陸上自衛隊との合同訓練を実施しました

2月21日(金)に、陸上自衛隊第14旅団と香川県警察本部交通部高速道路交通警察隊と合同防災訓練を坂出管理センターで実施しました。
訓練には関係者約60人が参加、南海トラフ地震が発生し、瀬戸大橋の路面に約20cmの段差が生じたことを想定して、愛知県から災害派遣要請を受けた陸上自衛隊
第14旅団善通寺駐屯地の部隊が進出する際に、本四高速が保有する資材を活用して応急復旧作業を実施する手順を確認しました。
本四高速道路は、大規模災害発生時には本州・四国間の緊急輸送路としての機能を確保することが求められており、このような訓練を実施することで、その役割を
果たすことができるよう努めてまいります。

土のう袋による段差修正

応急復旧箇所の走行確認

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください