JB本四高速TOP > 技術情報 > 本州四国連絡橋の紹介 > 多々羅大橋

本州四国連絡橋の紹介

多々羅大橋


橋梁形式3径間連続複合箱桁斜張橋
着工日(起工式)平成2年8月25日
現地着手日平成4年11月30日
供用日平成11年5月1日

多々羅大橋は、完成当時中央支間長890mの世界最長の斜張橋でした。
当初は吊橋で計画されていましたが、斜張橋の技術の進歩を背景に、自然環境の保全や経済性などを考えて変更されました。
塔頂の高さは海面より226mあり、このルートの中で最も高くなっています。芸予諸島で最高峰の観音山との対比も楽しめます。
長大斜張橋であるフランスのノルマンディー橋と姉妹橋縁組みをしています。

【多々羅大橋側面図】
(単位:m)

ページの先頭へ