1. ドライバーズサイト
  2. 2016年トピックス
  3. 「せとうち美術館ネットワーク」の参加施設が平成28年4月より60施設に拡充します!

2016年トピックス

2016年03月31日

本州四国連絡高速道路株式会社

「せとうち美術館ネットワーク」の参加施設が
平成28年4月より60施設に拡充します!

JB本四高速は、「瀬戸内地域」のアートを支援するため、「せとうち美術館ネットワーク」事業を実施しています。

4月より、新たに1施設の魅力ある施設が加わり、全60施設となって装いを新たに展開していきます。

新規参加施設は以下の1施設です。

【新規参加施設】

芦屋市立美術博物館(兵庫県芦屋市)

平成3年に芦屋市制施行50周年記念事業として開館いたしました。美術部門と歴史部門を併せた複合施設として、芦屋ゆかりの作家の作品を中心に内外の名品や芦屋の自然や歴史をご覧いただき、皆様に親しまれる身近な文化施設となることを目指しています。

事業内容

1)共通割引券(有効期間 2016年4月1日~2016年9月30日)

対象施設でチケットをご購入の際にこの共通割引券をご提示いただくと、入館割引が受けられます。
(各施設とも団体割引料金を適用、特別展・企画展については、適用外の場合があります。)

2)せとうち美術館ラリー(実施期間 2016年4月1日~2016年9月30日)

「せとうち美術館ネットワーク」共通割引券を利用して購入されたチケット(利用済)の半券を集め、ご応募いただきますと、チケット半券の合計金額に応じて、図書カードを還元(プレゼント)します。さらに、応募用紙に押印されたスタンプにより参加施設のオリジナルグッズもプレゼントします。

詳しくはホームページをご覧ください。

3)子どものアート感想文

子どもの頃から美術館や美術作品に親しみ、その魅力を語る喜びを知ってもらうこと、芸術施設を訪れ、アートを身近に感じてもらうことなどを目的として、小学校5年~中学校3年生を対象に、せとうち美術館ネットワークに参加している美術館で展示されているアートについて感じたことや考えたことを文章にしてもらう「子どものアート感想文」を募集しています。

応募していただいた作品は、山木朝彦 鳴門教育大学大学院教授(美術教育学)をはじめ4名の先生方に選定してもらいJB本四高速ホームページに掲載、公表します。

なお、参加者全員にJB本四高速イメージキャラクター「せとうちわたる」グッズをプレゼント、さらにホームページに掲載者には参加施設のオリジナルグッズを贈呈します。

4)「美術館に行こう」私の美術館体験記

せとうち美術館ネットワーク参加の美術館を訪れた際に感じた美術館に行きたくなるような心に残ったちょっといい話をエッセイにして投稿していただく「私の美術館体験記」を募集します。

投稿いただいた体験記は主催者による選考を行い、JB本四高速ホームページに掲載、公表します。

優秀作品には参加施設のオリジナルグッズを進呈します。

「子供のアート感想文」や「私の美術館体験記」を、JB本四高速のホームページに掲載、公表することにより、より多くの方にアートに興味を持っていただく取り組みとなることを期待しています。

5)「美術館に行こう」私の美術館体験記 写真部門

せとうち美術館ネットワーク参加の美術館を訪れた際に撮影した施設やその周辺のなどの写真に短いコメント(日本語)を添えてご投稿ください。(ただし撮影禁止区域や撮影禁止物を除くもの。)

※画像を見て美術館に行きたくなるような作品を募集します。

JB本四高速は、今後も瀬戸内企業としての社会貢献の一環として、「せとうち美術館ネットワーク」事業の内容充実に努め、地域全体の文化芸術面の魅力を発信してまいります。