1. ドライバーズサイト
  2. 2016年トピックス
  3. 第11回「橋を渡って親子でアート鑑賞」参加者大募集!~親子40名様を平山郁夫美術館と今治市大三島美術館に特別ご招待~

2016年トピックス

2016年06月08日

本州四国連絡高速道路株式会社

夏休み特別企画 せとうち美術館ネットワーク 子どものアート感想文スペシャルツアー

第11回「橋を渡って親子でアート鑑賞」参加者大募集!
~親子40名様を平山郁夫美術館と今治市大三島美術館に特別ご招待~

「せとうち美術館ネットワーク(※1参照)」では、子どもたちに美術館やアートを好きになってもらうことを目的に、親子を本四連絡橋と美術館にご招待するバスツアー「橋を渡って親子でアート鑑賞(※2参照)」を開催いたします。このバスツアーは今回で11回目、累計で404名の親子に参加していただきました。

今回は、しまなみ海道に位置する平山郁夫美術館と、今治市大三島美術館を訪問します。

参加費はお一人様100円、お気軽にご参加いただけます。

夏休みに、親子でしまなみ海道の美術館めぐりをしてみませんか!!

開催日時

平成28年 7月24日(日)

内容

広島市をバスで出発し、しまなみ海道を渡って平山郁夫美術館と今治市大三島美術館を訪れ、親子でアートを鑑賞します。

①集合場所

8:50
広島駅前

②行程

9:00
広島駅 出発
バス車内では、アートに親しむ楽しいゲーム等を実施する予定です。
10:40
平山郁夫美術館 入館
館蔵品展「平山郁夫の原点 瀬戸内とシルクロード」を鑑賞します。
・ 日本文化の源流-シルクロードと平山郁夫の原風景-瀬戸内を中心に平山郁夫の描いた世界を、美術館長の案内により鑑賞します。
12:00
平山郁夫美術館 出発
12:30
大三島 多々羅しまなみ公園 到着
◎昼食休憩
 公園から一望できる多々羅大橋の絶景をお楽しみください。
 ※昼食は、お弁当などで各自お済ませください。
13:30
大三島 多々羅しまなみ公園 出発
13:45
今治市大三島美術館 入館
館蔵品展「挑戦する日本画 ─画家の心象─」を鑑賞します。

  • 若手日本画家の挑戦的な作品を中心に紹介する展示をご覧ください。
  • ワークショップ「ひかり・いろ・カタチであそぼう! みんなでつくった“大きな木”にひかりの絵をうつしてみると・・・」に親子で参加し、展示会場の床に「ひかりのえ」を投影します。
15:50
今治市大三島美術館 出発
17:40
広島駅前到着 解散(渋滞などによる到着の遅れについてはご容赦ください。)

参加費用

お一人様100円(団体旅行損害保険料)
※昼食と集合場所までの交通費は、参加者のご負担となります。

対象

小学生・中学生の子どもとその保護者(保護者同伴で5名様まで)
※保護者は2名様まで

参加条件

参加者は、アンケートの回答にご協力をお願いいたします。
併せて、美術館に展示してある作品を見て、感じたこと考えたことを文章にする 「子どものアート感想文」又は、美術館を訪れた際の素敵な体験、楽しいお話などを文章にする「私の美術館体験記」どちらかの提出をお願いします。(後日提出)

定員

約40名様(応募者多数の場合は抽選)

主催

せとうち美術館ネットワーク
(事務局:本州四国連絡高速道路株式会社、一般財団法人 本州四国連絡高速道路協会)

後援

広島市、広島市教育委員会

協力

平山郁夫美術館、今治市大三島美術館

応募方法

ホームページ、封書・はがき、FAXにて、ご応募ください。
下記申込先宛に、①参加者全員(1組につき5名様まで応募可)の氏名、性別、年齢、学年 ②保護者の方の郵便番号、住所、電話番号(携帯電話をお持ちの方はその番号)を記載してください。

※ 応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

応募締切

平成28年6月27日(月)24時まで
(封書・はがきの場合は、平成28年6月27日(月)到着分まで)

お問い合わせ

本州四国連絡高速道路(株) 利用促進・お客様サービス室内

「せとうち美術館ネットワーク」事務局

TEL:078-291-1077(平日9:00~17:30)

FAX:078-291-1359

※1【「せとうち美術館ネットワーク」とは?】

瀬戸内の美術館や博物館など、文化芸術施設をネットワーク化し、本四高速道路及びその周辺道路を活用した交流、沿線地域の活性化、子どもの美術鑑賞教育の普及を図ること等を目的に平成20年10月に6施設で発足し、現在では60施設で構成されています。

せとうち美術館ネットワーク 参加全60施設(平成28年4月時点)

せとうち美術館ネットワーク施設一覧地図

※2「橋を渡って親子でアート鑑賞」開催実績

【参考:前回の実施内容】

第10回 香川県発 岡山シティミュージアムを訪問

明石市立文化博物館

岡山シティミュージアム

平成28年3月26日(土)に、第10回「橋を渡って親子でアート鑑賞」を開催しました。高松市・坂出市周辺の親子を対象に、高松市内を出発し、途中の与島PAでは、北備讃瀬戸大橋のアンカレイジの中で、瀬戸大橋の説明を聞いた後、岡山シティミュージアムを訪問するコースで実施しました。定員を大幅に上回るご応募をいただいたため、抽選の結果、当日は12家族35名(子ども19名・大人16名)の親子をご招待いたしました。

〔当日の模様〕

  • ①北備讃瀬戸大橋アンカレイジ見学
  • ②バス車内での活動
  • ③開講式、オリエンテーション
  • ④自由鑑賞
  • ⑤クイズラリー
  • ⑥閉講式