1. ドライバーズサイト
  2. SA・PA情報
  3. 恋人の聖地(淡路SA上り)

「日本の始まりの地で二人の約束を・・・・」

「恋人の聖地」に隣接したエリアに「蓄光石」による幻想的な光の演出を行っています。

蓄光石によるモニュメントは、日本発祥の地「淡路島」国生み神話をモチーフに製作しました。

「古事記」、「日本書紀」に国土創造の夫婦神として現れる伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)は、漂っていた大地を完成させるため天上の「天の浮橋(うきはし)」に立って、「天の沼矛(ぬぼこ)」をもって混沌とした大地をかきまわし、その沼矛を引き上げたときに、沼矛の先から滴り落ちた潮が凝り固まって一つの島「淡路島」となった。二神はその島に降りて、夫婦の契りを結んで国生みをされました。

その島の先端に位置する淡路サービスエリア「恋人の聖地」から見える、世界一の「明石海峡大橋」のイルミネーションに加え、「日本の始まりの地で二人の約束を・・・・」をコンセプトに、「蓄光石」による光の演出をご用意いたしました。この神話の如く、お二人の愛を確かめ合う場所になることをお祈りしています。

淡路SAの蓄光石
淡路SAの蓄光石
蓄光石とは?

正式名称「蓄光発光セラミックス」は、昼間の太陽光や蛍光灯の紫外線を吸収して、半永久的に蓄光と発光を繰り返すセラミックス素材(人工石)です。

耐久性・耐光性・耐摩耗性・耐水性にも優れているので、屋外での使用に向いている。

また、放射性物質や有害物質を一切含んでいないので、地球環境にも優しい製品です。

淡路SAの蓄光石

「海のきらめきと空の輝きを併せ持つ瀬戸内の光の風景」

「恋人の聖地」淡路サービスエリアのシンボル「ハートライトゲート」は、瀬戸内の素晴らしいロケーションが見渡せる場所にあり、昼間は太陽の光を浴びてハートの光のシャワーを映し出し、夜間は明石海峡大橋のイルミネーション、遊歩道のイルミネーションとともにキラメク夜を演出します。

ハートライトゲートの横にあるベンチに座り、世界一の明石海峡大橋を眺めながらプロポーズと洒落てみませんか!

ハートライトゲート1
ハートライトゲート2

毎月第一日曜日は「神戸プロポーズの日

明石海峡大橋、淡路サービスエリア(下り線)観覧車も参加しています。

毎月第一日曜日の19時59分から20時までの1分間、照明を消灯させ、そっとふたりを見守ります。

絵本:恋人の聖地

恋人の聖地 淡路サービスエリアのシンボルとなるモニュメント「ハートライトゲート」設置から3周年を記念して、平成22年のモニュメント制作にもご協力いただいた神戸芸術工科大学にお願いし、絵本を発行しました。
この絵本を通じ、恋人の聖地 淡路サービスエリアが皆様の思い出の地として、代々語り継がれていくよう願いを込めて。

↑クリックすると絵本が開きます。

恋人の聖地/淡路SAのフォトギャラリー

皆様に、恋人の聖地/淡路サービスエリアの様子を紹介させていただくため、フォトギャラリーを始めました。淡路SA上り線にある恋人の聖地のシンボル「ハートライトゲート」が昼間太陽の光を受け、ハートのシャワーを映し出す様子、夜間に明石海峡大橋とともにハートライトゲートがライトアップされた様子などさまざまな姿を撮影しました。お楽しみください。

↑クリックしてギャラリーへ。

恋人の聖地とは?

NPO法人地域活性化支援センター(静岡市)が、各地域を代表する観光施設・地域を中心に、「恋人の聖地」として認定する地域活性化・少子化対策プロジェクトです。

選定に当たっては、公平を期するため、各界の著名人による恋人の聖地選定委員会が法人内に設定されています。(2016年6月現在 137カ所)