• HOME
  • しまなみ海道とは
  • 観光情報
  • イベント情報
  • ブログ
HOME > ブログ

四国最西端まで行ってきました!(Part2 ~ぐるめ編~)

前に投稿した佐田岬ドライブでのおいしい情報を紹介します。

まず、朝早く出発して小腹がすいていたので、八幡浜の「みなっと」内にある、「どーや市場」を覗きました。

市場の中は、最も商品がたくさんある時間のようで、どの店もきときとの魚、さかな、サカナであふれかえっていました。

 

どーや市場の様子

どーや市場の様子

 

きときとの魚たち

きときとの魚たち

 

モンダイ・・・問題ではありませんが、正式名は「マトウダイ」

モンダイ・・・問題ではありませんが、正式名は「マトウダイ」

 

まるごとの縞鰺ぴっかぴかです

まるごとの縞鰺ぴっかぴかです

 

しかし、生魚は、すぐに食べられないので、16軒あるお店の中で、唯一すぐに食べられる「じゃこ天」などを売っている「八水」さんで揚げたてのじゃこ天をいただきました。値段は、なんと一枚50円です。じゃこ天は、もっと骨ぼねしいものかと思っていましたが、以外とやわらかく口当たりがよかったです。店の前ですり身を練り、どんどん油に投入していきます。じゃこ天の他にも、ごぼ天、ちくわ磯辺揚げ、えびいか玉ねぎ白天など試食だけでも、お腹が膨れ満足します。

 

「八水」さん

「八水」さん

 

揚げたて「じゃこ天」

揚げたて「じゃこ天」

 

佐田岬灯台まで行った後、12時近い時間になったので、三崎港にほど近いこちらのお店で、新鮮なお魚の昼食をいただきました。

 

「まりーな亭」さん

「まりーな亭」さん

 

愛媛県公式観光・レジャーガイドブック2015にも掲載されている人気のお店です。

当日も、地元の方を含め、たくさんの観光客と思われるお客さんが、いらっしゃいました。

 

おすすめ黒板メニュー

おすすめ黒板メニュー

 

時間がたっぷりあれば、佐田岬ツーリズム協会で企画しているこちら「海鮮活しゃぶ」を食べたかったのですが、予約が必要で、時間もあまりないため、今回は通常メニューから選びました。

黒板のおすすめメニューに使用しているお魚(岬アジも寒ブリも)は、店主のお父さんが、その日の朝に一本釣りで獲ってきたもので、お得なメニューになっているそうです。

 

寒ぶりのタタキとカツ定食

寒ぶりのタタキとカツ定食 1300円

 

同行者は、こちら

 

岬あじの刺身とフライ定植 1500円

岬あじの刺身とフライ定食 1500円

 

ぶりのタタキは、天然ものなので脂ののりがほどよく、タタキのたれと相まって大変美味です。また、カツも大きいのが3つもついて、サクサクでボリューム満点です。小鉢は、魚の肝煮とおから、さらにアラ汁がついていて、目一杯「寒ぶり」を堪能できました。

 

寒ぶりのタタキが7貫も

寒ぶりのタタキが7貫も

 

同行者が頼んだ、岬あじの刺身とフライもシェアしていただきました。

岬あじの刺身一切れの大きさが、半端じゃありません。若干のピンぼけお許しを。(笑)

 

ブログ佐田岬2-12.pdf - Adobe Acrobat

 

若干甘めな、たまり醤油につけていただくと、とても幸せです。ここまで来て良かった。

岬アジのフライは、寒ブリとは又違って、やわらかい高級な食感でした。タルタルソースは、折角新鮮なアジなので、アジの味を殺して、ちょっと勿体ないかもしれません。僕的には、醤油で食べたいかな・・・

後で、アジの大きさをお店の方に尋ねると、こんなぐらいと手で示してくれました。優に40センチオーバーでした。

こんな値段で、お腹いっぱい新鮮な魚が食べられて、最高な気分でお店を後にしました。

しばしのドライブ後、帰途に道の駅「みなっと」に再度立ち寄って、お買い物をすることにしました。

 

道の駅「みなっと」の日曜市

道の駅「みなっと」の日曜市

 

日曜市が開催されていたので、覗いてみました。テントの向こうに見えるのは、みなと交流館で、観光案内もしています。日曜市で買ったお弁当などを食べるために、会議スペースを開放していました。机の上には、ミカンのご接待もありました。日曜市の次回は2月21日なので、原則毎月第三日曜日に開催されるようですね。

 

ブログ佐田岬2-14.pdf - Adobe Acrobat

 

 

日曜市は、10時から14時半までの開催なので、終了間際の訪問だったためか、あまり商品が残っていませんでしたが、ゆずジャムを買いました。200円です。安いですね。

 

購入したゆずジャム

購入したゆずジャム

 

ブログ佐田岬2-16.pdf - Adobe Acrobat

 

 

産直・物販「アゴラマルシェ」では、農産物を見に行きました。「はれひめ」とサニーレタス、わさび菜、里芋を買いましたが、全部で410円とお買い得で、とても新鮮です。

 

アゴラマルシェ内の柑橘売り場

アゴラマルシェ内の柑橘売り場

 

アゴラマルシェ内の産直品売り場

アゴラマルシェ内の産直品売り場

 

最後に、もう一度「どーや市場」を覗きました。朝にくらべ、魚が大半無くなっていて、空箱が目立っていましたが、残った商品は、超格安になっていました。

ちなみに、写真の大きな鯛は、30cmくらいの大きさです。

 

 

びっくり価格(何匹はいっているでしょう?)

びっくり価格(何匹入っているでしょう?)

 

愛媛県では、今年の3月28日から11月20日まで「愛媛いやしの南予博」が開催されます。

様々なイベントが予定されているようなので、季節のいい時期に、再訪したいと思います。季節が変われば、また違った味も楽しめると思います。

 

「愛媛いやしの南予博」は、こちら http://iyashinonanyo.jp/

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です