• HOME
  • しまなみ海道とは
  • 観光情報
  • イベント情報
  • ブログ
HOME > ブログ

第19回今治市民のまつり「おんまく」で「しまなみ海道」をPRしました

8月6日(土)、7日(日)の両日に第19回今治市民のまつり「おんまく」が開催され、会場で「しまなみ海道」のPRを行いました。

バリテラス会場の特設舞台で繰り広げられたダンスパフォーマンス

バリテラス会場の特設舞台で繰り広げられたダンスパフォーマンス

 

大勢の市民がダンスを見ていました

大勢の市民がダンスを見ていました

 

今治市民のまつり「おんまく」のホームページによると・・・

 

21世紀を迎えようとする時代に、時の今治商工会議所会頭と今治市長が今治の祭りのあり方について模索した中から、今治市民のまつりの概念が誕生しました。

それまでは、港まつり(商工会議所主催)、バリ祭(青年会議所主催)がありましたが、これらの祭りを統合して、今治市民の自主企画、自主財源、自主運営することにより、市民のためのコミュニティー育成、つまり人づくり、街づくりを目的に「今治市民のまつり」の開催を決定しました。

「おんまく」とは、めちゃくちゃ、いっぱい、おもいっきり、という意味の言葉です。この言葉の中には、今治市民の方々にできる限り参加いただき、まつりを思いっきり楽しんでもらおうという願いが込められています。

・・・と、解説がありました。(HPアドレス:http://www.onmaku.jp/about/

 

当社は6日(土)に「しまなみ海道」及び「道路ふれあい月間」をPRするため、ダンスコンテストが行われる特設舞台のあるバリテラス会場の入り口付近に幟を立て、来場者へウエットティッシュや団扇を配布しました。

バリテラス会場入口付近にPR用の幟と看板の設置完了

バリテラス会場入口付近にPR用の幟と看板の設置完了

 

「ウエットティッシュです。よかったら使ってください」と声掛け

「ウエットティッシュです。よかったら使ってください」と声掛け

 

当日は、非常に暑かったので、喜んでもらえました。

 

今治市最大の祭りとあって、大勢の市民が来場し、用意したグッズはアッという間に全てなくなりました。

 

その後は、一市民として祭りを“おんまく”楽しみました。

DSCN7954

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です