• HOME
  • しまなみ海道とは
  • 観光情報
  • イベント情報
  • ブログ
HOME > ブログ

来島海峡SAがリニューアルオープンしました

瀬戸内しまなみ海道は、2019年5月1日に開通20周年を迎えます。それに先立ち、3月16日(土)、来島海峡サービスエリアがリニューアルオープンしました。

リニューアルに当たっては、お客様に今まで以上に快適にご利用いただけるよう施設を充実し、新コーナーも設置するなど、魅力あふれる施設に生まれ変わりました。

新しい施設の概要は次のとおりです。

●瀬戸内の海と島と橋が生み出す「非日常空間」をコンセプトに、来島海峡を望む展望テラスを新設
●2階建てとすることにより、ゆったりと過ごせる休憩スペース、リフレッシュルームや展望室等を新設
●売店の面積を拡張するとともに、カフェコーナーも新設し、来島海峡を望みながらゆっくりとお食事をしていただくため開放的で広いフードコートスペースを提供
●新たに24時間利用可能なベビールームを設置
●瀬戸内の海と島と橋が生み出す「しまなみ体験エリア」として瀬戸内の魚が水中を回遊している様子を再現したデジタル映像コーナー「しまなみ・かいゆうトピア」を新設。

新しいサービス棟の様子を紹介します。

【全景】

新しいサービス棟のデザインコンセプトの一つは、「駐車場から双眼鏡のように来島海峡を望む」となっており、駐車場側から海側に建物の高さが高くなっています。

 

下り線側駐車場より

 

夜の正面入口はこんな感じで昼間とは違う顔を見せてくれます

 

 

【展望テラス】

今回の改築の目玉は、二階展望テラスからの眺望です。二階建てにしたことにより、これまでより高い位置から来島海峡の素晴らしい景色を望むことができます。

 

 

 

そして、駐車場側からみると、この様に双眼鏡で覗いたような景色を見ることができます。

 

 

また、夜には間接照明による落ち着いた雰囲気で景色を楽しむことができます。

 

 

ちなみに、ライトアップの日に来島海峡大橋を展望テラスからみると、こんな感じになります。これまでの夜景スポットであった亀老山展望台や糸山展望台にも負けない非常に綺麗なライトアップされた来島海峡大橋を見ることができます。

 

 

【フードコート】

海側に面したフードコートは、大きな窓から来島海峡の景色を堪能しながらゆっくりと食事ができる雰囲気となっています。

 

 

【売店】

売店も広くなりました。売り場の中央には島々をつなぐ橋が配置され、その周囲に多島海をイメージした島状の商品展示棚が配置されています。

 

レジの位置を示すサインも灯台をイメージ。

 

【カフェコーナー】

今回新たにカフェコーナーも設置されています。

 

 

カフェコーナーの一番目立つ位置には、伝説の「蛇口からみかんジュース」が鎮座しています。

 

来島海峡サービスエリアを訪れた際は、是非お試し下さい。(残念ながら、有料です)

 

【休憩室】

二階展望テラスの内側には休憩室が用意されています。椅子に座ってゆっくりと景色を堪能できるようになっています。

 

 

そしてその奥には、なんとマッサージチェアと畳のスペースが用意されています。このマッサージチェアは無料で利用できます。(大勢の方にご利用いただくため、お一人15分まででお願いします。)

 

 

【ベビールーム】

インフォメーションの横には24時間利用可能なベビールームも用意されています。

 

 

調乳器

 

授乳室とオムツ交換台シート

 

【しまなみ・かいゆうトピア】

「しまなみ・かいゆうトピア」は、瀬戸内の海と島と橋が生み出す「しまなみ体験エリア」として瀬戸内の魚が水中を回遊している様子をデジタル画像で再現する施設です。

この施設の詳細については、別途紹介させていただきます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です