• HOME
  • しまなみ海道とは
  • 観光情報
  • イベント情報
  • ブログ
HOME > ブログ

「第11回 四国今治地方観光写真コンテスト」の選考審査会に参加しました

3月12日(土)に今治地域地場産業振興センターで、公益社団法人今治地方観光協会が主催する「第11回四国今治地方観光写真コンテスト」の公開選考審査会が開催され、しまなみ今治管理センターからも、賞の選定に参加しました。

 

開催前の会場の様子。すでに来場者で賑わっています。

開催前の会場の様子。すでに来場者で賑わっています。

 

このコンテストの趣旨は、「今治地方を代表する瀬戸内海国立公園の多島美、歩いても自転車でも渡れる特性をもったしまなみ海道の人工美、継ぎ獅子など様々な観光資源を内外にアピールして観光客誘致を目的として実施しています」とのことで、当社の「瀬戸内企業」理念に見合うため、3点の「しまなみ海道特別賞」を提供し、このコンテストに協賛し、橋を題材にした写真から選定しています。

 

今回は、前田晃さん(株式会社 丹渓 代表取締役)が審査員を務められ、1,600点を超える応募作品の中から、最優秀賞(賞金30万円)をはじめとする各賞51点を選考しました。

前田晃さんは、著名な風景写真家の前田真三氏を父に持つ、自身も、北海道・美瑛のすばらしさを最初に紹介した、風景写真家です。

 

今治地方観光協会会長による開催のご挨拶。右端が写真家の前田晃さん

今治地方観光協会会長による開催のご挨拶。右端が写真家の前田晃さん

 

応募された作品は、「海、山、橋などの風景や」「自然」「祭り」「イベント」「産業」など様々なテーマがあり、どれもみな素晴らしく、応募者の情熱を感じさせるものです。選考は、プロカメラマンとしての目で、前田さんがふるいにかけ、百数十点程度に絞った中から、各賞を選んでいきます。

 

前田さんによる厳正な選考の様子。

前田さんによる厳正な選考の様子。

これほど、多くの応募作品の中から選定していくのは容易ではなく、何段階もふるい落としをしていくので、その時間は3時間近くに及ぶほどとなりました。

 

選考もいよいよ最終段階を迎えています。胸が高鳴ります。

選考もいよいよ最終段階を迎えています。胸が高鳴ります。

会場には、応募した、多くの腕に覚えのある愛好者らが来場し、審査の行方を楽しみながら、徐々に絞り込まれていく過程に、一喜一憂していました。

 

選考の行方を見守る愛好家の皆さん。

選考の行方を見守る愛好家の皆さん。

当社は、多くの参加者に見られる中、重大な責任を感じつつ、最優秀賞や1席、2席などの上位の賞を除いた中で、しまなみ海道の「橋」を対象とした作品の中から、「しまなみ海道特別賞」に最もふさわしいと思われる、すばらしい作品を3つ選びました。

「しまなみ海道特別賞」の賞金は、2万円ですが、副賞として、「来島海峡大橋の塔頂に上がる権利」が与えられます。これを利用して、また、すばらしい写真の撮影をしてもらいたいと思います。

 

選考結果の上位入賞作品を紹介します。

(会場で撮影した画像です。実物は、後述の展覧会等でお楽しみください。)

 

 

最優秀賞 タイトル 「名月」

最優秀賞 タイトル 「名月」

 

 

一席 タイトル 「祭りの朝」

一席 タイトル 「祭りの朝」

 

 

鈍川温泉郷特別賞 タイトル 「姫蛍舞う」

鈍川温泉郷特別賞 タイトル 「姫蛍舞う」

 

 

二席 タイトル 「進水式」

二席 タイトル 「進水式」

 

 

今治市長賞 タイトル 「潮の流れ速し」

今治市長賞 タイトル 「潮の流れ速し」

 

 

今治地方観光協会長賞 タイトル 「朝陽のあたる街」

今治地方観光協会長賞 タイトル 「朝陽のあたる街」

 

 

三席 タイトル 「朝光の中で」

三席 タイトル 「朝光の中で」

 

 

三席 タイトル 「おんまく花火」

三席 タイトル 「おんまく花火」

 

 

しまなみ海道特別賞 タイトル 「深紅に染まる大橋」

しまなみ海道特別賞 タイトル 「深紅に染まる大橋」

 

 

しまなみ海道特別賞 タイトル 「快適!!サイクリング」

しまなみ海道特別賞 タイトル 「快適!!サイクリング」

 

 

しまなみ海道特別賞 タイトル 「春の遠足」

しまなみ海道特別賞 タイトル 「春の遠足」

 

 

選考結果は、平成28年4月までには、直接入賞者本人に通知され、6月頃の同協会の定時社員総会にて表彰されます。また、同協会公式ホームページ、新聞等へ掲載や公共施設、美術館、ホテル、JR今治駅などでの展覧会も予定されているそうです。

(同協会HPhttp://www.oideya.gr.jp/p-contest/より)

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です