6月上旬、「障がいをお持ちの方を対象としたパーキングエリア等見学会」を神戸淡路鳴門自動車道と瀬戸中央自動車道で実施しました。
 この見学会は、サービス施設をご利用された障がいをお持ちの方からのご意見、ご要望等を伺い、より安全・安心・快適にご利用いただける施設づくりに活かすことを目的に、企業の社会的責任(CSR)として、活動を行っているもので、今回で9・10回目となりました。

~神戸淡路鳴門自動車道~
 神戸淡路鳴門自動車道の見学会は6月1日(金)、淡路島南PA(上り)及び大鳴門橋の鳴門側袂にある大塚国際美術館を参加者21名とスタッフを乗せたバスでめぐりました。
 最初の訪問先の西洋の陶板名画千余点を展示する大塚国際美術館では、学芸員の方に陶板により完全再現した“システィーナ礼拝堂天井画(ミケランジェロ作)” “最後の晩餐(レオナルド・ダ・ヴィンチ作)”などの作品について詳しく説明いただきながら、名画の臨場感を堪能いただきました。
 昼食後は、淡路島南PA(上り)でサービス施設見学。JBハイウェイサービス株式会社(JBHS)の淡路営業センター調査役に大鳴門橋を遠望する展望テラスやマッサージ機を備えるリフレッシュルームなど施設を案内いただき、障がいをお持ちの方の目線でチェックをいただきました。

大塚国際美術館でのガイド案内
大塚国際美術館でのガイド案内

淡路島南PA(上り)駐車場から施設への移動する様子
淡路島南PA(上り)駐車場から施設への移動する様子

~瀬戸中央自動車道~ 坂出管理センター主催!
 瀬戸中央自動車道の見学会は6月6日(水)、小雨が降っている中、与島PA及び倉敷美観地区にある大原美術館を参加者23名とスタッフを乗せたバスでめぐりました。
 近現代美術中心のコレクションを持つ大原美術館では、職員によるウェルカムレクチャーを受け、“受胎告知(エル・グリコ作)”や“睡蓮(モネ作)”などの名画を堪能いただきました。
 与島PAでの昼食後は、昨年度末にリニューアルし、本四高速SA・PAで初めてのトイレ使用中を表示するランプを設置するなどしたトイレをご案内。売店等の施設については、JBHSの与島営業センター所長より案内いただきました。また、この度の見学会では、NHK高松放送局、RSK山陽放送及び四国新聞社より取材いただき、参加者の方々におかれましては、インタビュー等のご協力をいただきました。

大原美術館にてウェルカムレクチャーを聞く参加者
大原美術館にてウェルカムレクチャーを聞く参加者

与島PAにて施設説明を聞く参加者
与島PAにて施設説明を聞く参加者

~おわりに~
 参加者へのアンケートから、「リフレッシュするのに適した展望台等があり大変良いと思いました。(淡路島南PA(上り))」「大型バス駐車場から店へ行く方法を少しかんがえてほしい。(淡路島南PA(上り))」「トイレの清潔さ、使いよさは特に満足した。また展望台もとても感激しました。(与島PA)」等、貴重なご意見ご感想をいただきました。
 いただいたご意見は、各管理センター及びJBHSと共有し、今後の施設づくりに活かしてまいります。
 今回の見学会にご協力をいただきました、地元ボランティア、神戸市、明石市及び香川県の社会福祉協議会並びにJBHSにおかれましては大変お世話になりました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。

コメントをどうぞ

コメントは承認されるまでは表示されません。