HOME > 高梁市成羽美術館

高梁市成羽美術館・岡山県高梁市岡山県高梁市

施設外観
施設外観
「登校」児島虎次郎
「登校」児島虎次郎

高梁市成羽美術館(たかはししなりわびじゅつかん)は、成羽町出身の洋画家 児島虎次郎(1881‐1929)の遺徳を顕彰するため、昭和28年に県下初の町立美術館として開館しました。平成6年にリニューアルした建物は建築家 安藤忠雄氏の設計によるもので、コンクリートの壁と周囲の緑が調和した、美しい景観を楽しんでいただけます。
絵画展示室では、「児島虎次郎とその周辺シリーズ」の常設展示に加え、若手の現代美術家の活動にも着目した個展形式のシリーズ企画展を開催しています。
また、児島が外遊中に集めたエジプト遺物などの紹介や、成羽地域で 採取された日本最古の植物化石の展示等も行っています。

イチオシ情報

基本情報

所在地 〒716-0111 岡山県高梁市成羽町下原1068-3
TEL 0866-42-4455
Webサイト http://www.kibi.ne.jp/~n-museum/
観覧料 一般500円、高大生300円、小中生200円
※企画展により入館料が異なる
共通割引券
ご利用特典
団体割引料金を適用
休館日 月曜日(祝日または振替休日の場合は翌日)
開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
アクセス JR岡山駅から伯備線「特急やくも」で35分、普通で約50分、下車。
バスセンターから成羽方面への備北バス約20分、「成羽」停留所
下車すぐ
最寄りの施設 井原市立田中美術館 30km
華鴒大塚美術館 34km
2017年度
下半期展覧会
■ 秋の特別展 児島虎次郎作品新収蔵記念
「近代日本洋画の歩み-山岡コレクションとともに」 
会期▶9/16(土)~11/26(日)
■ 児島虎次郎を偲ぶ絵画展 
会期▶2018/1/6(土)~2/4(日)
作品の解説 1機器での解説:なし
2学芸員解説:あり(予約制)
3パネル解説あり

マップ