• HOME
  • しまなみ海道とは
  • 観光情報
  • イベント情報
  • ブログ
HOME > ブログ

やまなみ街道を通って、世羅町へ!【秋のローズフェスタ】

「秋のダリアとガーデンマム祭」を楽しんだ世羅高原農場を後にして次は、そらの花畑 世羅高原花の森へ向かいます。

(「秋のダリアとガーデンマム祭」→https://www.jb-honshi.co.jp/shimanami/blog/?p=9006

 

世羅高原農場を出たら、ローズフェスタの案内板を目印に進みます。

この案内板が要所、要所に出ていたので迷わず行くことができました。

世羅高原農場からは10分ほどでした。

 

そらの花畑 世羅高原花の森は、標高540mと世羅町で最も高いところにあり、国内でも有数の規模を誇るバラ園(メインはイングリッシュローズ)です。

「秋のローズフェスタ」は、9月21日から11月10日まで開催されています。

 

標高が高いせいか、空を近くに感じます。園内はカラフルなバラが咲き誇り、そらの花畑と言われるのもよくわかります。

 

イングリッシュローズは、1960年代からイギリスの育種家デビット・オースチン氏により作り出されたバラの総称です。オールドローズのクラシカルな花形と香り、モダンローズの多彩な色と四季咲き性を併せ持っています。

イングリッシュローズの品種は約200近くもあるそうで、そのうちの約100品種を世羅高原花の森で見ることができます。

来場者の方々はバラに囲まれたベンチでゆっくりくつろいだり、入場可のペットを連れて散歩をしたり、バラをバックに写真を撮ったりとそれぞれの時間を楽しまれていました。

園内はバラの良い香りに包まれていて、香りにも目にも癒やされます。

 

 

 

途中、園内のカフェで休憩です。

 

3色の層が綺麗な花の森ローズソーダです。バラの花びらも浮かんでなんともロマンチック。黄色の瀬戸内レモンのシロップとピンクのバラの甘いエッセンスが合う少し甘酸っぱくて爽やかなソーダでした。

 

バニラソフトクリームにバラのエッセンスをトッピング。バラの華やかな香りが口中に広がります。

 

丸いフォルムが美しく、花びらも多いことから優雅な雰囲気もあり、すっかりイングリッシュローズのファンになりました。

世羅高原花の森は2シーズン開園されており、秋だけではなく、初夏も楽しむことができるそうなので、今度は是非、初夏のバラを見に行きたいです。

 

 

 

 

いまばりあかりARTプロジェクトin来島海峡SA

今年4月から5月にかけて展開された「いまばりあかりARTプロジェクト」が再び来島海峡SAで始まりました。

このプロジェクトは、(一社)今治地方観光協会が主催するイベントで、今治市内他しまなみ海道沿線で展開されており、今治市の放置竹林の竹を利用し、今治地方観光協会の方々の他、今治市内で開催された「ワ-クショップ」で製作された「あかりのART」の展示イベントです。

 

(一社)今治地方観光協会HP http://www.oideya.gr.jp/akariart/より

イルミネーションのようにきらびやかではありませんが、日本の原風景をイメージさせる心癒されるあかりです。

2018年7月、西日本各地で「豪雨災害」が起こり、今治地方も大きな被害を受けました。

いまばりあかりARTプロジェクトは、西日本の災害からの復興の願いと市民の人たちにとっての癒しのあかりでありたい、というプロジェクト主催者の願いが込められています。

 

 

 

しまなみ海道を訪れる、県内外からの観光客誘致のための機会を創りつつ、近年全国的に問題になっている放置竹林の竹を伐採し、健全な竹林、里山を復活させたいという思いもこめられています。

来島海峡SAでの開催にあたり、JBしまなみ今治管理センター、JBHS来島営業センター社員も設置作業に加わり無事に開催にこぎつけました。

点灯期間は、令和元年10月18日(金)~令和元年12月1日(日)までの間で、毎日18時~24時まで点灯しています。

来島海峡の夜景や来島海峡大橋のライトアップとともに光のARTをごゆっくりご覧下さい。

 

 

 

 

カレイ山での音楽を聴きながらの観月会

カレイ山展望公園で、お月見をしながら音楽鑑賞ができるイベントがあるということで、ちょっと見に行ってみました。イベントは18時半からでしたが、暗くなる前の展望公園からの眺めを見たかったので、1時間くらい前に現地に到着しました。少し曇っていましたが、眼下に大島大橋と多々羅大橋の塔の一部を見ることができました。

 

 

カレイ山展望公園のカレーはすぐに売り切れてしまうことで有名(https://www.jb-honshi.co.jp/shimanami/blog/?m=20190926)ですが、このイベントでも30食限定でハーフサイズでの提供とのことでした。明るいうちにまずは風景をしっかり見ておこうと、展望台で過ごしてからイベント会場に降りてみると、出店で売られていたカレーはほぼ終わりかけで、なんとか最後から2皿目をいただくことができました。噂に違わぬ本格的な味で、ハーフながら大変おいしくいただきました。

 

 

ライブは能島水軍太鼓保存会の演奏から始まりました。息の合った、ダイナミックな動きを伴う演奏でとても惹きつけられました。太鼓演奏は、ライブの途中でもう一度ありましたが、演奏者の鬼気迫る表情とかけ声に圧倒されてしまいました。

 

 

和太鼓が終わると、ラテンバンド「兵藤満&ハッピーオーシャンズ」の演奏が始まりました。秋の夜に、少しもの悲しいギターの調べがマッチして、心に染み入る感じでした。ライブ開始時には雲が出て月は見えなかったのですが、ラテンバンドの演奏が進んでいくと雲間からきれいな満月が顔を出しました。舞台は月が昇る北側を背にしていたので、演奏者の背後に満月がかかるという絶好の演出となっていました。

 

 

その後、ラテン歌手や、さらには演歌歌手も加わって、会場は大いに盛り上がりました。

 

 

 

 

 

やまなみ街道を通って、世羅町へ!【秋のダリアとガーデンマム祭】

9月最後の週末に、やまなみ街道を通って広島県世羅郡世羅町で行われている二つのお祭りに行ってきました。今回はそのうち、世羅高原農場での「秋のダリアとガーデンマム祭」をご紹介します。

世羅高原農場は、季節ごとの花を楽しむことができる観光農園で、「秋のダリアとガーデンマム祭」は9月14日から10月27日まで開催されています。

 

(昨年も行ってきました!https://www.jb-honshi.co.jp/shimanami/blog/?p=7925

 

今治を出発して、尾道自動車道の世羅ICで下ります。

世羅ICを降りてすぐの交差点を右折し、約1㎞走った小草交差点を左折します。県道51号線に入り、県道56号線との三叉路を左折して山田川ダム方面へ進みます。5分ほど走ると左手に世羅高原農場の入口が現れます。

世羅ICから世羅高原農場までは、15分ほどでした。

 

 

訪れた日は、あいにくの曇り空でしたが、多くの方で賑わっていました。

入口を入ると、ダリアの生花でデコレーションした「ダリアツリー」が迎えてくれました。

色とりどりのダリアの花がかわいらしく、ついつい見とれてしまいます。

 

 

園内に入ると、色鮮やかなダリアの花園が広がります。550品種・7500株ものダリアが咲き誇る西日本最大級のダリア園です。

 

 

 

カラフルなガーデンマムの花絵とマム畑です。(ガーデンマムとは、庭植え用に品種改良されたキクの事です。)

写真奥の花の模様を描いているのがマムの花絵です。

 

 

 

近くで見るとまんまるもこもこでかわいいです。

 

 

世羅高原農場に来たら、もうひとつの楽しみがグルメです。

私は、ご当地バーガーの『せらバーガー』をいただきました。

軽く焼いた香ばしいバンズに特製甘辛ダレがかかったジューシーな世羅高原豚とたっぷり野菜。この野菜にはレモンの効いたタルタルソースもかかっています。

全部の具材が合わさって美味しさも倍増です。

 

 

屋内の農場レストランでは、世羅の食材にこだわったメニューも味わえます。

今日の農場定食のメインはチキンのソテーでした。

 

 

秋の世羅高原農場は、ダリアとガーデンマムの他にも、濃い紫が美しいブルーサルビア、赤く色づくコキア、秋の風に揺れるコスモスも楽しむことができます。

 

 

 

10月に入り、少しずつ秋の気配を感じる季節になりました。

爽やかな秋の一日を世羅高原農場でゆっくり過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

次回は、世羅高原 花の森の【ローズフェスタ】をご紹介します。

 

 

 

島しょ部の魅力を発信(Patisserie T’s Cafe 玉屋)

今回ご紹介するのは、伯方島にある海の見えるカフェ「Patisserie T’s Cafe 玉屋」です。

 

 

サイクリングでおなじみのブルーラインのコースから少し外れた外周コース沿いにお店があります。

お店の前にサイクリングラックも有りサイクリストも立ち寄り易いお店でした。

「Patisserie T’s Cafe 玉屋」ではカフェの店内から海を望むことができ、窓が開いていたので店内にも気持ちのいい風が吹き込んでいました。

ランチ時に瀬戸内の美しい海を眺めながら食べるカレーは絶品でした。

 

また、テラス席も有り心地よい海風を浴びながらゆったりできるので、週末ゆっくり過ごしたい人にもお勧めです。

また、おやつ時にパティシエである店主の美味しいケーキとコーヒーで一息つくのはいかがでしょうか。ケーキはお店に入ったすぐのディスプレイに並んでいますが、どれもおいしそうで、どれを選ぶのか迷ってしまいます。

 

サイクリング等で伯方島に立ち寄られたら、是非「Patisserie T’s Cafe 玉屋」に行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

NEXT »