• HOME
  • しまなみ海道とは
  • 観光情報
  • イベント情報
  • ブログ
HOME > ブログ

「第12回 四国今治地方観光写真コンテスト」の選考審査会に参加しました

3月11日(土)に今治地域地場産業振興センターで、公益社団法人今治地方観光協会が主催する「第12回四国今治地方観光写真コンテスト」の公開選考審査会が開催され、当社しまなみ今治管理センターからは今年も所長が賞の選定に参加しました。

選考会がはじまりました。右端が選考審査員の前田晃さん。

 

このコンテストの趣旨は、「今治地方を代表する瀬戸内海国立公園の多島美、歩いても自転車でも渡れる特性をもったしまなみ海道の人工美、継ぎ獅子など様々な観光資源を内外にアピールして観光客誘致を目的として実施しています」とのことです。当社の「瀬戸内企業」理念に見合うため、3点の「しまなみ海道特別賞」を提供し、橋を題材にした写真から選定しています。

 

前年度に続き、前田晃さん(株式会社 丹渓 代表取締役)が選考審査員を務められます。前日に第1次審査で1,321点の応募作品が約800に絞られています。

当日はこれを第2次審査で約400点、第3次審査で約200点、と絞り込んで、最終的に、最優秀賞(賞金30万円)をはじめとする各賞51点と若干数の観光協会奨励賞を選考します。

前田晃さんは、著名な風景写真家の前田真三氏を父に持つ、自身も、北海道・美瑛のすばらしさを最初に紹介した、風景写真家です。

当日は第2次審査からスタート。ケーブルTVが取材に来ていました。

 

応募された作品は、「海、山、橋などの風景や」「自然」「祭り」「イベント」「産業」など様々なテーマがあり、どれもみな素晴らしく、応募者の情熱を感じさせるものです。

前田さんによる厳選な選考の様子。

 

 

 

これほど多くの応募作品の中から選定していくのは容易ではなく、開会から4時間近くを要すこととなりました。

選考もいよいよ最終段階を迎え、最も緊張する時間です。

 

会場には、応募されたであろう多くの写真愛好者らが来場し、審査の行方を見守っていましたが、審査関係者以外は作品が並べられたテーブルには近づけず、自分の作品が残っているかどうかもわかりにくい状況にやきもきされている方もいました。

最優秀賞が決まり、前田さんが受賞作品を紹介します。

しまなみ海道特別賞も紹介。作品は3点のうちの1点です。

 

 

 

当社は、しまなみ海道の「橋」を対象とした作品の中から「しまなみ海道特別賞」に最もふさわしいと思われる作品3つ選びますが、同じ橋をモチーフにしていてもテーマは様々です。今回も緊張と重圧を感じながらも、最優秀賞や1席、2席などの上位の賞を除いた中から素晴らしい作品を選ぶことができました。

「しまなみ海道特別賞」には賞金(2万円)の他に副賞として、「来島海峡大橋の塔頂に上がる権利」が付いてきます。受賞者の方にはこれを利用して、また、すばらしい写真の撮影をしてもらえれば幸いです。

 

授賞式は6月頃に予定されている同協会の定時社員総会で行われます。また、同協会公式ホームページ、新聞等へ掲載や公共施設、美術館、ホテル、JR今治駅などでの展覧会も予定されるそうです。

 

同協会HPhttp://www.oideya.gr.jp/p-contest/より)

 

最後に今回の選考結果の上位入賞作品を紹介します。

 

最優秀賞 タイトル「勇姿」

 

一席 タイトル「進水式が始まる」

 

鈍川温泉郷特別賞 タイトル「雪のとんど祭り」

 

二席 タイトル「海峡の日ノ出」

 

今治市長賞 タイトル「同行二人」

 

今治地方観光協会長賞 タイトル「応援ありがとう」

 

三席 タイトル「神様お願い」

 

三席 タイトル「朝日に映える」

 

しまなみ海道特別賞 タイトル「夏の風物」

 

しまなみ海道特別賞 タイトル「大三島橋を快走中」

 

 

しまなみ海道特別賞 タイトル「来島海峡大橋と海王丸」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です