平成29年11月25日(土)、橋の科学館第30回講演会を開催しました。

 第30回講演会は、「風による橋の振動と対策」と題して、当社長大橋技術センター 防食・耐風グループリーダー 竹口昌弘氏にお話を頂きました。
 今回の講演は、本州四国連絡橋をはじめとする橋梁の耐風対策について、紹介して頂きました。

 はじめに、風の発生メカニズムや、橋が風によってどのような挙動をするのか説明して頂きました。
 また、風による振動が原因で発生した海外の落橋事例の映像を鑑賞しました。
 その後、過去の落橋事例を踏まえて、どのような耐風設計が行われるようになったのか、また、本州四国連絡橋で実施している主塔やケーブルなどの耐風対策について、写真や映像を交えながら説明して頂きました。
 参加者の皆さんは、貴重な映像に見入っておられました。

 講演終了後は、今後の橋の耐風対策の手法などについて活発な質疑応答が行われました。
 来場者の皆さんは、大変興味を持って聴講されたようでした。

 次回の講演会は平成30年1月27日(土)に開催されます。

 国立研究開発法人 土木研究所 構造物メンテナンス研究センター 橋梁構造研究グループ 上席研究員 玉越隆史氏より、「道路橋の話」と題してご講演頂く予定です。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.hashinokagakukan.jp/news/shosai.php?id=112

会場の様子
会場の様子

落橋事故の映像
落橋事故の映像

本州四国連絡橋の対策事例
本州四国連絡橋の対策事例

強風によるお客様への影響
強風によるお客様への影響

参加者からの質問に答える竹口氏
参加者からの質問に答える竹口氏

当日の風景 「日没後間もない明石海峡大橋」
当日の風景 「日没後間もない明石海峡大橋」

コメントをどうぞ

コメントは承認されるまでは表示されません。