• HOME
  • しまなみ海道とは
  • 観光情報
  • イベント情報
  • ブログ
HOME > ブログ

いまばりあかりARTプロジェクトin来島海峡SA

今年4月から5月にかけて展開された「いまばりあかりARTプロジェクト」が再び来島海峡SAで始まりました。

このプロジェクトは、(一社)今治地方観光協会が主催するイベントで、今治市内他しまなみ海道沿線で展開されており、今治市の放置竹林の竹を利用し、今治地方観光協会の方々の他、今治市内で開催された「ワ-クショップ」で製作された「あかりのART」の展示イベントです。

 

(一社)今治地方観光協会HP http://www.oideya.gr.jp/akariart/より

イルミネーションのようにきらびやかではありませんが、日本の原風景をイメージさせる心癒されるあかりです。

2018年7月、西日本各地で「豪雨災害」が起こり、今治地方も大きな被害を受けました。

いまばりあかりARTプロジェクトは、西日本の災害からの復興の願いと市民の人たちにとっての癒しのあかりでありたい、というプロジェクト主催者の願いが込められています。

 

 

 

しまなみ海道を訪れる、県内外からの観光客誘致のための機会を創りつつ、近年全国的に問題になっている放置竹林の竹を伐採し、健全な竹林、里山を復活させたいという思いもこめられています。

来島海峡SAでの開催にあたり、JBしまなみ今治管理センター、JBHS来島営業センター社員も設置作業に加わり無事に開催にこぎつけました。

点灯期間は、令和元年10月18日(金)~令和元年12月1日(日)までの間で、毎日18時~24時まで点灯しています。

来島海峡の夜景や来島海峡大橋のライトアップとともに光のARTをごゆっくりご覧下さい。

 

 

 

 

秋の全国交通安全運動が始まります。

令和元年9月21日(土)~30日(月)にかけて、秋の全国交通安全運動が行われます。

来島海峡サービスエリアでも、交通安全の啓発の取り組みの一環として、期間中「しまなみ海道 橋カード」をプレゼントいたします。

「しまなみ海道 橋カード」とは、JB本四高速がしまなみ海道の島々に架かる7つの長大橋の魅力をより身近に感じていただくために発行した、各橋についての情報が満載のカードです。

 

 

今年は、瀬戸内しまなみ海道の開通20周年にあたり、20周年を記念した特製のカードケースにお入れして、各日先着50名様に来島海峡サービスエリアのインフォメーションでプレゼントいたします。(お一人1枚とさせていただきます。また、カードの種類をお選びいただくことはできません。)

 

 

ぜひ、来島海峡サービスエリアにお立ち寄りください。

(来島海峡サービスエリア インフォメーション営業時間:9:00~17:00)

 

 

 

「この道は 世界につづく ゆめとびら」8月は「道路ふれあい月間」です。

毎年8月は、「道路ふれあい月間」として、道路の愛護活動や道路の正しい利用の啓発活動が各所で行われています。

来島海峡サービスエリアでも、より道路や橋に親しみを持っていただけるように8月4日(日)「橋の日」と8月10日(土)「道の日」に「しまなみ海道 橋カード」をプレゼントいたします。

「しまなみ海道 橋カード」とは、JB本四高速がしまなみ海道の島々に架かる7つの長大橋の魅力をより身近に感じていただくために発行した、各橋についての情報が満載のカードです。

 

 

今年は、瀬戸内しまなみ海道の開通20周年にあたり、20周年を記念した特製のカードケースにお入れして、両日ともに先着300名様に来島海峡サービスエリアのインフォメーションでプレゼントいたします。(お一人1枚とさせていただきます。また、カードの種類をお選びいただくことはできません。)

 

 

ぜひ、来島海峡サービスエリアにお立ち寄りください。

(来島海峡サービスエリアインフォメーション営業時間:9:00~17:00)

 

 

 

 

四国・今治地方観光写真コンテスト入賞作品展示のお知らせ

JB本四高速 今治管理センターは、2008年から今治地方観光協会が主催する「四国・今治地方観光写真コンテスト」に協賛し、応募作品の中から「しまなみ海道特別賞」を贈呈させていただいております。

この度、過去11年間のしまなみ海道特別賞受賞作品27作品を順次入れ替えを行いながら一度に11作品程度を来島海峡サービスエリア展示室(2階 しまなみ・かいゆうトピア前)に展示させていただきますのでお知らせします。

受賞作品は、いずれも「瀬戸内しまなみ海道」の景観や、人々の暮らしが見事に撮影された傑作ばかりです。

来島海峡サービスエリア2階休憩コーナーに展示している「瀬戸内しまなみ海道フォトコンテスト」入賞作品と合わせてご覧下さい。

また、休憩コーナーには無料でご利用いただけるマッサージ機や、畳のコーナーを設けておりますので、お客様にゆったりと過ごしていただけるスペースとなっております。是非ご利用ください。

 

四国・今治地方観光写真コンテスト受賞作品展示期間   2019年8月末までの予定

 

 

 

 

 

 

来島海峡サービスエリアで「来島太刀魚丼」を食べてきました。

来島海峡サービスエリアで、「そこでしか食べられない地域の方々に喜ばれる新メニュー」として開発された「来島太刀魚丼」が6月20日より提供が始まりましたので、早速食べてきました。

 

メインの丼の他に、味噌汁、漬け物、醤油ダレが添えられています。

 

 

まず目を引くのが、肉厚の太刀魚フライ(3本)です。丼なので天ぷらかと思っていましたが、洋風のフライです。脇には添えられた緑のシシトウが太刀魚フライを引き立てています。そして、糸唐辛子がてっぺんに乗っています。

おいしく見える色である黄色(太刀魚)、緑(シシトウ)、赤(糸唐辛子)のおかげで、食欲がそそられます。また、丼のご飯の上には、きざみ海苔が乗せられており、見た目でも楽しめます。

 

 

真上から見ると、こんな感じです。

 

 

それでは、早速添付の醤油ダレをお好みの量だけかけます。

 

 

どこから手をつけるべきか悩みますが、やはり太刀魚フライから頂きます。

表面はさくっとしていますが、中には淡泊でジューシーな白身がパンパンに詰まっており、一口かじるだけで太刀魚の味が口の中いっぱいに広がります。

シシトウも良い歯ごたえです

 

太刀魚とシシトウを食べると、ようやくご飯にたどりつきます。ご飯の上に乗せられた刻み海苔と甘い醤油ダレが絶妙にマッチし、箸が進みます。

 

 

脇役の味噌汁と漬け物もおいしく頂き、あっという間に完食しました。

おなかもいっぱいになり、ボリューム的にも満足です。

 

皆さんも、来島海峡サービスエリアを訪れた際には、ぜひ「来島太刀魚丼」を食べてみて下さい。

 

 

NEXT »