平成29年1月21日(土)、明石海峡大橋を目の前に臨む「橋の科学館」において、第26回講演会「日本の技術で海外に吊橋を ~トルコ オスマン・ガーズィー橋のご紹介~」を開催しました。本日は(株)IHIインフラシステム取締役 川上 剛司氏に講演を行っていただきました。

まず、トルコ共和国の概要、インフラ事情など説明して頂きました。
トルコは経済発展が盛んな国であり、GDPの成長率は4.0 %に達します。一方で国土を繋ぐ高速道路や鉄道などのインフラが十分に整備されていないため、現在工事が進められています。トルコも日本と同様の地震国であり、近年のものでは2011年のヴァン地震(M 7.1)、1999年のコジャエリ地震(M 7.4)が挙げられます。このため耐震性のあるインフラを整備する必要があります。

次に本題であるオスマン・ガーズィー橋(イズミット湾横断橋)の説明をして頂きました。オスマン・ガーズィー橋は、トルコ最大都市であるイスタンブールとトルコ第3位の都市イズミル市を結ぶ420kmの高速道路プロジェクトの一部として、トルコ北西部に位置するマルマラ海のイズミット湾を南北に横断する全長2,907m(中央径間1,550m)の世界第4位の吊橋です。橋を建設する地点の近くイズミット湾沿いに断層が存在するため、耐震性を上げる必要があります。構造物を断層の真上に置かないように配置し、特に主塔基礎は、基礎から深度40mの海底地盤改良の方策として、「直径2m、長さ34.295mの鋼管杭を195本打設。更に、巨大地震時にケーソンが海底地盤上を滑ることによる免震効果を確実に得るため、鋼管杭上に厚さ3mの砕石層を敷設。レベリングした上にコンクリート製のケーソンを沈設。」など耐震性を上げるため設計・施工に取り組んだことを説明していただきました。
また、強い風が吹きやすい環境であるため、明石海峡大橋などと同様に、1/220全橋模型を組んで風洞試験により耐風安定性の確認を行い、主ケーブルの防食には、S字ワイヤーラッピングでケーブルを覆い、ケーブル送気乾燥システムが採用されるなど日本で開発された多くの技術が生かされていることを紹介して頂きました。

このように施工段階毎に写真スライドで説明していただいたあと、施工時の動画を視聴しました。全体の工期が短く設定されているだけでなく、作業の区切りとなるケーソンの設置や桁の閉合などを決められた日程で行われたことなどに驚かれた方、本四連絡橋の架橋の光景を思い出された方など、いらっしゃったようでした。

次回講演会は3月11日(土)に橋の科学館にて行います。講演者は(株)ブリッジエンジニアリング 常務取締役 富田大造 氏、題目は「東日本大震災が発生した3.11 改めて、安全や防災の意識を高めよう!」を予定しております。

詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.hashinokagakukan.jp/news/shosai.php?id=97


会場の様子

トルコ共和国の概要

インフラ整備の状況

IZMIT湾横断橋の概要

主塔基礎 耐震設計

参加者からの
質問に答える川上氏

しまなみ海道の島嶼部では、毎年晩秋から春先にかけて『みかん』の収穫時期となり、ちょっとした島の風物詩となります。都道府県別みかん収穫量でも広島県はトップ10のランキング内(H25時点)であることもあり、10月下旬の早生みかんに始まり、紅まどんな、はれひめ、甘平(かんぺい)など沢山の種類の『みかん』を3月ぐらいまで楽しむことができます。

しまなみ海道の島嶼部では、『みかん』の販売はもちろんですが、『みかん狩り』も楽しむことができます。日当たりの良い山の斜面で、沢山の『みかん』がお出迎えしてくれます。採りたての『みかん』はとても甘くて最高です。

また、島嶼部の一つである生口島はレモンの栽培でも有名で、道路沿いからでも木になっているレモンを見ることができます。

柑橘類はビタミンCも豊富で体に良い食べ物です。これからの季節、みかんを食べて元気に過ごしたいものです。しまなみ海道にお立ち寄りの際には、美しい風景と採りたての『みかん』の味を堪能してみてはいかがでしょうか。

鳴門市うずしお観光協会主催により、「観光の鳴門」を広く県内外に紹介するため、「鳴門百景2016フォトコンテスト」が開催されました。
今回のテーマは「一般の部」「世界遺産をめざそうの部」「携帯の部」の3部門で、「一般の部」は最優秀賞1点、優秀賞2点、入選2点のほか、本州四国連絡高速道路(株)鳴門管理センター賞5点を加えての表彰となりました。

本州四国連絡高速道路(株)鳴門管理センター賞については、昨年12月27日に鳴門市うずしお会館にて鳴門管理センター社員による審査会を開催し、大鳴門橋の広報に活用することを目的に5点の作品を選考しました。

1月17日に開催された表彰式には鳴門管理センターを代表して宮川副所長がプレゼンターとして出席し、受賞者の方々に表彰状、記念品を贈呈しました。


うずしお観光協会 勘川理事長挨拶

鳴門市 谷副市長挨拶

鳴門管理センター賞の授与

受賞者の皆様と記念撮影

12月21日(水)の午後、徳島県警察本部 交通部 高速道路交通警察隊、西日本高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路(株)で神戸淡路鳴門自動車道 鳴門北インターチェンジを利用されるドライバーの皆様にチラシや粗品を配布し交通安全への呼びかけを行いました。

また、四国放送ラジオの放送番組内で交通安全キャンペーンの取材があり、徳島県警察本部 交通部 高速道路交通警察隊の田中副隊長に生出演していただき、2016年の徳島県下の交通事故の発生状況や、年末を迎え高速道路を利用するドライバーに向けての安全運転の呼びかけがありました。

そこで、この記事をご覧の皆様にもお願いです。

①高速道路では必ず全席シートベルトを着用してください。
②年末年始には高速道路の通行量が増加し渋滞が発生することがあります。
この場合に追突事故がよく発生しますので、渋滞の最後尾になったときは、ハザードを点灯し後続車に合図をしてください。
また、十分な車間距離をとってスピードも控えめにお願いします。
③この時期、日没が早いので、日没の30分前のライト点灯にご協力をお願いします。
④運転中のスマホや携帯電話の操作は絶対にしないようにしましょう。
⑤もし、交通事故や車の故障の際は、車内で留まることなく、慌てずガードレールの外側などへ移動して、安全な場所から非常電話や警察に連絡をするようお願いします。

車内や車道で待機していると後続車両が突っ込んでくる場合がありますので、くれぐれも用心してください。

※徳島県では12月18日県下全域に交通死亡事故多発警報が発令されました。
年末年始は高速道路の混雑が予想されます。交通ルールを守って、新しい年を笑顔で迎えられるよう心にゆとりをもって安全運転でお願いします。

JB本四高速では、お客様のさらなる安全・安心・快適を目指し、毎年、「高速バス車外広告」を利用した安全PR活動を実施しています。
今年度は、神戸淡路鳴門自動車道・瀬戸中央自動車道・西瀬戸自動車道で、以下の5種類の広告を表示したバス車両が走っていますので、是非探してみてください。

《広告内容について》
①「車両の重量、大丈夫!?」
重量超過車両の通行は橋や舗装に大きな疲労(ダメージ)を与えます。道路の構造の保全や危険防止のため、通行可能車両の重量等が定められていますので、出発前に確認をお願いいたします。詳しくはこちら

高速バス車外広告:車両の重量、大丈夫!?

②「積荷の固定確実に!!」
落下物は落とし主の責任です。落下物に起因する事故も発生していますので、出発前やSA・PA等で積荷の固定の確認をお願いいたします。

積荷の固定確実に!!

③「道路緊急ダイヤル【#9910】」
道路異状(落下物・事故等)を発見したら、SA・PA等の安全な場所に停車後、【#9910】にて通報にご協力をお願いします。24時間通話無料で、JB本四高速の交通管制室へと繋がります。

高速バス車外広告:道路緊急ダイヤル【#9910】

④「高速道路での逆走厳禁!」
逆走は重大事故に繋がる大変危険な行為ですので、万一、降りるインターチェンジ等を間違えてしまっても決して逆走はせず、次のインターチェンジで降りてください。

高速バス車外広告:高速道路での逆走厳禁!

また、さらなる取り組みとして、今年度から「逆走車」への注意喚起を促す広告を新たに掲載しています!

⑤「高速道路での逆走車に注意!」
逆走車のほとんどは追越車線を走る傾向にあります。道路情報板で逆走車の情報を確認したら、速度を落としてください。前を走る車両との間には十分な車間距離をとり、通行帯の最も左側を走行しましょう。
大きな車の後方を走る際は、前方から逆走車があらわれたとしても気付くのに遅れ、重大事故へと繋がる恐れがあります。常に、逆走車への注意を払いながらの運転をお願いします。

高速バス車外広告:高速道路での逆走車に注意!

広告掲出期間や広告掲出台数等、詳しくはこちらをご覧ください。