1. 企業情報サイト
  2. 技術情報
  3. 本四技報
  4. Vol.22 No.88 1998.10

本四技報 HONSHI TECHNICAL REPORT

Vol.22 No.88 1998.10

※技術論文タイトル横の▸をクリックすると、概要が表示されます。

* By clicking ▸ on the title of Technical Reports, abstract will be indicated.

【巻頭言】Prefatory note

  • 未来の古道

    Historic Roads in the Future

    中嶋行彦

    Yukihiko Nakajima

【技術論文】Technical report

  • 磁石車輪ゴンドラの開発

    Development of Magnetic-Wheeled Gondola

    土山正己・坂本光重

    Masami Tsuchiyama, Mitsusige Sakamoto

    吊橋や斜張橋の塔・発電所の煙突・石油タンク等、多くの高層構造物が建設されている。通常、これらの防錆には塗装が用いられているため、定期的な点検や補修が不可欠になる。この点検や補修作業にはゴンドラが多用されているが、ゴンドラは風によって揺れやすいため危険であるばかりでなく稼働率が低下する難点がある。揺れを防ぐため真空吸着盤や磁石による揺れ止めが試みられているが、昇降時に盛り換えが必要になるため、作業能率が低下する。今回開発した磁石車輪ゴンドラは連続吸着するため揺れは微少であり、また、ステアリング機構により塔壁の任意の位置に移動できるため、安全性と作業能率を著しく向上させることができる。

    Many high-rise steel structures, such as towers of suspension bridges, stacks and oil reservoir tanks of power plants, are primarily protected from corrosion by coating. Therefore, periodic inspection and repair works are indispensable.

    Suspended gondola is widely used for these operations, however, it is sensitive to wind and its motion decreases operability. However effective some anti-swing devices by vacuum or magnetic pads may be, they are less than adequate in termes of efficiency, because touch and draw operations of sticking gears becomes necessary when the gondola changes its location.

    This paper introduces the development of a gondola with magnet-enveloped wheels, which allows all-direction movement by wheels sticking to wall, together with its steering function.

    This swing-free gondola tremendously improves operability, efficiency as well as safety.

  • 多々羅大橋上部工の実施設計

    Design of Superstructure for Tatara Bridge

    藤原亨・森山彰・川西直樹

    Toru Fujiwara, Akira Moriyama, Naoki Kawanishi

    多々羅大橋はこれまでの斜張橋の適用支間を大幅に上回わる中央支間長890mの長大斜張橋であり、側径間の一部をPC桁とし鋼桁と連結した複合主桁形式を採用している。

    実施設計にあたっては、耐風安定性、耐震性の動的安全性の調査とともに、軸力が卓越する主桁の座屈設計、塔、主桁および全体系の座屈安定性の照査等、長支間化に伴う橋梁の静的安全性の照査が重要な課題であった。また、鋼桁とPC桁の材料特性、構造特性の相違を考慮した構造解析手法や、塔柱隅角部、ケーブル定着部及び疲労を考慮した鋼床版のディテールなどの構造詳細についても詳細な検討を行った。

    本稿は、上記項目の実施設計での対応の他、上部構造の全般についてその設計概要を報告する。

    Tatara Bridge has a long-span cable-stayed deck with a center span of 890 m and PC deck on its both side spans, especially its center span is far beyond the ordinary concept on adaptable span. In design major subjects were conquered: verification with aerodynamic and seismic stability, buckling stability of deck, which is governed by axial force, verification with buckling stability on pylon, deck, and whole structure, and total static stability of long-span structure. In addition, extensive studies were made on structural analysis considering material and structural characteristics of steel and PC, as well as on structural details of geometric corner of pylon, cable support, and steel floor system bearing fatigue. This paper reports these structural studies and outline of design on superstructure.

  • 多々羅大橋上部工の架設(第二報)-鋼桁及びケーブルの架設-

    Erection of Tatara Bridge Superstructure (Report II)-Erection of Steel Deck and Cable-

    平原伸幸・村田知司

    Nobuyuki Hirahara, Tomoji Murata

    多々羅大橋は、西瀬戸自動車道のほぼ中央に位置する鋼・PCの複合箱桁形式を有する斜張橋であり、完成すれば中央径間長890mで世界最大となる。

    本稿は、多々羅大橋上部工工事のうち、各ブロック割に基づく鋼桁の架設、ケーブルの架設及び架設精度管理について主桁閉合までを報告するものである。

    Tatara Bridge is a cable-stayed bridge with a composite deck of the steel and the prestressed concrete, which is located nearly midst of Nishi-Seto Expressway. This paper repots the works on erection of steel deck block by block, including cable erection and accuracy management in the works.

  • 来島大橋大型風洞試験報告

    Report on Large Scale Wind Tunnel Test of Kurushima Bridge

    古屋信明・鳥海隆一・竹口昌弘

    Nobuaki Furuya, Ryuichi Toriumi, Masahiro Takeguchi

    大型風洞施設において、来島大橋の完成系、架設系を対象にした全橋模型風洞試験を実施した。その内容は、長大吊橋の構造特性を精度良く再現して、橋梁全体系の対風挙動を照査するための大型全橋模型風洞試験と、周辺地系の影響を考慮するための地形模型風洞試験である。その結果来島大橋は、渦励振、ガスト応答ともに耐風安定性に問題ないことが確認された。またフラッターについては、架設系において無対策では照査風速を満足しないが、クロスハンガーを設置することで、照査風速を満足することが確認された。

    Full model wind tunnel study was done on the structural systems of completion and erection stages of Kurushima Bridge. The study was composed of two wind tunnel tests: one with a large size full model to study aerodynamic motion of whole bridge structure in high accuracy, and the other with wide area terrain model to study surrounding topographical influence. As a result, Kurushima Bridge proved no problem with both vortex excitaition and gust response. In addition, it also proved an effective measure by cross hunger system during erection stage, though it might be unstable without a countermeasure.

【海外報告】Overseas report

  • オープングレーチング床版を用いた橋梁の調査

    Investigation on Bridges Employing Grating Floor System

    仁木清貴

    Kiyotaka Niki

  • デンマーク・スウェーデンの海峡連絡路-グレートベルト橋、オーレスン海峡連絡路-

    Strait Crossing Link between Denmark and Sweden -Great Belt Bridge and Oresund Strait Crossing Link –

    鳥海隆一

    Ryuichi Toriumi

【技術ニュース】Technical news