‘イベント情報’ カテゴリーのアーカイブ

平成29年9月9日(土)、橋の科学館 第29回 講演会を開催しました。

 第29回 講演会では、「世界一のうずしお島 ~鳴門海峡の渦潮・ユネスコ世界自然遺産登録を目指して~」と題し、うず潮を世界遺産にする淡路島民の会事務局長 山口平氏にお話をいただきました。
 今回の講演では、大鳴門橋の眼下に広がる、鳴門海峡の渦潮の魅力、ユネスコの世界自然遺産登録に向けた取り組みについて、ご紹介いただきました。

 はじめに、渦潮の魅力や、鳴門海峡における渦潮発生のメカニズムなどの紹介映像を鑑賞しました。次に、人型ロボット「Pepperくん」が渦潮の魅力について、ユーモラスに語ってくれました。

 その後、世界および日本における世界遺産登録数の現状、また海に関する世界遺産の数が非常に少ないこと、日本と海外の渦潮に対する意識の違いなどを説明していただきました。
 また、芸術家や芸能人、学者など様々な分野の方と協力して活動を行っていること、これから渦潮の世界遺産登録を目指すために、自治体含め一丸となって取り組んでいくことを熱く語っていただきました。

 実験コーナーでは、小学校への出前講座でも使用しているマグネチックスターラーやペットボトルを使用して、実際に渦潮を再現する実験を行いました。聴講された方も童心に返ったように、楽しんでおられました。

 聴講者から、「これだけ立派なものなのだから、自らアピールしなくても世界自然遺産になるのでは。是非世界自然遺産として登録されるよう頑張っていただきたい。」と取組を激励する発言もいただき、鳴門海峡の渦潮の素晴らしさについて皆さん改めて実感しておられました。

 次回の橋の科学館講演会は11月25日(土)に開催されます。
当社長大橋技術センター 防食・耐風グループリーダー 竹口昌弘氏より、「風による橋の振動と対策」について講演いただく予定です。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.hashinokagakukan.jp/news/shosai.php?id=110

会場の様子
会場の様子

圧巻の渦潮映像
圧巻の渦潮映像

渦潮の魅力を語るPepperくん
渦潮の魅力を語るPepperくん

マグネチックスターラーを使った実験
マグネチックスターラーを使った実験

ペットボトルを使った実験
ペットボトルを使った実験

参加者からの質問に答える山口氏
参加者からの質問に答える山口氏

 平成29年8月25日(金)、橋の科学館入館無料キャンペーン特別イベントとして、夏休み自由研究教室を開催しました。
 今回は、小学校低学年を対象とした「いろいろな橋」について、午前1回、午後2回に分けて行いました。(定員20名/回)
 平日にもかかわらず、75名の方に参加頂くほどの大盛況となり、急遽座席を増やして対応しました。
 教室では、桁橋、アーチ橋、トラス橋を中心にそれぞれ橋の特徴や仕組みなどを割り箸と輪ゴムで作った教材を用いるなどして説明しました。
 また、1枚の紙を使いそのまま台に載せた桁橋、台で支えたアーチ橋、じゃばら状に折り曲げて作ったトラス橋をそれぞれ作り、その上にコインを乗せ、橋の強度を体感したりと、実験を通じいろいろな橋のちがいについて学んで頂きました。
 説明の後、「橋の博士」になった皆さんには、ストローとひねもすジョイントを用いてストローブリッジを作製して頂きました。設計図、見本もない中で、それぞれオリジナルの橋を作って頂きました。悪戦苦闘しながらも、想像力、個性あふれる思い思いの“橋”が完成しました。
 最後に、「対決!」と称し、スタッフが作製した、2つの形式の異なるストローブリッジどちらがより大きい荷重に耐えられる強い橋かを予想してもらいました。
 いざ対決!ストローブリッジの重さは、小指でも持てる約10グラムの軽さですが、その軽い橋で作ったトラス橋が2.5㎏の重さにも耐えることが出来、これには、「スゴイっ!」と本日一番の歓声があがりました。
 1時間と短い時間でしたが、本州四国連絡橋をはじめ、身の周りにある橋について少しでも興味をもっていただけたなら嬉しく思います。

講義の様子
講義の様子
みなさん真剣に聞いています

割り箸と輪ゴムを使って橋の仕組みを説明
割り箸と輪ゴムを使って橋の仕組みを説明

コインを何枚乗せられるかな
コインを何枚乗せられるかな
(紙とコインを使った実習)

個性あふれるストローブリッジ作製中
個性あふれる
ストローブリッジ作製中

対決!どちらの橋が強いかな!?
対決!どちらの橋が強いかな!?

 平成29年8月5日(土)、明石海峡大橋を臨むJB本四高速舞子ビルにおいて、平成29年度 橋の日イベント「橋の模型づくり教室」が開催されました。
 このイベントは、兵庫県が主催し、公益財団法人兵庫県まちづくり技術センター及び当社が共催となり、小学校4年生から6年生までの20名が、高専・高校生の協力のもと、トラス橋、アーチ橋、斜張橋、吊橋の模型づくりに挑戦するという内容です。

 当日は、まず「橋のはなし」を国立明石工業高等専門学校の鍋島先生にして頂きました。
 発泡スチロールや模型等を用いた説明に加え、参加者の皆様にも実際に教材を使って体験して頂くことで、橋の仕組みや構造が感覚的にとても分かり易く伝わってきました。
 橋の構造形式には、桁橋、トラス橋、アーチ橋、斜張橋、吊橋があり、橋の支間長などで使い分けられているといった説明の後、橋毎の特徴を説明して頂きました。

 講義の後は、いよいよ模型づくりに挑戦です。小学生2名と高専生又は高校生3~4名が1チームとなり、橋の模型を2個製作しました。
 用意されたバルサ材、水糸等を使い、設計図どおりの形にカッターナイフで切ったり、接着剤で貼り付けたりしながら模型を作り上げていきました。カラフルな色のケーブルで出来た斜張橋や、花の形にバルサ材を切り抜いたかわいらしいアーチ橋など各チームそれぞれ特色ある橋ができあがりました。

 模型作りの後は、実際に明石海峡大橋の管理路を見学して頂きました。当社スタッフからの注意事項を聞いた後、アンカレイジの中を階段を使って約40mあがって頂きました。
 海上40mの管理路を、恐る恐る歩きながら、午前中に講義で学んだ橋の構造を実際に見て頂いたり、送水管や通信線等が通っていることなど学んで頂きました。

 短い時間ではありましたが、橋の模型作りや明石海峡大橋の見学を通じて、橋の構造や仕組みについて理解、関心を深め、ものづくりの楽しさを実感して頂けたらうれしく思います。

講義「橋のはなし」
講義「橋のはなし」

模型づくりの様子
模型づくりの様子

カラフルな斜張橋
カラフルな斜張橋

花いっぱいのアーチ橋
花いっぱいのアーチ橋

管理路見学の様子
管理路見学の様子

 平成29年7月29日(土)、明石海峡大橋を臨むJB本四高速舞子ビルにおいて、夏休み自由研究教室を開催しました。
 自由研究教室は、小学校4年生以上から中学生までを対象に、午前と午後の二部構成で行いました。
 午前の部は、「橋の役割」と管理路見学、午後の部は、「いろいろな橋」と管理路見学といった内容で行い、両方参加された方もいらっしゃいました。

 午前の部は、「橋の役割」と題し、明石海峡大橋をはじめとする本州四国連絡橋の役割について知ってもらいました。
 本州と四国の間に橋がつながったことで移動時間が短縮等され、多くの人やモノが行き来するようになったことや、橋に設置された送水管が暮らしの安心を守っている例を挙げるなどして、「橋の役割」を分かりやすくお話ししました。
 講義は、時折クイズを出題しながら楽しい雰囲気で進んでいき、意外な答えに「おぉ~」「すごい」といった声も上っていました。
 その後の管理路見学では、勉強した「橋の役割」を間近で体験してもらい、橋を支えるケーブル送気乾燥システムなどの当社の技術についても説明させていただきました。普段味わうことの出来ない景色を目にし、多くの方が記念撮影をされていました。

 午後の部は 、「いろいろな橋」と題し、橋の種類や特徴、仕組みなどについて知ってもらいました。
 講義では、割り箸と輪ゴムを使った実験や1枚の紙とコインを使った実験など行われ、参加者の皆さんは、橋の仕組みを実際に体験しながら学ぶことで「橋の博士」となりました。
 ストローブリッジを作る時間は、親子一緒になって様々な橋を作ってもらいました。材料はストローとジョイントだけで、設計図もありません。最初は悪戦苦闘しているように見えましたが、気がつけば皆さん思い思いの橋を完成させていました。
 スタッフも2つの橋を作成し、どちらがより強い橋かおもりを使って対決させました。皆さんに、どちらが強いか予想してもらい、いざ対決!2つの橋は似たような形をしているのですが、なんと耐えられるおもりの数は2倍以上違いがありました。これには皆さん大興奮でした。その後、午前と同様に管理路見学に向かいました。

 短い時間ではありましたが、本州四国連絡橋をはじめ、身の周りにある橋について少しでも興味をもっていただけたなら嬉しく思います。

次回は、8月25日に小学校低学年向けに実施します。
詳細はこちらをご覧ください。
http://www.jb-honshi.co.jp/corp_index/corp_press/corp_press_2017/170720press-2-2877/?ref=single7

この答えが正しいと思う人!
この答えが正しいと思う人!

ケーブル送気乾燥システムの説明を聞く皆さん
ケーブル送気乾燥システムの説明を聞く皆さん

紙の上にコインが何枚乗るかな
紙の上にコインが何枚乗るかな・・・

橋博士になれました!
橋博士になれました!

スタッフが作った橋で強さ対決
スタッフが作った橋で強さ対決

素敵な橋が完成しました
素敵な橋が完成しました

 平成29年5月28日(日)、通算6回目となる、障がい者の方を対象とした淡路サービスエリア等見学会を実施しました。

 障がい者の方に淡路サービスエリア等を見学していただき、ご意見やご感想を伺い、今後の施設づくりに役立てることを目的として行ったものです。

 当日は、介助者・ボランティアの方を含む23名の皆様に参加いただきました。

 午前、当社舞子ビルに集合し、バスに乗って出発。淡路サービスエリア(下り)では観覧車乗車、サービスエリア内見学、お買い物などをお楽しみいただきました。

 午後からは、鳴門公園内の「渦の道」を訪れ、大鳴門橋下に出現する迫力のある渦潮をご堪能いただいた後、当社舞子ビルにて解散しました。

 参加者からは、「淡路サービスエリアには、温かいお茶サービスがあり、うれしかった。」「大鳴門橋の下(補剛桁内)より見せていただき、あらためて工事の大きさに胸を打ちました。」など、貴重なお言葉をいただきました。

 当社では、参加いただいた皆様のご意見を踏まえ、今後の施設づくりに活かしてまいります。


観覧車へご案内


観覧車乗車


渦の道を案内する様子


渦の道の説明を聞く参加者