• HOME
  • しまなみ海道とは
  • 観光情報
  • イベント情報
  • ブログ
HOME > ブログ

「日本遺産・しまなみ海道スタンプラリー」スタンプ設置施設紹介・前編

12月1日より、「日本遺産・しまなみ海道スタンプラリー」が始まりました。

詳しくはこちら→(http://www.jb-honshi.co.jp/corp_index/corp_press/corp_press_2017/171201press-3-3157/?ref=single7)

早速私も参加してきましたので、スタンプを設置させていただいている施設を紹介したいと思います!

 

普段尾道に行く際は西瀬戸尾道ICで下りているのですが、今回はあえて向島から渡船で尾道へ上陸です。

すぐ目の前にある対岸が尾道です。3分程で着きました。

更に10分ほど歩いて、千光寺ロープウェイ『山麓駅』に到着です。

千光寺ロープウェイ山麓駅

スタンプが置いてあるのは、ロープウェイに乗った先にある『山頂駅』になります。

 

 

 

スタンプ台はココです。

 

展望台や売店もありました。

展望台

 

売店

展望台の中にはカフェもあるそうですよ!

尾道水道と尾道の箱庭的町並みを眺めながらの食事はいかがでしょうか。

展望台入り口

 

SAなどで配布している情報誌『瀬戸マーレ』 (http://www.jb-honshi.co.jp/kanko/)についているクーポン券で、千光寺ロープウェイと駐車場が割引料金になりますので、こちらもぜひご利用ください。

 

ロープウェイを降りて、10分ほど歩くと『おのみち歴史博物館』があります。

詳しくはこちら→(https://www.city.onomichi.hiroshima.jp/soshiki/7/4035.html)

元は尾道銀行の本店だったそうです。

おのみち歴史博物館

こちらには、尾道で出土した茶碗などの文化財や、尾道ゆかりの歴史的資料などが展示されています。

 

商店街を歩いていると、突如現れる重厚な建物が『尾道商業会議所』です。

詳しくはこちら→(https://www.city.onomichi.hiroshima.jp/soshiki/26/2474.html)

 

尾道商業会議所

 

尾道商業会議所は大正12年に建てられた建物を改修・復元し、現在は観光案内や資料の展示などをされています。

こちらは2階の議事場も無料で見学できます。

 

『おのみち歴史博物館』と『尾道商業会議所』は、入り口を入ってすぐの所にスタンプ台がありました。

 

まずは、日本遺産「尾道水道が紡いだ中世からの箱庭的都市」の周辺施設を紹介させていただきました。

次回は日本遺産「“日本最大の海賊”の本拠地:芸予諸島-よみがえる村上海賊“Murakami KAIZOKU”の記憶-」の周辺施設を紹介したいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です