HOME > 橋を渡って親子でアート鑑賞 > 第9回 徳島県発 明石市立文化博物館

橋を渡って親子でアート鑑賞

第9回 徳島県発 明石市立文化博物館

明石市立文化博物館

明石市立文化博物館

橋を渡って親子でアート鑑賞の紹介

平成27年8月23日(日)に第9回「せとうち美術館ネットワーク 子どものアート感想文スペシャルツアー 橋を渡って親子でアート鑑賞」を実施しました。

ツアーは徳島市周辺の親子を対象に、「橋の科学館」で明石海峡大橋の構造の説明を聞いたあと、明石市立文化博物館を訪問するコースで実施しました。

今回も、定員を大幅に上回るご応募をいただきありがとうございました。

抽選の結果、13家族41名(子ども21名・大人20名)の親子をご招待いたしました。

当日の行程

9:00
徳島駅前 出発
9:30
本四高速(株) 鳴門管理センター 出発
バス車内では、特別展にちなんだゲームを実施しました。
11:10
橋の科学館 見学
見学後、昼食休憩
13:00
明石市立文化博物館 到着
〔美術館での活動〕
  • 開講式
  • オリエンテーション
    展示について学芸員がプロジェクタを使用して解説
  • 夏休み特別企画展「ちひろ美術館コレクション ちひろと世界の絵本画家たち」約120点と常設展を鑑賞
    • ・自由見学
    • ・レクチャーコンサート
       いわさきちひろの絵から着想を得て選曲した歌を鑑賞
    • ・クイズラリー
       常設展示をめぐるクイズラリーを実施。
  • 閉講式
15:40
明石市立文化博物館 出発
17:00
本四高速 鳴門管理センター 到着
17:30
徳島駅前 到着

当日の様子

バス車内での活動

バス車内での活動

絵本の挿絵からお話を考えるゲームをしました。

橋の科学館見学

橋の科学館見学

明石海峡大橋の構造について説明を受けました。

開講式

開講式

鳴門教育大学大学院教授の山木先生から、美術館を親子で鑑賞を行うことの意義等についてお話がありました。

自由鑑賞

自由鑑賞

親子で対話しながら作品を鑑賞しました。

レクチャーコンサート

レクチャーコンサート

「雨ふり くまのこ」や「おぼろ月夜」などを楽しそうに聴いていました。

閉講式

閉講式

参加者親子と美術館関係者・ツアースタッフで集合写真を撮影しました。

瀬戸内国際芸術祭 2019

瀬戸内国際芸術祭