令和元年9月7日(土) 橋の科学館第39回講演会を開催しました。

 本講演会は「淡路島観光の現況と今後の取り組みについて」と題し、一般社団法人 淡路島観光協会事務局長 福浦泰穂氏にご講演いただきました。

 都市近郊からおよそ1時間で行くことができる、神がはじめて造った「はじまりの島 淡路島」の観光に視点を置き、その現況と今後どのような取り組みをしていくのかをご紹介いただきました。

 はじめに観光協会の成り立ちと、瓦や古民家といった淡路島の魅力をご紹介いただきました。その後、主要な観光名所の来客数を比較し、ニジゲンノモリなど最近の傾向にあわせた新たな観光名所を写真や実際のパンフレットを用いて分かりやすく説明されました。また、関西圏のみならず首都圏や外国人観光客に向けたPR活動など、今後の取り組みについてもご説明いただきました。

 聴講者からの質問時間では「島内での自転車以外の周遊手段について」「地元のロケーションサービスについて」等、新しい視点での提案がありました。

 残暑厳しい中、幅広い年代の約50名の方に聴講いただいたこと事務局一同感謝いたします。

 次回は、11月29日に第40回講演会「本州四国連絡橋の地震対策」を開催いたします。講師は本四高速(株)長大橋技術センター、総括・耐震グループリーダーの山口和範氏です。詳細は当社ホームページ等をご確認ください。

会場の様子
会場の様子

聴講者による質問
聴講者による質問

 令和元年8月4日(日)、「橋の日」にちなみ、橋の科学館入館無料キャンペーン特別イベントとして、小学4年生から中学3年生を対象に、夏休み自由研究教室を開催しました。

 教室では、1枚の紙を使いそのまま台に載せた桁橋、台で支えたアーチ橋、じゃばら状に折り曲げて作ったトラス橋を作り、その橋の上にコインを乗せることにより、それぞれの橋の強度を体感したりと、実験を通じ橋の形式の違い、特徴について学んで頂きました。

 説明の後、「橋の博士」になった皆さんには、設計図、見本もない中、悪戦苦闘しながらもそれぞれオリジナルのストローブリッジ橋を作って頂きました。
実験コーナーでは、「対決!」と称し、2つの形式の異なるストローブリッジについて、どちらがより大きい荷重に耐えられる強い橋かを予想してもらいました。なんと小指で持てる約10グラムの軽さのトラス橋は、2kgの重さにも耐えることができ、これには「おおっ!」と歓声があがりました。

 その後、待ちにまった明石海峡大橋の見学。普段立ち入ることができない場所で、あらためて世界一の明石海峡大橋の大きさ、高さを実感していただきました。

 約2時間の短い時間でしたが、本州四国連絡橋をはじめ、身の周りにある橋について少しでも興味をもっていただけたなら、「橋の博士」の第一歩!事務局として嬉しく思います。
総勢29名の皆様、ご参加ありがとうございました。

個性あふれるストローブリッジ作製中
個性あふれる
ストローブリッジ作製中

講義の様子みなさん真剣に聞いています
講義の様子
みなさん真剣に聞いています

ヘルメットを被り管理路を通る現場実習中
ヘルメットを被り管理路を通る現場実習中

対決!どちらの橋が強いかな!?
対決!どちらの橋が強いかな!?

 2019年6月14日(金) 橋の科学館第38回講演会を開催しました。

 第38回講演会は「目視を超えて橋を守る技術-赤外線カメラを用いた非破壊検査技術-」と題し、神戸大学大学院工学研究科教授 阪上隆英氏にお話を頂きました。

 本講演では、鋼橋を「腐食」と「疲労」から守るために用いられている様々な非破壊試験技術の中でも、遠隔から広範囲を効率的に検査できる手法として、赤外線カメラを用いた目視を超えた検査法について紹介頂きました。

 はじめに赤外線カメラで身近なものを撮影し、赤外線という波長での物の見え方を体験しました。その後、亀裂発生予測・亀裂検出・亀裂進展評価・補修効果検証において赤外線検査がどのように有効活用されるのか、実験時の動画を交えて分かりやすく説明されました。

 平日にもかかわらず、インフラの点検に従事されている方や明石海峡大橋の建設に携わった建設会社OBの方、地域にお住まいの方等、幅広い年代の50名を超える多くの方に聴講頂きました。

 講義後の質問時間では「長大橋の寿命について」「赤外線カメラを用いた非破壊検査技術の他分野への展開」等、興味深い質疑応答もあり、充実した講演会になりましたこと,事務局より感謝いたします。

 次回は、8月に小・中学生を対象とした夏休み自由研究教室を、9月に第39回講演会を開催する予定です。内容が決まり次第、当社ホームページ等でお知らせいたします。

会場の様子
会場の様子

橋梁の塗装について
橋梁の塗装について

 平成31年3月16日(土) 橋の科学館第37回講演会を開催しました。

 第37回講演会は「しまなみ海道をサイクリストの聖地に」と題し、愛媛県県民環境部長 金子浩一氏より、日本で唯一高速道路を通行止め実施中の “瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリング大会”の紹介と開催までの経緯、国内外に「サイクリストの聖地」としての認知が高まるきっかけとなったプレ大会(2013年)を中心にご講演いただきました。

 講演の中では、大会の特徴や、本大会がタイムを競うレースではなく幅広く多くの方に参加していただくためにサイクリング大会とした件や、プレ大会時に発生した問題点やその解決方法、サイクリストへの環境整備の結果、海外でも取り上げられることが増え、しまなみ海道を訪れるサイクリストが年々増加していることなど世界中に誇れるサイクリングロードの素晴らしさを当日の大会映像も含め紹介いただきました。
 当日は、実際にしまなみ海道を自転車で走ったことがある方など、幅広い年代の50名を超える多くの方に参加頂きました。質疑応答では、今後のしまなみ観光振興等について興味深い質疑応答もあり、充実した講演会になりましたことを事務局より感謝いたします。
 次回は、6月14日(金)に、「目視を超えて橋を守る技術-赤外線カメラを用いた非破壊検査技術-」と題し、講演会を予定しています。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.hashinokagakukan.jp/news/shosai.php?id=128

講演会の様子
講演会の様子

講師の金子氏
講師の金子氏

平成31年1月19日(土)、橋の科学館第36回講演会を開催しました。

第36回講演会は「最近の海外長大橋」と題して、株式会社 長大 海外事業本部 理事 秦健作氏にお話を頂きました。

 今回の講演では、2016年にトルコ共和国で開通した世界最大規模の2橋、「イズミット湾横断橋(オスマン・ガーズィー橋)」及び「第3ボスポラス橋(ヤヴズ・スルタン・セリム橋)」の施工技術を中心に本四高速が管理する長大橋に用いられた技術との関係について紹介して頂きました。

 まず、事業背景として上記2橋の開通に伴う周辺地域の利便性向上や事業方式としてBOT方式を採用したことをご説明頂いた後に、2橋の施工工程に沿いながら、使用された技術について詳しく紹介して頂きました。ご紹介頂いた技術の中でも、ケーブル送気をはじめ、イズミット湾横断橋で採用された地震の揺れを軽減する免震基礎構造や斜張橋と吊橋の複合構造である第3ボスポラス橋の設計・施工には、瀬戸大橋や明石海峡大橋の実績に基づく技術や明石海峡大橋を超える規模の超長大橋で検討された技術が採用されていると説明頂き、講演会に参加された皆様も高い関心を持っておられたように感じます。

 講演を通して、海外長大橋における専門的な施工技術の紹介だったにも関わらず、講師の分かりやすい解説と随所にちりばめられた現地での実体験の話題で盛り上がり、質疑応答時には、紹介された技術などについて参加者と活発なやりとりがありました。

 時節柄、冷たい寒い風が吹く日でしたが、50名を超える盛況であったこと事務局より感謝いたします。

 次回の講演会は、平成31年3月16日(土)に開催されます。愛媛県県民環境部長 金子浩一氏より、「しまなみ海道をサイクリストの聖地に」と題してご講演頂く予定です。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.hashinokagakukan.jp/news/shosai.php?id=127

会場の様子
会場の様子

施工過程について
施工過程について

聴講者からの質問に答える秦氏
聴講者からの質問に答える秦氏