• HOME
  • しまなみ海道とは
  • 観光情報
  • イベント情報
  • ブログ
HOME > ブログ

やまなみ街道を通って、世羅町に花を見に行ってきました【秋の花まつり編】

『ダリア祭』の世羅高原農場を後にし、『秋の花まつり』(9月8日から11月上旬まで)が開催されている世羅ゆり園に向かいます。

 

『やまなみ街道を通って、世羅町に花を見に行ってきました!【ダリア編】』

http://www.jb-honshi.co.jp/shimanami/blog/?p=7925

 

県道56号線を東に向かい、山道を10分程走ると世羅ゆり園に到着です。

世羅ICからは約30分ほどです。

詳しい場所は世羅ゆり園のホームページ【http://www.serayurien.com/】でご確認ください。

こちらも、いたる所に看板があったので迷わずに行くことができました。

 

「世羅ゆり園」は、春から秋にかけて季節の花とゆりを楽しめる花の観光農園です。

7ヘクタールの広大な畑に春はビオラ、秋はサルビアなどを使い、毎年テーマを変えて畑一面に花絵が描かれます。また年間を通し、140種70万本のゆりが楽しめる日本最大級のゆり園です。

 

 

 

入口を入って左側の広いハウスがゆり園です。色とりどりの綺麗で香りの良いゆりがたくさん栽培されています。甘い香りに包まれてなんだか優雅な気分です。

好きな花があれば、その場で摘んで買って帰ることもできます。

 

 

 

 

 

ハウスの中には、無農薬で育てられたぶどうのコーナーもあり、自由に食べられるようになっています。代金は入園料に含まれていました。

種類も何種類かあり、食べ比べをしましたが、どれも美味しかったです。

 

 

ハウスを出て、広大な丘一面を彩るのはサルビアの花です。

燃えるような赤のサルビアと白と紫のサルビアのコントラストが強烈です。

近くで花の色や形を楽しむことができました。

 

 

 

小高い丘に登ると、風が通って気持ちが良く、そして眼下には先ほどのサルビアが大きな花絵になって出現!この秋は、なんと最後!?の「平成」です。

そのスケールの大きさに圧巻!しかも元号って斬新!ちなみに春はビオラで作った広島カープのマスコット『スラィリー』だったそうです。

 

 

小さい花びらがかわいい一面ペチュニアの庭

 

淡いピンク色がなんともかわいらしい。

 

 

まるで絨毯のようなケイトウの丘。

 

 

ピンクのケイトウ。かわいいな~。

 

 

 

園内には、売店や喫茶コーナーもあり、花を見る途中、お土産を買ったり、お茶を飲んだり、のんびり過ごすことができました。この日はオリジナルのハーバリウムを作る体験教室もあり、楽しそうな様子でした。

 

この世羅高原には、世羅高原農場、世羅ゆり園以外にも、「花夢の里」、「香山ラベンダーの丘」、「世羅ふじ園」、「ラ・スカイファーム」等、春から秋にかけて、花めぐりができます。

また、花めぐりだけではなく、イチゴ・ぶどう・梨・栗・リンゴ等の観光果樹園もあり、季節のフルーツを楽しめます。

 

暑い夏も終わり、過ごしやすい季節になりました。色彩豊かな秋を探しに、花めぐりやフルーツ狩りに出かけてみてはいかがでしょうか。

 

世羅をもっと観光したい方はこちら → 世羅観光協会 http://seranan.jp/

もう少し足を伸ばして花めぐりをしたい方はこちら → 山陰・山陽 花めぐり街道 http://www.hana-meguri.com/

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です