櫃石島高架橋(トラス部)で支承交換工事を行いました

この橋梁(橋長:約100m、重さ:約4千トン)は、4基の鋼製支承で支えられており、自動車と鉄道が走る橋梁の支承交換工事としては、過去最大の工事になります。

工事は、最初に四国側の支承2基のそばに4基のジャッキを置き、橋桁を支承位置で3mm持ち上げて、既設の鋼製支承をゴム支承に交換しました。四国側の支承交換完了後、本州側の2基も同様に交換を実施しました。なお、橋桁を持ち上げる作業は、列車走行の安全性から夜間の列車が運行していない時間帯に実施しています。

交換したゴム支承が、地震時に地上から橋桁に伝わる揺れを免震(低減)するため、橋梁全体の耐震性能が向上しました。

瀬戸大橋(海峡部)の耐震補強工事は、平成26年から順次進めており、平成32年度末の完成を目指し、引き続き工事を進めて参ります。

 

軌陸車を用いた夜間点検を実施しました

瀬戸大橋は道路と鉄道の二階構造となっています。

二階にあたる道路桁が鋼桁部分は、塗装塗替なども考慮して、点検や補修のための専用作業車が道路桁下面に設置されています。一方、塗替塗装の必要がないコンクリート桁部分には専用作業車が設置されていません。

点検作業は、鋼桁下面部分は専用作業車をもちいて日中に行っていますが、コンクリート桁下面部分は列車が運行されない夜間に一階にあたる鉄道桁上面から行う必要があるため、軌陸車という特殊車両をJR四国様にお借りして実施しています。

この軌陸車は、道路上はタイヤにより、鉄道上は鉄輪により走行できる特殊車両であり、写真のように鉄道階のレール上を移動することで、限られた時間内に速やかに橋桁裏側に近接して点検することができます。

なお、点検は毎年順次実施していますが、今年度の点検は櫃石島高架橋の一部において、4~8月の13日間(概ねAM1時~4時)で実施し、無事完了しています。

 

瀬戸大橋開通30周年記念 瀬戸内宝探しイベント「流星群からの旅人」開催中

瀬戸大橋開通30周年記念としまして、10月6日から瀬戸内宝探しイベント「流星群からの旅人」を開催しています。

 

本四高速道路のSA・PA等で配布している冊子(宝の地図)に記された場所(与島PA、瀬戸大橋記念公園、鷲羽山展望台、豊浜SA(上下)、吉備SA(上下)、淡路SA(上下)、来島海峡SAの計7箇所)に行き、宝の地図を手がかりに宝箱を探し出すイベントです。

宝箱の中には「流星群からの旅人」(かわいい妖精)とキーワードが隠れています。このキーワードと必要事項を記入してご応募いただくと、応募者の中から抽選で岡山県、香川県の特産品やわたるのぬいぐるみを総勢151名の方にプレゼントします。

 

平成31年1月末まで開催していますので、ご家族やお友達と、宝探しに出かけてみてはいかがですか。

宝箱だけでなく、瀬戸内の魅力や絶景ポイントなどを見つけることが出来るかも。

 

※詳細につきましては下記ホームページでご確認ください。

 

瀬戸内宝探しイベント「流星群からの旅人」

瀨戸大橋開通30周年記念イベント 瀨戸大橋スカイツアー(秋)の開催について

例年、春と秋に開催している瀨戸大橋スカイツアーを、今年は瀨戸大橋開通30周年記念イベントとして従来の4日間を6日間に拡大して開催しました。

開催日は、10月19日(金)~10月21日(日)、10月26日(金)~10月28日(日)で計900名(1日150名)のお客様にご参加いただきました。

昨年秋のスカイツアーは、台風の影響で残念ながら中止となりましたが、今年は天候に恵まれ無事に開催することができました。

このツアーは、毎回多数の応募をいただいており、今年は日数が増えたにもかかわらず10.4倍の応募をいただきました。たくさんのご応募本当にありがとうございました。

ツアーの流れですが、参加者の方は、まず、受付後にヘルメット・軍手の着用、落下防止対策としてメガネ・スマホ等へのストラップ等の準備を行っていただきます。その後、案内担当の当社社員が、行程及び注意事項を説明した後に北備讃瀨戸大橋の塔頂175mに向けて出発します。

 

(瀨戸大橋スカイツアー受付)

(当社社員による説明の様子)

(いざ北備讃瀬戸大橋塔頂へ出発)

(道路・鉄道併用橋の鉄道階の管理路を塔頂に向かって進みます。)

(北備讃瀨戸大橋へ いざ2Pへ塔頂!!)

お客様には、北備讃瀬戸大橋・塔頂175mからの瀨戸大橋の雄大な景色と瀬戸内海の多島美の絶景を堪能していただきました。

この後、全員で集合写真を撮影し、最後に受付で北備讃瀨戸大橋2P塔頂達成の認定証をお客様にお渡しいたしました。

 

 

陸上自衛隊との合同訓練を実施しました

平成30年10月14日(日)に南海トラフ地震を想定した陸上自衛隊との合同訓練を実施しました。

 

訓練は、地震により道路に段差ができて四国への支援車両が通行できないため、陸上自衛隊が緊急復旧を行うという設定で情報連絡や緊急復旧作業を行いました。

情報連絡についてはJB本四高速から陸上自衛隊への道路被害情報の提供、緊急復旧作業については陸上自衛隊が段差ができている箇所に土のうを並べ、その上に鉄板を置いて車両が通れるようにしました。

 

南海トラフ地震が発生した場合、四国は甚大な被害が想定されています。瀬戸中央道は、四国への支援のための重要な道路であることから、今後も関係機関と連携した備えを行って行きます。

 

訓練開催

訓練開催

段差箇所への土のう設置

段差箇所への土のう設置

段差箇所への鉄板設置

段差箇所への鉄板設置

支援車両の走行

支援車両の走行

支援車両の走行

支援車両の走行

瀬戸大橋慰霊法要について

 

2018年10月10日(水)、坂出市番の州緑町に於いて「瀬戸大橋慰霊法要」が執り行われました。

この慰霊法要は、瀬戸中央自動車道関連工事に従事され惜しくも命をおとされた方の慰霊を目的として、毎年10月に実施されております。今年の法要には日蓮宗岡山立正青年会による読経と唱題により、厳粛に営まれました。JB本四高速からは、社員19名が参列しました。

交通安全と不正通行防止キャンペーンを実施しました!!

9月25日(火)に与島PAにおいて交通安全と不正通行防止キャンペーンを実施しました。
当日は、JB本四高速グループ、香川県警高速隊、香川県高速道路交通安全協議会などの皆さんが参加して、お客様に交通安全や不正通行防止を呼びかけるとともに、交通安全に関するグッズを配布しました。
また、パトロールカーの乗車体験や「わたる」も出動して、お子さんにも楽しんでいただけました。

 

JB本四高速グループ、香川県警高速隊、高速道路交通安全協議会の皆さん

わたるも交通安全をPR!!

パトカーはかっこいいよね!!

 

 

瀬戸大橋開通30周年記念合同イベント レシ-トキャンペ-ン開催!!

只今、高松自動車道 豊浜SA(上下線)と与島PAの両方でお買物またはご飲食をいただいたお客様に、両方のPAとSAのレシ-トの合計額2,500円(自販機・券売機は対象外)ごとにミニカ-1台をプレゼントしております。それぞれ200個限定となっておりますので、皆様、ふるってご参加ください。

 

・実施期間  平成30年9月1日(土)~9月30日(月)

・実施場所  高松自動車道 豊浜SA(上・下線)、瀬戸中央自動車道 与島PA

※粗品がなくなり次第修了いたします。

 

(JB本四高速のパトロ-ルカ-のプルバックカ-)

 

 

※このイベントは、今週限りとなっておりますので、皆様奮ってご参加ください。

 

※詳細は、下記のリンク先をクリックしてください。

はしやすめ http://www.jb-highway.co.jp/topics/shosai.php?id=163

 

 

 

橋の日のおもてなし

8月4日(土)は、「は(8)し(4)」の語呂合わせで『橋の日』という事で、瀬戸中央自動車道 与島PA、鴻ノ池SAで、当日、お食事等をされたお客様に「四国萌え隊」のキャラが印刷された瀬戸大橋の箸2,018名分をプレゼントしました。

 

鴻ノ池SA

与島パ-キングエリア

瀬戸大橋の箸プレゼント!

 

 

お食事等をされたお客様に大変喜んで頂きました。

今後とも、瀬戸中央自動車道をご利用の際は、是非、鴻ノ池SA、与島PAにもお立ち寄りください。

 

 

障がいをお持ちの方を対象とした与島PA見学会

6月6日(水)に与島パーキングエリアで障がいをお持ちの方を対象とした見学会を実施しました。この見学会は、お客様がより利用しやすい施設づくりに役立てることを目的として平成25年度より他のルートでは開催されていましたが、Dルートでは初めての開催となりました。

 

当日は小雨の降る中、23名の方にご参加頂きました。午前中は岡山県倉敷市の大原美術館で「受胎告知(エル・グレコ作)」「睡蓮(モネ作)」等の近現代の西洋美術を中心とした美術品の数々をご観覧頂きました。

その後与島PAで昼食後、リニューアルしたトイレや売店、レストハウス及び展望台等をご案内し、利用した感想や意見をアンケートとして提出して頂きました。アンケートの結果としては満足して頂けた声が多く、また寄りたいと書かれた方も多くいらっしゃいましたが、中には今後の改修の参考となる意見も頂きました。

 

今後もすべてのお客様が使いやすいパーキングエリアとなるよう、このような見学会も実施しながら改修計画を立てていきたいと思います。

 

 

 

【バスに乗り込んで出発です】

 

【まずは大原美術館へ】

 

【ウェルカムレクチャーで見所を教えてもらってからの観覧でした】

 

【与島プラザ前に新設したスロープをご利用頂きました】

 

【リニューアルしたレストランやうどん店で昼食です】

 

【リニューアルしたトイレを説明している様子】

 

【展望台にはエレベーターでいけるようになりました】

 

【新設した展望台のスロープをお試し頂きました】

 

 

NEXT »