障がいをお持ちの方を対象とした与島PA等見学会を開催しました

6月16日(日)に障がいをお持ちの方を対象とした与島PA等見学会を開催しました。

 

前日の悪天候が嘘のように快晴となった当日、介助の方を合わせて16名の方にご参加いただきました。

 

坂出からバスに乗り込んで、まずは倉敷自然史博物館へ向かいます。

 

館内にはナウマン象の親子の動く模型を始め、様々な動物や昆虫、植物など幅広い内容の展示があり、それぞれ見て触って聞くことのできる展示物が多くありました。
動物の毛皮を触ったり、虫の鳴き声を聞くコーナーは、参加者に特に人気でした。
 

 

 

博物館を堪能された後は、倉敷美観地区の散策です。
皆さま、自由に見て回られて、集合時間にはたくさんのお土産を抱えてバスに乗り込まれる方もいらっしゃいました。
 

 

 

お昼過ぎに倉敷を出発し、与島PAへと向かいます。
与島PAについてまずは、レストランやうどん店で昼食の時間です。
おいしく食べて、おなかいっぱいになっていただけて良かったです!
 

 

 

最後に与島PAを自由に散策いただき、いろいろな所を見ていただきました。
アンケートでご記入くださった、さまざまな目線で見たご意見、ご感想を取り入れ、誰もが使いやすい、よりよい与島PAにしていきたいと思います。
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です