瀬⼾⼤橋を夜間⼀時通⾏⽌めし、塗替塗装工事の設備を移設する作業を⾏いました

いつも瀬⼾⼤橋をご利⽤いただき、誠にありがとうございます。

当社は、お客様に安全・安心・快適な道路サービスの提供と、200年以上の長期にわたりその機能を果たすため、本四高速道路の適切な維持管理に努めています。

現在、瀬戸大橋の塗替塗装工事を進めておりますが、その作業の一環として、先日3月9日(月)の未明から早朝にかけて3度にわたり瀬戸大橋を一時通行止めし、設備を移設する作業を行いました。

作業内容は、岩⿊島橋2P(岡山県側の塔)に架設している安全設備(路面防護工)を、岩⿊島橋3P(香川県側の塔)へ移設する作業で、この路面防護工は斜張橋の塔の塗替塗装工事で使用する作業基地となっているものです。

一時通行止めは、当初は3月8 日の予定でしたが、雨風等の気象条件が悪く、1日順延して3月9日の0:00〜0:35、2:00〜2:35、4:00〜4:30の間で実施しました。

移設作業は順調に推移し、予定の通行止め時間内に終了させることができました。一時通行止め実施に当たり、お客様には大変ご迷惑をおかけしました。

 

 

 

引き続き、岩⿊島橋付近の上下線約1km の範囲で、昼夜連続の追越車線規制を実施しておりますので、走行時には十分注意していただきますようお願いいたします。

これからも安全第一に作業を行ないますので、工事へのご理解とご協力をお願いいたし

ます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください