勝した「night bridge」
(優勝した「night bridge」)

平成29年11月25日(土)、橋の科学館第30回講演会を開催しました。

 第30回講演会は、「風による橋の振動と対策」と題して、当社長大橋技術センター 防食・耐風グループリーダー 竹口昌弘氏にお話を頂きました。
 今回の講演は、本州四国連絡橋をはじめとする橋梁の耐風対策について、紹介して頂きました。

 はじめに、風の発生メカニズムや、橋が風によってどのような挙動をするのか説明して頂きました。
 また、風による振動が原因で発生した海外の落橋事例の映像を鑑賞しました。
 その後、過去の落橋事例を踏まえて、どのような耐風設計が行われるようになったのか、また、本州四国連絡橋で実施している主塔やケーブルなどの耐風対策について、写真や映像を交えながら説明して頂きました。
 参加者の皆さんは、貴重な映像に見入っておられました。

 講演終了後は、今後の橋の耐風対策の手法などについて活発な質疑応答が行われました。
 来場者の皆さんは、大変興味を持って聴講されたようでした。

 次回の講演会は平成30年1月27日(土)に開催されます。

 国立研究開発法人 土木研究所 構造物メンテナンス研究センター 橋梁構造研究グループ 上席研究員 玉越隆史氏より、「道路橋の話」と題してご講演頂く予定です。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.hashinokagakukan.jp/news/shosai.php?id=112

会場の様子
会場の様子

落橋事故の映像
落橋事故の映像

本州四国連絡橋の対策事例
本州四国連絡橋の対策事例

強風によるお客様への影響
強風によるお客様への影響

参加者からの質問に答える竹口氏
参加者からの質問に答える竹口氏

当日の風景 「日没後間もない明石海峡大橋」
当日の風景 「日没後間もない明石海峡大橋」

 四国側から瀬戸大橋を渡りきり瀬戸中央自動車道をさらに岡山方面にすすむと、鷲羽山に連なる山塊のふところに姿を現すのが鴻ノ池サービスエリア(上り)です。
 このサービスエリアは、フードコートが整備されていて、食券を自動販売機で購入することになるのですが、魅力的な選択肢が多く、ここで逡巡が始まります。
 まず、岡山B級グルメ代表格のデミカツ丼セット、定番の豚汁定食に後ろ髪を引かれながら自販機のメニューを押下したのが、一際目を引いた「たこ天重」でした。
 カウンターで食券を渡すこと数分、上品な器に盛り付けられた、たこ天重が目の前に・・・タレをさっとまぶして、さっそく頂いてみました。ご飯の上に乗った、たこの天ぷらを一口、、、やわらかい!!ダシの沁みた衣にふわふわのタコの身、、、みなさんも機会がありましたら是非ご笑味ください。味わって微笑んで頂ければ幸いです。
 ちなみに鴻ノ池サービスエリアは上下線でメニューが少し違います。鴻ノ池SA(下り)には、「たこ天重」がありません。しかし代わりに鴻ノ池SA(上り)にはないガテン系当店比3倍を誇るメガカレーがあります。なかなかのボリュームですので、鴻ノ池SA(下り)に訪れた際は、挑戦してみたいです。

タコ天重
タコ天重

豚汁定食
豚汁定食

※写真は、JBHSのホームページから引用しています。
http://www.jb-highway.co.jp/gourmet/kounoike_up.php

平成29年9月9日(土)、橋の科学館 第29回 講演会を開催しました。

 第29回 講演会では、「世界一のうずしお島 ~鳴門海峡の渦潮・ユネスコ世界自然遺産登録を目指して~」と題し、うず潮を世界遺産にする淡路島民の会事務局長 山口平氏にお話をいただきました。
 今回の講演では、大鳴門橋の眼下に広がる、鳴門海峡の渦潮の魅力、ユネスコの世界自然遺産登録に向けた取り組みについて、ご紹介いただきました。

 はじめに、渦潮の魅力や、鳴門海峡における渦潮発生のメカニズムなどの紹介映像を鑑賞しました。次に、人型ロボット「Pepperくん」が渦潮の魅力について、ユーモラスに語ってくれました。

 その後、世界および日本における世界遺産登録数の現状、また海に関する世界遺産の数が非常に少ないこと、日本と海外の渦潮に対する意識の違いなどを説明していただきました。
 また、芸術家や芸能人、学者など様々な分野の方と協力して活動を行っていること、これから渦潮の世界遺産登録を目指すために、自治体含め一丸となって取り組んでいくことを熱く語っていただきました。

 実験コーナーでは、小学校への出前講座でも使用しているマグネチックスターラーやペットボトルを使用して、実際に渦潮を再現する実験を行いました。聴講された方も童心に返ったように、楽しんでおられました。

 聴講者から、「これだけ立派なものなのだから、自らアピールしなくても世界自然遺産になるのでは。是非世界自然遺産として登録されるよう頑張っていただきたい。」と取組を激励する発言もいただき、鳴門海峡の渦潮の素晴らしさについて皆さん改めて実感しておられました。

 次回の橋の科学館講演会は11月25日(土)に開催されます。
当社長大橋技術センター 防食・耐風グループリーダー 竹口昌弘氏より、「風による橋の振動と対策」について講演いただく予定です。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.hashinokagakukan.jp/news/shosai.php?id=110

会場の様子
会場の様子

圧巻の渦潮映像
圧巻の渦潮映像

渦潮の魅力を語るPepperくん
渦潮の魅力を語るPepperくん

マグネチックスターラーを使った実験
マグネチックスターラーを使った実験

ペットボトルを使った実験
ペットボトルを使った実験

参加者からの質問に答える山口氏
参加者からの質問に答える山口氏

 平成29年8月25日(金)、橋の科学館入館無料キャンペーン特別イベントとして、夏休み自由研究教室を開催しました。
 今回は、小学校低学年を対象とした「いろいろな橋」について、午前1回、午後2回に分けて行いました。(定員20名/回)
 平日にもかかわらず、75名の方に参加頂くほどの大盛況となり、急遽座席を増やして対応しました。
 教室では、桁橋、アーチ橋、トラス橋を中心にそれぞれ橋の特徴や仕組みなどを割り箸と輪ゴムで作った教材を用いるなどして説明しました。
 また、1枚の紙を使いそのまま台に載せた桁橋、台で支えたアーチ橋、じゃばら状に折り曲げて作ったトラス橋をそれぞれ作り、その上にコインを乗せ、橋の強度を体感したりと、実験を通じいろいろな橋のちがいについて学んで頂きました。
 説明の後、「橋の博士」になった皆さんには、ストローとひねもすジョイントを用いてストローブリッジを作製して頂きました。設計図、見本もない中で、それぞれオリジナルの橋を作って頂きました。悪戦苦闘しながらも、想像力、個性あふれる思い思いの“橋”が完成しました。
 最後に、「対決!」と称し、スタッフが作製した、2つの形式の異なるストローブリッジどちらがより大きい荷重に耐えられる強い橋かを予想してもらいました。
 いざ対決!ストローブリッジの重さは、小指でも持てる約10グラムの軽さですが、その軽い橋で作ったトラス橋が2.5㎏の重さにも耐えることが出来、これには、「スゴイっ!」と本日一番の歓声があがりました。
 1時間と短い時間でしたが、本州四国連絡橋をはじめ、身の周りにある橋について少しでも興味をもっていただけたなら嬉しく思います。

講義の様子
講義の様子
みなさん真剣に聞いています

割り箸と輪ゴムを使って橋の仕組みを説明
割り箸と輪ゴムを使って橋の仕組みを説明

コインを何枚乗せられるかな
コインを何枚乗せられるかな
(紙とコインを使った実習)

個性あふれるストローブリッジ作製中
個性あふれる
ストローブリッジ作製中

対決!どちらの橋が強いかな!?
対決!どちらの橋が強いかな!?