2019年6月14日(金) 橋の科学館第38回講演会を開催しました。

 第38回講演会は「目視を超えて橋を守る技術-赤外線カメラを用いた非破壊検査技術-」と題し、神戸大学大学院工学研究科教授 阪上隆英氏にお話を頂きました。

 本講演では、鋼橋を「腐食」と「疲労」から守るために用いられている様々な非破壊試験技術の中でも、遠隔から広範囲を効率的に検査できる手法として、赤外線カメラを用いた目視を超えた検査法について紹介頂きました。

 はじめに赤外線カメラで身近なものを撮影し、赤外線という波長での物の見え方を体験しました。その後、亀裂発生予測・亀裂検出・亀裂進展評価・補修効果検証において赤外線検査がどのように有効活用されるのか、実験時の動画を交えて分かりやすく説明されました。

 平日にもかかわらず、インフラの点検に従事されている方や明石海峡大橋の建設に携わった建設会社OBの方、地域にお住まいの方等、幅広い年代の50名を超える多くの方に聴講頂きました。

 講義後の質問時間では「長大橋の寿命について」「赤外線カメラを用いた非破壊検査技術の他分野への展開」等、興味深い質疑応答もあり、充実した講演会になりましたこと,事務局より感謝いたします。

 次回は、8月に小・中学生を対象とした夏休み自由研究教室を、9月に第39回講演会を開催する予定です。内容が決まり次第、当社ホームページ等でお知らせいたします。

会場の様子
会場の様子

橋梁の塗装について
橋梁の塗装について

コメントをどうぞ

コメントは承認されるまでは表示されません。