1. 企業情報サイト
  2. 技術情報
  3. 本四技報
  4. Vol.22 No.86 1998.4

本四技報 HONSHI TECHNICAL REPORT

Vol.22 No.86 1998.4

※技術論文タイトル横の▸をクリックすると、概要が表示されます。

* By clicking ▸ on the title of Technical Reports, abstract will be indicated.

【巻頭言】Prefatory note

  • 明石海峡大橋にあたって思うこと

    Some Thoughts of the Akashi Kaikyo Bridge

    佐伯彰一

    Shoichi Saeki

【特集号コラム】Column for special issue

  • 印象に残る海中工事

    Impressive Undersea Work

    加島聰

    Satoshi Kashima

  • 明石海峡大橋と私

    The Akashi Kaikyo Bridge and I

    北川信

    Makoto Kitagawa

【技術論文】Technical report

  • 明石海峡大橋ケーブルの製作・架設

    Fabrication and Erection of Cable of the Akashi Kaikyo Bridge

    河口浩二

    Koji Kawaguchi

    明石海峡大橋のケーブル工事は、本橋が既設吊橋の施工実績をはるかに超える規模であるため、従来の経験の延長線上では対処しきれず、計画・設計・製作・架設のあらゆる面で種々の新技術、新工法を検討し、採用することが必要となった。 本稿では、ケーブルストランド、ケーブルバンド製作の品質管理、ケーブルストランド架設、ケーブルスクイズの施工の概要を報告するものである。

    The cable work of the Akashi Kaikyo Bridge required various latest technology and methods in planning, design, fabrication and erection in addition to ordinary ones, because the scale of bridge would be far beyond the precedent. This paper reports quality control in fabrication of cable strands and cable bands, and work on strands installation and cable squeezing.

  • 明石海峡大橋補剛桁製作・架設工事

    Fabrication and Erection Work of the Akashi Kaikyo Bridge Stiffening Girder

    大江慎一・今井清裕・杉本健

    Shinichi Ohe, Kiyohiro lmai, Takeshi Sugimoto

    明石海峡大橋補剛桁の製作上の特徴は、本四橋として初めて予熱低減型調質高張力鋼を用いたこと、PWSハンガーロープ定着構造がピンプレートとなっていること等が挙げられる。

    また、架設工法は架設当初のFCによる大ブロック架設とその後の面材架設とからなる。そのうち、面材架設の特徴として、橋上の部材輸送のゴムタイヤ式自走式運搬台車を用いたこと、短ハンガー部の面材架設に特殊天秤を採用し、従来の主ケーブルへの盛替架設を回避したこと等が挙げられる。

    本報告は、これらの補剛桁の製作・架設上の特徴を中心にその概要を述べたものである。

    Fabrication of stiffening girder of Akashi Kaikyo Bridge was featured by the use of low preheat type quenched and tempered high-strength steel, which was for the first time employment in the Honshu-Shikoku Bridges, and a pin-plate structure for the PWS hunger ropes. Erection work of the girder consists of large block work by floating crane and the succeeding work for plane blocks. These works adopted self-propelling type carriers of rubber wheels for plane block transportation on the deck and developed several hunger device for installation of the block, which made unemployment of ordinary double action erection work using a main cable of the suspension bridge.

  • 明石海峡大橋鋼床版舗装

    The Pavement on the Steel Deck of the Akashi Kaikyo Bridge

    栗野純孝・森下尊久

    Sumitaka Kurino, Takahisa Morishita

    明石海峡大橋の舗装工事にあたっては、最大20径間の超多径間連続鋼床版上に高温のグースアスファルトを舗装することから、鋼床版の挙動について種々の検討を行った結果、支承部のボルトを緩める、縦断方向施工長に制限を持つ横断方向5レーン分割の舗装パターンを採用する、などの事前対策を講じ、安全な施工を実施した。

    本文では、上記の対策を採用した経緯等について報告する。

    The pavement on the Akashi Kaikyo Bridge is composed of the Guss asphalt, which would be paved over a 20-span continuous steel deck with a high temperature. Heat analysis on the steel floor was thus conducted for various factors, and the prior countermeasures were taken such as loosening of floor bolts before the paving work and adoption of the pavement patterns composed of 5- lane longitudinal divisions with a length limit and safety construction was executed. This paper reports the course of study on the pavement system.

  • 明石海峡大橋動態観測システム

    Monitoring System of the Akashi Kaikyo Bridge

    阿部和智・天野耕一

    Kazutomo Abe, Koichi Amano

    明石海峡大橋の設計にあたっては、その規模、構造的特徴から明石海峡大橋の検討用に新たに開発、実用化した耐風・耐震設計理論や、明石海峡大橋用の諸定数等を使用している。台風や地震など不確定要素の多い自然外乱に対する長大吊橋の動的応答は、複雑な挙動が予想されることから、本動態観測システムで実橋の応答を観測することにより、明石海峡大橋の強風及び地震時における設計を検証し、そのデータは今後の超長大橋の設計に資するものと考えられる。観測設備は、強風及び地震時に確実にデータ収録出来るシステムであること、また観測データとシステム自身の監視並びに障害の通知機能を有することに重点を置いた。

    The design of the Akashi Kaikyo Bridge adopted some newly developed design codes for aerodynamic and seismic stability, and design constants because of the bridge scale. The dynamic response against the strong wind and the earthquake are subject to unknown factors and uneasy to predict. Therefore, the monitoring system aims at collection of the data on dynamic response of the bridge in order to verify the design assumptions used for the strong wind and the earthquake, and develop the further design in more rational way. The observation system was developed to be a reliable device to monitor the bridge in earthquake or typhoon accurately, and to have a self-check function to monitor the disorder of the system itself.

  • 明石海峡大橋の維持管理設備

    Maintenance Facility for the Akashi Kaikyo Bridge

    越智数夫・山本浩之・小野祥史・小谷剛

    Kazuo Ochi, Hiroyuki Yamamoto,
    Yoshifumi Ono, Tuyoshi Kotani

    明石海峡大橋の維持管理設備は、既設橋梁の維持管理設備を手本にしているが、これまでの管理経験から得た知見、及び新技術等を設備の計画、設計、製造に反映しておりこれらを含めた機械設備(桁外面・桁内面作業車、塔作業車、エレベータ設備、海峡部防災設備)及び電気・通信設備(受配電・自家発電設備・ITV設備、道路照明設備、航行援助設備)について報告するものである。

    Although the maintenance facility for the Akashi Kaikyo Bridge was designed along with the basis on the previous Honshu-Shikoku Bridges, there are some improvements on the planning, design, and fabrication, which reflected new technologies and experience on the maintenance works ever done. This paper introduces various facility as machinery (work vehicle, elevator, emergency device), and electrical and electronic devices (electricity, ITV, roadway light, sea navigation lights, etc.)

  • 明石海峡大橋のライトアップ

    Light-up of the Akashi Kaikyo Bridge

    阿部和智・日里正夫

    Kazutomo Abe, Masao Hisato

    明石海峡大橋の橋梁照明は、平成5年11月に兵庫県及び神戸市から提出された設置要望を受ける形で、橋梁周辺に良好な夜間景観を創出し、明石海峡大橋(神戸淡路鳴門自動車道)の利用促進を図るとともに、観光をはじめとする地域の活性化を図るため、魅力的かつ効果的な照明の実現を目的として検討が開始された。本稿では、橋梁照明のデザインコンセプト、機器配置及び点灯要領を中心として、明石海峡大橋のライトアップの概要を報告する。

    Light-up scheme of the Akashi Kaikyo Bridge was evolved in November 1993 after the proposal from the local governments of Hyogo prefecture and Kobe city, which demanded installation of an attractive and effective lighting on the Akashi Kaikyo Bridge in order to increase users of the bridge and stimulate the local economy as tourism by creating better night environment. This paper introduces the outline of light-up plan of the Akashi Kaikyo Bridge, focusing on the design concept, device arrangement, and light-up operation.

  • 明石海峡大橋の景観検討作業

    Aesthetic study on the Akashi Kaikyo Bridge

    藤田和朗

    Kazuro Fujita

    明石海峡大橋の景観設計は、昭和63年8月から、本州四国連絡橋景観委員会の審議、指導のもとで行われ、環境庁協議、地方自治体説明を経て、平成3年12月の記者発表で完了した。本報告書は、この間に行われた検討資料作成の経緯や事情について報告するものである。

    Aesthetic study on the Akashi Kaikyo Bridge was initiated in August 1988, under the guidance of the aesthetic committee on the Honshu-shikoku Bridges. The study was concluded through negotiation with the Environmental Agency, and explanation to the local government, as well as public announcement on December 1991. This report introduces the course of study and circumstances on the aesthetic arrangement.

  • 明石海峡大橋の耐震設計と兵庫県南部地震時の地震応答解析

    Seismic Design of the Akashi Kaikyo Bridge and Seismic Response Analysis during The Hyogo-Ken-Nanbu Earthquake

    森谷俊美・栗原敏広・後藤敦

    Toshimi Moritani, Toshihiro Kurihara, Atsushi Goto

    明石海峡大橋の耐震設計は、和泉層群や花崗岩など、比較的硬質の風化岩を支持地盤とするそれまでの橋と異なり、未固結の砂礫層あるいは堆積軟岩を支持地盤としていることなどから、新たに耐震設計基準が策定された。この基準は、海洋型の大規模地震の考慮、基礎と地盤間の動的相互作用の考慮など、橋の重要度、基礎の大型化を考慮したものであった。

    兵庫県南部地震により、仮設物の若干の損傷、地盤の変動に伴う基礎の相対位置の変化が生じたものの橋梁本体は健全であった。残念ながら本橋に入力された地震動を直接的に推定できる地震記録は得られていない。このため周辺の地震記録及び塔に設置された速度計による観測記録などを手掛かりに入力地震動の推定を行い、これを用いて、地盤のひずみ依存性など最新の知見を取り入れた応答解析法による基礎の応答解析を行い、基礎の健全度評価の一資料を得た。

    本報文は、明石海峡大橋の耐震設計法を概説したうえで、兵庫県南部地震による基礎の応答解析の内容を報告するものである。

    The seismic design of the Akashi Kaikyo Bridge required a new seismic design codes because the foundations of the bridge would stand on an uncompacted gravel layer and an alluvium soft rock layer, which was different from the layers for what the ordinary seismic codes were established. This new codes referred to great oceanic earthquake, kinetic interaction between foundation and baserock, priority of structure, and expansion of structure scale. The Akashi Kaikyo Bridge suffered from The Hyogo-Ken-Nanbu earthquake. However, there were little damage besides temporary facility and geometrical displacement of the foundations due to topographic deformation of the ground. Although no data was recorded of wave form of the quake hit the bridge, input wave data were analyzed based on quake data on the peripheral points around the bridge as well as based on the observed data of displacement speed gage installed on the bridge. The soundness of the foundation was checked by dynamic response analysis using this wave data analyzed. This paper reports the response analysis of the foundation of the Akashi Kaikyo Bridge on The Hyogo-Ken-Nanbu Earthquake, after introduction of the seismic design codes of the bridge.

  • 明石海峡のケーブル防食システム

    Corrosion Protection System of Cable of Akashi Kaikyo Bridge

    下村稔・杉山剛史・花井拓

    Minoru Shimomura, Takeshi Sugiyama, Taku Hanai

    明石海峡大橋のケーブル防食システムは、大別してケーブルへの腐食要因(水分)の侵入を防止するラッピングと、これを強制排除する乾燥空気の送気システムからなる。ラッピングシステムは従来のワイヤーラッピングに加え、ケーブルの気密性を高めるために、ゴムラッピングを施工した。さらに、除湿・除塩した空気をケーブル内に送り込むことによって、ケーブル内に侵入・滞水した雨水等を強制的に乾燥させる送気システムが本格的に初めて採用された。本文では明石海峡大橋のラッピングシステム及び乾燥空気送気システムの概要並びに現在施工中である送気システム特性確認試験の中間結果の報告を行う。

    The corrosion protection system for the Akashi Kaikyo Bridge consists of the wrapping to prevent water penetration into the cable section and the dried air injection system to eliminate moisture inside the cable section. In addition to the ordinary wire wrapping, the rubber wrapping was employed to heighten water-tightness. Furthermore, the compulsory dehumidifying system was for the first time employed to dry up the penetrated water inside the cable section by injecting dried and desalted air. This paper reports the outline of wrapping system and dry air injection system including the interim results of ongoing performance confirmation test on the injection system.

【技術ニュース】Technical news