1. 企業情報サイト
  2. 技術情報
  3. 本四技報
  4. Vol.38 No.121 2013.9

本四技報 HONSHI TECHNICAL REPORT

Vol.38 No.121 2013.9

※技術論文タイトル横の▸をクリックすると、概要が表示されます。

* By clicking ▸ on the title of Technical Reports, abstract will be indicated.

【巻頭言】Prefatory note

  • 技術の横串を通そう

    Technological capability improvement by integration of basic technologies and applied technologies

    三原修二

    Shuji Mihara

【技術論文】Technical report

  • 海峡部橋梁マスコンクリート表面被覆要領の制定

    Establishment of Guideline for Coating of Mass Concrete Structure of Long-Span Bridge

    荻原勝也・花井拓

    Katsuya Ogihara, Taku Hanai

    本州四国連絡橋海峡部橋梁の基礎は大規模なマスコンクリート構造物であるが、これらを長期間にわたって健全に維持管理していくためには、劣化要因である塩分や二酸化炭素の侵入を抑制していく必要がある。このため、本州四国連絡橋においては、多くの基礎においてコンクリートの表面被覆が実施されている。施工当初の試験施工結果に加え、施工から10~20年が経過した実施工箇所の経年劣化調査を踏まえて、「海峡部橋梁マスコンクリート表面被覆要領」を制定した。

    本報告では、これまでの検討経緯をまとめるとともに、要領のポイントについて紹介する。

    The foundations of the Honshu-Shikoku Bridges are large-scale mass concrete structures. In order to maintain them in a good shape, it is indispensable to prevent intrusion of deterioration factors such as salt, carbon dioxide, etc. For this purpose, surface coatings were applied to many of the foundations. Based on the survey of the coatings applied on the actual foundations and exposed for about 10 to 20 years in addition to the results of insitu testing conducted at the time of application, “Guideline for Coating of Mass Concrete Structure of Long-Span Bridge” was established.

    In this report, series of surveys and their results are summarized. And the key points of the Guideline are explained.

  • 非破壊検査による吊橋ハンガーロープの経年変化の調査

    Follow-up of corrosion suspender ropes by non-destructive inspection

    大谷康史・森山彰・貴志友基

    Yasushi Ohtani, Akira Moriyama, Yuki Kishi

    吊橋ハンガーロープには外観目視で腐食が確認されたため、腐食による断面減少量を定量的に把握できる非破壊検査手法として全磁束法を開発し、腐食状況調査を行っている。因島大橋では平成12~14年にハンガーロープ一般部の全磁束法による調査を行い、腐食が軽微であることを確認しているが、腐食状況の経年変化を把握することを目的に追跡調査を行った。一方、大鳴門橋では、桁側定着部付近に著しい腐食が発生しており、現在その補修を進めているところであり、この補修による腐食進行の抑制効果を確認するために追跡調査を行った。これら、腐食状況の経年変化を把握する目的で実施した全磁束法による追跡調査により、明らかな腐食の進行は見られないことを確認したので、その結果について報告する。

    As corrosions were found on the suspender ropes of some suspension bridges by visual inspection, main flux method, which is able to detect internal corrosion situation accurately, was developed and has been applied as a nondestructive inspection method. The corroded suspender ropes of the Innoshima Bridge and the repaired suspender ropes of the Ohnaruto Bridge, inspected in the past, were inspected again by the method. Since remarkable corrosions were observed at the anchoring part of the suspender ropes of the Ohnaruto Bridge, these corrosions have been repaired. It was confirmed that there was no significant progress of corrosion by these follow-up inspections.

  • 舗装マネジメントシステムの構築

    Development of Pavement management system for Honshu-Shikoku Bridge Expressway

    杉山剛史・今井清裕

    Takeshi Sugiyama, Kiyohiro Imai

    本州四国連絡高速道路における舗装の機能水準とお客様へのサービスレベルを維持しつつ、効率的な維持管理計画の立案を支援するために、舗装マネジメントシステム(JBPMS)を構築した。このシステムは、データベースシステム、マネジメントシステム、表示システムの3つの機能から構成している。データベースシステムは、車線を10mごとに分割し各区画に舗装に関する各種データを登録する仕組みとしている。マネジメントシステムは、舗装に関する各種データを活用した舗装の劣化予測、劣化予測結果による舗装補修シミュレーション、舗装補修箇所の選定及び中・長期的な舗装補修工事の投資計画等の支援を行う機能を備えている。また、意思決定の支援を行うため、表示システムとして劣化予測結果やシミュレーションの結果を表示するGISと連携する機能を付与している。

    In order to maintain the road surface and to determine an effective maintenance plan, Pavement Management System (JBPMS) for Honshu Shikoku Bridge Expressway has been developed. JBPMS is comprised of three functions including a database system, a management system, and a mapping system. The database system accepts various precise data used in the management system. The management system extracts data by taking into accounts various options from the database system, classifies the extracted data, and performs a deterioration prediction. In addition, the management system conducts an economic analysis and assists pavement management decisions. The mapping system displays results obtained by the management system on a large scale Geographic Information System (GIS) in order to support decision making. GIS presents road structures such as embankments, cutting slopes, tunnels, and bridges to identify the location of pavement.

【海外報告】Overseas report

  • マタディ橋維持管理能力向上プロジェクト

    Overseas Report (Project on capacity development for bridge management)

    竹内政彦

    Masahiko Takeuchi

【長大橋技術センターアニュアルレポート】Annual report of Long-Span Bridge Engineering Center

  • 主塔内防食手法の検討

    Study on Corrosion Protection for the Inside of Steel Towers

    荻原勝也・竹内政彦

    Katsuya Ogihara, Masahiko Takeuchi

  • 本四陸上部橋梁の耐震補強検討

    Study on Seismic Retrofit of Honshu-Shikoku Bridges (Other than Long Span Bridges)

    福永勧・竹口昌弘・河藤千尋

    Susumu Fukunaga, Masahiro Takeguchi, Chihiro Kawatoh

  • 疲労対策への取組(疲労対策チーム活動)

    Efforts against fatigue damage (Activity by the project team against fatigue)

    小林義弘

    Yoshihiro Kobayashi

【技術ニュース】Technical news