瀬戸大橋慰霊法要について

 

 2016年10月11日(火)、坂出市番の州緑町に於いて「瀬戸大橋慰霊法要」が執り行われました。

 

 この慰霊法要は、瀬戸中央自動車道関連工事に従事され惜しくも命をおとされた方の慰霊を目的として、毎年10月に実施されております。今年も、日蓮宗岡山立正青年会の会員18名による読経と唱題により、厳粛に営まれました。また、JB本四高速からは、社員15名が参列しました。

 

161011%ef%bc%91

 

161011%ef%bc%92

“瀬戸大橋慰霊法要について” への2件のフィードバック

  1. 尾花 宏和 より:

    尊い犠牲をいつまでも忘れず、現在の便利な状況が永く続くように日々のメンテナンスを宜しくお願い致しします。

  2. 坂出管理センター より:

    尾花 宏和  様
     ご投稿、有難うございました。
     私たちは、本州四国連絡高速道路が200年以上利用出来るよう万全な維持管理に取り組みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です