瀬戸大橋慰霊法要について

 2019年10月10日(木)、坂出市番の州緑町において「瀬戸大橋慰霊法要」が執り行われました。
 この慰霊法要は、瀬戸中央自動車道関連工事に従事されながらも不幸にして亡くなられた方の慰霊を目的として、毎年10月に実施されております。
 今年の法要は日蓮宗岡山立正青年会による読経と唱題により、厳粛に営まれました。JB本四高速からは、社員24名が参列しました。

障がいをお持ちの方を対象とした与島PA等見学会を開催しました

6月16日(日)に障がいをお持ちの方を対象とした与島PA等見学会を開催しました。

 

前日の悪天候が嘘のように快晴となった当日、介助の方を合わせて16名の方にご参加いただきました。

 

坂出からバスに乗り込んで、まずは倉敷自然史博物館へ向かいます。

 

館内にはナウマン象の親子の動く模型を始め、様々な動物や昆虫、植物など幅広い内容の展示があり、それぞれ見て触って聞くことのできる展示物が多くありました。
動物の毛皮を触ったり、虫の鳴き声を聞くコーナーは、参加者に特に人気でした。
 

 

 

博物館を堪能された後は、倉敷美観地区の散策です。
皆さま、自由に見て回られて、集合時間にはたくさんのお土産を抱えてバスに乗り込まれる方もいらっしゃいました。
 

 

 

お昼過ぎに倉敷を出発し、与島PAへと向かいます。
与島PAについてまずは、レストランやうどん店で昼食の時間です。
おいしく食べて、おなかいっぱいになっていただけて良かったです!
 

 

 

最後に与島PAを自由に散策いただき、いろいろな所を見ていただきました。
アンケートでご記入くださった、さまざまな目線で見たご意見、ご感想を取り入れ、誰もが使いやすい、よりよい与島PAにしていきたいと思います。
 

 

「瀬戸芸」に行ってきました

「瀬戸内国際芸術祭2019」が開催されていると聞き、瀬戸大橋が間近に見える沙弥島会場に行ってきました。

「瀬戸内国際芸術祭」とは?

瀬戸内国際芸術祭は、「海の復権」をテーマに掲げ、美しい自然と人間が交錯し交響してきた瀬戸内の島々に活力を取り戻し、瀬戸内が地球上のすべての地域の「希望の海」となることを目指しています(瀬戸内国際芸術祭2019 HPより)とのことです。

12の島と2つの港を会場として、様々な作品が展示されており、また、島々に残る伝統的な「食」も味わえるとのことで、地元では「瀬戸芸」と親しまれているようです。

沙弥島会場では、10の作品が展示されており、たくさんの人が訪れていました。

 

<沙弥島です>


 

<本日の島メシ(ひつ石のチヌめし)>

 

<ナカンダ浜と瀬戸芸横断幕>

 

<沙弥海水浴場>

 

<作品:そらあみ<島巡り>>

 

<作品:ヨタの漂う鬼の家>

 

<作品:階層・地層・層>

 

春会期は526日で終了しましたが、夏会期、秋会期が続きます。詳しくは瀬戸内国際芸術祭2019HPhttps://setouchi-artfest.jp/)をご覧ください。

皆様も是非、島と作品と食を体験されては如何でしょうか。

瀬戸大橋慰霊法要について

 

2018年10月10日(水)、坂出市番の州緑町に於いて「瀬戸大橋慰霊法要」が執り行われました。

この慰霊法要は、瀬戸中央自動車道関連工事に従事され惜しくも命をおとされた方の慰霊を目的として、毎年10月に実施されております。今年の法要には日蓮宗岡山立正青年会による読経と唱題により、厳粛に営まれました。JB本四高速からは、社員19名が参列しました。

善通寺駐屯地開設記念行事について

善通寺市にある自衛隊駐屯地において、第14旅団創設及び善通寺駐屯地開設68周年記念行事が、4月22日(日)に開催されました。当日は、ふだん入れない駐屯地内に一般市民の方も入場でき、式典や訓練の様子、観閲行進などを見学でき、お客様で賑わっていました。

 

観閲式の様子

 

善通寺市中での観閲行進の様子

 

 

瀬戸大橋慰霊法要について

2017年10月6日(金)、坂出市番の州緑町に於いて「瀬戸大橋慰霊法要」が執り行われました。

この慰霊法要は、瀬戸中央自動車道関連工事に従事され惜しくも命をおとされた方の慰霊を目的として、毎年10月に実施されております。今年の法要には、日蓮宗岡山県宗務所、日蓮宗岡山県修法師会、日蓮宗岡山立正青年会、及び日蓮宗香川県宗務所による読経と唱題により、厳粛に営まれました。JB本四高速からは、社員9名が参列しました。

 

 

 

 

 

 

 

塔頂体験ツア-における緊急搬出訓練を実施しました。!

瀬戸大橋の塔頂体験ツア-は、これまでに8000名を超えるお客様をご案内いたしました。その間、幸いにもお客様がお怪我や病気によって緊急搬送されたことはありません。
瀬戸大橋は、平成30年に開通30周年を迎えることとなり、例年、春秋に本四高速㈱が実施するスカイツア-に加え、四国旅客鉄道㈱との連携協定による塔頂体験ツア-を盛り込んだ有料バスツア-などより多くのお客様をご案内する機会が増えることが予想されております。 そのため、万一の場合、急病のお客様を安全・迅速に搬出するため、このたび、坂出市消防本部のご協力を得て、急病人等の搬出訓練を実施いたしました。

 

 

坂出北料金所安全通路設置工事完了のお知らせ

坂出北料金所では、昨年の平成28年11月から実施しておりました料金所の安全通路設置工事の現地作業が予定より早く4月28日をもって終了しました。
工事期間中におきましては、ETCレーンの閉鎖により皆様に大変ご迷惑をおかけいたしました。

 

 

 

この度は、工事へのご理解とご協力をいただき誠にありがとうございました。

 

7月31日(木)瀬戸大橋TV放送のお知らせ

 

NHKのTV番組で、次の通り瀬戸大橋が紹介されますのでお知らせします。

 

  【番組名】 NHK 「あさイチ」 (全国放送)

 

  【放送日】 平成26年7月31日(木) 8:15~9:54

 

  【放送内容】 一般の方が普段立ち入ることが出来ない「瀬戸大橋」の中が紹介されます。

 

 140728

                                                   ●写真はイメージです

 

11月13日(水)瀬戸大橋TV放送のお知らせ

 

NHKのTV番組で、次の通り瀬戸大橋が紹介されますのでお知らせします。

 

【番組名】NHK BSプレミアム「ぐるっと瀬戸内の旅(岡山)」

 

【放送日】平成25年11月13日(水)22:00~23:00

 

【放送内容】

 日本初の国立公園に指定された瀬戸内海。大小700をこえる島々が織りなす景観、豊かな海で長年続けられてきた伝統の暮らしが瀬戸内の特徴。

 番組では、瀬戸内各地ならではの海や水にまつわる絶景、暮らしや文化、グルメなどを伝えていく中で、北備讃瀬戸大橋塔頂より瀬戸大橋が紹介されます。

 

 93_A_34