12月21日(水)の午後、徳島県警察本部 交通部 高速道路交通警察隊、西日本高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路(株)で神戸淡路鳴門自動車道 鳴門北インターチェンジを利用されるドライバーの皆様にチラシや粗品を配布し交通安全への呼びかけを行いました。

また、四国放送ラジオの放送番組内で交通安全キャンペーンの取材があり、徳島県警察本部 交通部 高速道路交通警察隊の田中副隊長に生出演していただき、2016年の徳島県下の交通事故の発生状況や、年末を迎え高速道路を利用するドライバーに向けての安全運転の呼びかけがありました。

そこで、この記事をご覧の皆様にもお願いです。

①高速道路では必ず全席シートベルトを着用してください。
②年末年始には高速道路の通行量が増加し渋滞が発生することがあります。
この場合に追突事故がよく発生しますので、渋滞の最後尾になったときは、ハザードを点灯し後続車に合図をしてください。
また、十分な車間距離をとってスピードも控えめにお願いします。
③この時期、日没が早いので、日没の30分前のライト点灯にご協力をお願いします。
④運転中のスマホや携帯電話の操作は絶対にしないようにしましょう。
⑤もし、交通事故や車の故障の際は、車内で留まることなく、慌てずガードレールの外側などへ移動して、安全な場所から非常電話や警察に連絡をするようお願いします。

車内や車道で待機していると後続車両が突っ込んでくる場合がありますので、くれぐれも用心してください。

※徳島県では12月18日県下全域に交通死亡事故多発警報が発令されました。
年末年始は高速道路の混雑が予想されます。交通ルールを守って、新しい年を笑顔で迎えられるよう心にゆとりをもって安全運転でお願いします。

1件のコメント

  1. admin より:

    test

コメントをどうぞ

コメントは承認されるまでは表示されません。