1. ドライバーズサイト
  2. 2018年トピックス
  3. 第10回「せとうち美術館ネットワーク特別講演会」開催!!

2018年トピックス

2018年10月10日

本州四国連絡高速道路株式会社

第10回「せとうち美術館ネットワーク特別講演会」開催!!

平成30年11月17日(土)、岡山県立美術館にて「せとうち美術館ネットワーク特別講演会」を開催いたします。

講師にカリフォルニア州立大学チコ校 教授 徳 雅美氏、公益財団法人大原美術館 名誉館長 大原 謙一郎氏をお招きし、美術教育や瀬戸内の美術館の魅力についてご講演いただきます。

せとうち美術館ネットワーク特別講演会

開催日時 :
平成30年11月17日(土) 13:00~15:20
開催場所 :
岡山県立美術館 ホール
(岡山県岡山市北区天神町8-48)

プログラム

12:40
受付・開場
13:00
主催者挨拶
13:10
特別講演

 カリフォルニア州立大学チコ校 教授 徳 雅美氏

 『日米の相違IN学校&美術館:美術教育はどこへ行くのか?』

14:10
特別講演

 公益財団法人大原美術館 名誉館長 大原 謙一郎氏

 『美術館の楽しみ方と働き方』

15:00
質疑応答
15:20
終了

講演会は参加費無料で聴講できます(事前申込制、定員150名)
また聴講された方には、岡山県立美術館で開催中の特別展「第65回日本伝統工芸展岡山展」をご鑑賞いただける鑑賞チケットを差し上げます。

◎講演会聴講申込方法

インターネット又はファックスにてお申込みいただけます。
(お申込は1組につき5名様までとさせていただきます。)

○インターネット:下記応募フォームからお申込いただけます。

インターネット申し込み

○ファックス:チラシ裏面のFAX申込書に必要事項をご記入のうえ、お申込みください。
FAX 078-291-9850(せとうち美術館ネットワーク事務局)

※聴講者の募集は、定員(150名)に達した時点で締め切らせていただきます。

※応募者の個人情報については、本講演会の運営に必要な連絡及び通知のみに利用し、それ以外の目的では利用しません。取得した個人情報は、当社がプライバシーポリシーに則り適切に管理し、上記の利用目的が終了した後は、速やかに廃棄します。なお、個人を特定できない範囲で統計データとして使用させていただく場合があります。

主 催 :
せとうち美術館ネットワーク
後 援 :
岡山県教育委員会
お問い合わせ先 :
〒651-0088
神戸市中央区小野柄通4-1-22 アーバンエース三宮ビル
本州四国連絡高速道路株式会社 利用促進・お客様サービス部
せとうち美術館ネットワーク事務局
電話番号 078-291-1077(平日9:00~17:30)

せとうち美術館ネットワーク特別講演会
ご案内チラシ
【PDF】

【「せとうち美術館ネットワーク」とは?】

瀬戸内地域に数多く存在する魅力的な美術館や博物館を、本四高速道路を介して相互にネットワークし、地域全体の文化芸術面の魅力の発信を支援するJB本四高速の取組です。詳しくはこちら

【「せとうち美術館ネットワーク特別講演会」開催実績】

  開催日・会場 特別講演会
第1回 平成21年7月4日
岡山国際交流センター
(岡山市)
元筑波大学大学院教授 宮脇理氏(芸術学)
「いま、美術の教員と、学芸員に求められていること」
第2回 平成22年10月17日
神戸ファッションマート
(神戸市)
福井大学教育地域科学部准教授(美術教育学)
濱口由美氏
「学校と美術館をつなぐコミュニティー」
横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉小学校教諭
高松智行氏
「鑑賞をとおして子どもと育つ」
第3回 平成23年10月22日
香川県立ミュージアム
(高松市)
東京国立近代美術館 主任研究員 一條彰子氏
「子どもと見るアート-美術館を活用した鑑賞教育について-」
ミュージアム専門誌「ミュゼ」編集長 山下治子氏
「ミュージアムのネットワークを考える
東京・港区「みなとミュージアムズ」の事例から」
第4回 平成24年11月17日
広島県立歴史博物館
(福山市)
板橋区立美術館 学芸員 弘中智子氏
「美術館を『開く』-小規模美術館の試み-」
平山郁夫美術館 館長 平山助成氏
「平山郁夫美術館の教育普及事業について」
第5回 平成25年11月17日
倉敷市立美術館
(倉敷市)
世田谷美術館 主任学芸員 塚田美紀氏
「美術館で、ひそかに冒険を
~教育プログラムの実験あれこれ~」
大分市美術館 館長 菅章氏
「地域における美術館の役割とビジョン
~テオ・ヤンセン展におけるアウトリーチ活動をとおして~」
第6回 平成26年11月15日
兵庫県立美術館
(神戸市)
東京国立博物館 総務部長 栗原祐司氏
「文化観光としての美術館」
兵庫県立美術館 館長 蓑豊氏
「美術館が宝石箱から公共の広場に」
第7回 平成27年12月6日
岡山県立美術館
(岡山市)
川崎市岡本太郎美術館 学芸担当課長 仲野泰生氏
「岡本太郎美術館のこれまでとこれから-美術館の可能性をめぐって-」
横浜国立大学 教育人間科学部教授 渡辺邦夫氏
「~Design デザインの喜び「美を創造する為の美」~」
第8回 平成28年11月27日
広島県立美術館
(広島市)
(公財)かながわ国際交流財団
学術・文化交流グループ 副主幹 野呂田純一氏
「多様な〈地元〉へのリ・デザイン~美術館とアートのこれから~」
名古屋芸術大学 名誉教授 前田ちま子氏
「美術館教育へのアプローチ ~ワークショップほかHands-On, VTS, AL…手法を探る~」
第9回 平成29年12月17日
兵庫県立美術館
(神戸市)
沖縄科学技術大学院大学 研究員 佐二木健一氏
「沖縄の伝統陶芸「やちむん」に学ぶ幸せのヒント」
東京国立近代美術館 主任研究員 今井陽子氏
「「+」から「×」へ:こどもと一緒に工芸鑑賞」