• HOME
  • しまなみ海道とは
  • 観光情報
  • イベント情報
  • ブログ
HOME > ブログ

サイクリングロードの点検をしました

しまなみ海道のサイクリングロードは、「サイクリストの聖地」として国内外の多くのサイクリング愛好者に親しまれています。

 

サイクリングは、しまなみ海道沿線を自由に楽しんでいただけますが、「瀬戸内しまなみ海道サイクリングマップ」には、推奨コースとして6コースをご案内しています。

 

今回、自転車を利用する立場の人から見て、欲しいサービス、欠けているサービスは何かを把握することを目的に、社員自ら自転車を利用した点検を行う取り組みを始めました。

 

第一回目は「No.1ブルーラインコース」(尾道港~サンライズ糸山間約70km)」の愛媛県側(道の駅多々羅しまなみ公園~サンライズ糸山)を走行し「自転車利用者の目線」で点検してきました。

 

ブレーキ、タイヤ空気圧の確認など出発前の入念な準備

 

「サイクリストの聖地」モニュメント前で撮影、点検を実施した平成29年度入社の社員です 脚力、体力は問題無さそうです

 

道の駅多々羅しまなみ公園を11時35分出発

 

道の駅伯方S・Cパーク到着

 

休憩(昼食)後13時20分出発

 

能島を背景に大島島内を点検中の社員

 

 

 

大島島内で舗装工事を行っていました。サイクリングコースを示すブルーラインが一時的に消えるためこれに代わる案内看板の設置と外国語表記の注意喚起看板が設置されていました。

 

来島海峡大橋出入口(今治側)の案内看板、歩行者道、自転車道入り口案内は外国語表記がされています。

 

来島海峡第三大橋 当日は天候に恵まれ概ね予定どおりの15時に糸山サイクリングターミナルに到着しました。約3時間半の行程でした。

 

以下は、今回の点検で確認された一部です。取り組みを始めたばかりで試行錯誤しながら、地域と連携して「かゆいところに手が届く取組」を行い、しまなみ海道のさらなる魅力アップに繋げて行きたいと考えています。

 

■島内橋梁の伸縮装置の損傷によって路面の凹凸ができ、走行性が悪くなっていた

■カーブミラーが汚れで曇り対向車を確認しにくかった

■テレビの不法投棄が有り、景観上ふさわしくなかった

■標識類が樹木により遮られ確認しにくかった

 

 

しまなみサイクリングの情報は以下をご覧ください。

http://www.go-shimanami.jp/cycling/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です