• HOME
  • しまなみ海道とは
  • 観光情報
  • イベント情報
  • ブログ
HOME > ブログ

来島海峡急流観潮船に乗ってきました。

夏休みにおすすめ!迫力満点の来島海峡急流体験に行ってきました。
来島海峡は、鳴門海峡・関門海峡と並ぶ日本三大急潮流の一つです。今回はクルーズで来島海峡を満喫してみました。

観潮船の受付

観潮船の受付

来島海峡大橋のたもとにある大島の道の駅「よしうみいきいき館」で受付を済ませ、隣接する下田水港(しただみこう)から出発です。出航時間の20分前までに受付を済ませておく必要があります。

来島海峡大橋

来島海峡大橋

こちらを運営されている会社のホームページによると「潮流等により毎日運航時間が変わりますので、事前にお問い合せ下さい。」とのことだったので、前日に電話で確認してから伺いました。一日に5便ほど運行されていているようです。船内に備え付けられているライフジャケットを着用していざ出航です。

来島海峡大橋のアンカレイジのすぐ近くを通過し、来島海峡大橋や周辺の島の特徴などをガイドさんが詳しく説明してくれました。

来島海峡大橋を通過する大型船に遭遇しました。来島海峡は、九州と関西を結ぶ瀬戸内海の真ん中に位置する交通の要衝です。さまざまな船が行き交う来島海峡。観潮船ではこのような船を間近でみるチャンスもあります。

続いて、造船所の集まっている波止浜港(はしはまこう)付近へ・・・

波止浜港

波止浜港

進水式を終えたばかりのタンカーを間近で見ることができました。

進水式を終えたばかりの大型タンカー

進水式を終えたばかりの大型タンカー

潮風が心地良い約50分のクルーズでした。
大潮の時には、直径10m以上の「八幡渦」と呼ばれるうず潮がいくつも発生することもあるそうです。
今回は大きなうず潮を見ることはできませんでしたが、急潮体験は迫力もあり見どころ満載でした。本四高速で発行している情報誌「瀬戸マーレ」の裏表紙にはお得な割引クーポン券がついています。来島海峡急流体験も割引対象になっていますので、「瀬戸マーレ」を持ってお出かけされてはいかがでしょうか?

観潮船乗り場

観潮船乗り場

 

大島を後にして伯方島にある開山公園(ひらきやまこうえん)へ向かいました。
こちらの公園は、頂上の展望台から伯方・大島大橋、大三島橋、多々羅大橋などが一望できます。
桜の名所で春には1000本の桜で山頂がおおわれるそうです。この日は快晴で、橋はもちろん遠くの島まできれいに見ることができました。

多々羅大橋

多々羅大橋

大三島橋

大三島橋

伯方・大島大橋

伯方・大島大橋

しまなみ海道沿いには、開山公園のように瀬戸内海を一望できる展望スポットがたくさんあります。
その中でも大島の亀老山展望公園は、世界最大旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」の【行ってよかった!日本の展望スポット2016】に初ランクインしたそうです。こちらの展望台の設計は、建築家・隈 研吾氏によるもので、景色はもちろん展望台も魅力のひとつとなっています。お気に入りの展望スポットを見つけるドライブに出かけたくなりました。

観潮船から見た来島海峡大橋

観潮船から見た来島海峡大橋

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です