• HOME
  • しまなみ海道とは
  • 観光情報
  • イベント情報
  • ブログ
HOME > ブログ

日本丸が今治にやってきました

2018年10月13日(土)に豪華客船の日本丸(にっぽんまる)が四年ぶりに今治に寄港しました。

今治に寄港するといえば、以前紹介した
「はーばりー(http://www.jb-honshi.co.jp/shimanami/blog/?p=5624)」
付近だと思い行ってみましたが、大きな船は見当たりません。早速、ネットで良く調べてみると、少し南側の富田新港に着岸しているという情報を見つけ、急いで移動しました。

富田新港に近づくと、道路からでも確認できる大きな船体が見えてきました。

 

 

そのまま進んでいくと「にっぽん丸はこちら」の立て看板があったので、示される方向に進んでみると、にっぽん丸が接岸している岸壁にたどり着きました。全長約167mの船体が一目で見える場所となっており、多くの見学者が来場されていました。

 

 

船首まで移動してのショットですが、とても美しく優美な姿を見せてくれました。

 

 

訪問したのが夕方だったので、夕日を背景にしたショットも撮影してみました。

 

 

実は、この日ににっぽん丸が今治に寄港するということで、来島海峡大橋もライトアップスケジュールを加えて寄港を迎えました。ライトアップスケジュールは事前に環境省と協議して決めていますが、今回の寄港のために環境省に再協議してスケジュールを変更させてもらいました。

海上保安庁の来島海峡海上交通センターのホームページには来島海峡を航行する大型船舶の予定は公表されています。(https://www6.kaiho.mlit.go.jp/kurushima/schedule/schedule.htm

そこには、19時に来島海峡を通過する情報が記載されていましたので、糸山公園に移動して橋の下を通過する状況を見に行きました。前日に確認したときは西航路(来島海峡第三大橋の下)を通過する予定となっていましたが、現地で待っていても一向にこちらに近づいてくる気配はありません。結果的に、東航路(来島海峡第二大橋の下)を通過するようで、写真には豆粒のようにしか撮影することができませんでした。(右側の塔の近くで少し明るい船がにっぽん丸です)

 

 

橋の下を抜けて全景が見えるところまで来ても、距離が相当遠いのではっきりと写すことはできませんでしたが、なんとなく形がわかる写真が撮影できました。

 

 

参考のため、にっぽん丸の主要諸元を記載しておきます。

 

 

時間的にも経済的にも余裕がなければ、豪華客船による船旅を経験することは難しそうですが、いつかは参加してみたいものです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です