11月下旬、「障がいをお持ちの方を対象としたサービスエリア等見学会」をしまなみ海道と淡路島で実施しました。
 この見学会は、障がいをお持ちの方からのご意見、ご要望等を伺い、より安全・安心・快適にご利用いただける施設作りに活かすことを目的に、企業の社会的責任(CSR)として、活動を行っているもので、今回で8回目となりました。

~しまなみ海道~
 しまなみ海道では、小春日和の11月21日(火)、大浜PA(下り)、平山郁夫美術館、村上水軍博物館及び瀬戸田PA(上り)をめぐりました。
 JB尾道ビルに集合した参加者9名は、バスに乗って出発。大浜PA(下り)では、店長に施設を説明いただきながら、お買い物を楽しまれ、次の目的地の生口島内の平山郁夫美術館へ移動。平山芸術の原風景を実感いただきました。
 昼食後、大島島内にある「日本遺産」に認定された「村上海賊のストーリー」村上水軍博物館へ。かつて能島を拠点に、瀬戸内の海を支配したという村上水軍にまつわる歴史を学びました。帰りは瀬戸田PA(上り)でお買い物と記念撮影。帰路のバス内では「皆さん本当に今日お知り合いになったのですか?!」とバスガイドさんに尋ねられるほど、とても和やかな雰囲気でJB尾道ビルにて解散しました。

売店商品などの説明を聞く参加者
売店商品などの説明を聞く参加者

村上水軍にまつわる説明を聞く参加者
村上水軍にまつわる説明を聞く参加者

~淡路島~
 しまなみ海道見学会から2日後の11月23日(木・祝日)、早朝まで降り続いた雨は止んだものの、肌寒い中、パルシェ香りの館、淡路ハイウェイオアシス及び淡路SA(下り)をめぐりました。
 午前9時、JB舞子ビルに集合した参加者21名は、バスに乗って出発。まず、淡路市にあるパルシェ香りの館にて、オリジナルお香作りを体験。その後は、淡路ハイウェイオアシスと淡路SA(下り)へ。SAでは、淡路営業センター所長からエリア内を説明、その後、観覧車乗車、SA内見学、お買い物などにお楽しみいただきました。帰りのバス内で、新米女性スタッフが挨拶をした際、参加者の方から「がんばれ!」「今日はありがとう!」などの温かいお言葉や拍手に包まれて、JB舞子ビルにて解散しました。

お香作り体験
お香作り体験

観覧車へご案内
観覧車へご案内

~おわりに~
 参加者へのアンケートから、「スロープ利用者は、遠回りして行かないと売店などの施設を利用できないのでトイレだけで帰ろうかと思ってしまう(瀬戸田PA上り)」「施設内に設置されているトイレやインフォメーションなどの案内の看板がわかりやすくて良かった(淡路SA下り)」など、貴重なご意見・ご感想をいただきました。
 皆様から頂戴したお声は、今後の施設づくりに活かしてまいります。

コメントをどうぞ

コメントは承認されるまでは表示されません。