HOME > 私の美術館体験記募集! > 美術館体験記応募作品のご紹介

「美術館に行こう。」-私の美術館体験記 応募作品のご紹介

広島市 重藤さん(男性) 

呉市立美術館訪問日
2021年1月4日

水船六洲と聞いて、その名前を知っている人はどのくらいいるのでしょうか。私も以前、広島県立美術館のコレクション展において、白・黒に着色された彫刻に強烈な印象を受けるまでは、水船六洲の名前はもちろん知りませんでした。
ということで、このたび、呉市立美術館で開催される「没後40年 水船六洲-木彫と木版 木に刻む詩-」と題した展覧会のチラシを見て、早速、同美術館を訪問することとしました。
チラシの紹介文によりますと、水船六洲は清新で前衛的な彩色木彫で注目を集め、版画家としては日本的情趣「ものの哀れ」を感じさせる木版画により国際的に高く評価されたとのことです。
展示されている作品は、木版画が大半を占めていましたが、私のお目当ては、チラシにも大きく紹介されていた白・黒色で着色した彫刻「指人形」です。見るものを引き付ける不思議な存在感を持った作品でした。こうした感動が私に美術館巡りをさせる大きな動機付けとなっています。呉市にゆかりのある水船六洲の彫刻作品をもっと多くの人に知ってほしいとも思った次第です。
呉市立美術館には、これまで、何度となく足を運んでいるのですが、今回はオーギュスト・ルノワールの「麦わら帽子の少女」の特別展示があり、この作品を拝観することができたことは大変ラッキーでした。また、合わせて、水船六洲と同時代作家の作品展示や、小特集として芥川永の作品展示も拝観することができ、個人的にはとても満足度の高い美術鑑賞になりました。
また、同美術館正門前の美術館通りにも、水船六洲作の「斧」が設置されており、見忘れないよう注意が必要です。この美術館通りは「日本の道100選」にも選ばれており、彫刻が沢山設置されているので、彫刻巡りを楽しむこともできます。
なお、呉市は日本近代化の躍動を体感できるまちとして、横須賀、佐世保、舞鶴とともに、日本遺産に認定されており、同美術館の周辺には、旧呉鎮守府司令長官官舎、旧呉海軍工廠塔時計、旧高烏砲台火薬庫などの日本遺産を構成する文化財が多数現存しており、また、少し足を延ばせば、大和ミュージアムや海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)なども立地していますので、遠方から来られた方には、合わせて回られることをお薦めします。

呉市立美術館

奈良県北葛城郡 中村さん(女性)

なかた美術館訪問日
2018年1月6日

尾道駅から歩くこと約15分。尾道を旅行する時には必ず行こうと決めていた、なかた美術館に辿り着きました。今回は2回目の訪問です。

その日の展覧会は「ポール・アイズピリ アトリエからの夢」展でした。美術館のポール・アイズピリコレクションが一堂に紹介されるということで、一人の画家の作品だけを一度にこれほどたくさん見るのは初めてかもしれません。

アイズピリ氏のことは、以前この美術館に来た時に初めて知りました。明るくて自由な発想の色使いが面白く、数多くの作品を見ていても飽きることがありません。離れて見るときのまとまりのある美しさと、近づいて見た時の力強い筆跡が魅力で、人物画から静物画、風景画まで様々な作品を楽しむことができました。

中でも印象に残ったのは、千光寺からの眺望を描いた尾道の風景画です。まるで外国みたいに、華やかでポップな尾道の景色がそこにありました。この人が描くと、尾道の風景はこんな風になるんだ…と新鮮な気持ちになりました。

美術館全体の明るく開放的な雰囲気も、作品の良さをより引き立ててくれるように感じました。館内にあるレストランのにぎわいとは対照的に、展示室へ一歩入ると静かで落ち着いた空間が広がっています。特に、自然光の入る階段を2階に上がってすぐの、階下の展示室を見下ろせるスペースが素敵です。一つ一つの作品を、心ゆくまでゆっくりと鑑賞することができました。

帰り際受付の方に、この後ギャラリートークが行われることを教えていただきました。残念ながら時間の都合で参加することはできませんでしたが、また機会があればぜひ解説を聞いてみたいです。

併設のレストランでは、展覧会をテーマにしたデザートセットもあるようです。非常に気になりましたが、次回のお楽しみにとっておくことにしました。

美術館のパンフレットにもあるように、本当に「何度でも訪れたくなる美術館」だと思います。今度はいつ来れるかなと、名残惜しくも待ち遠しい気持ちで美術館を後にしました。

なかた美術館

大阪市 伊藤さん(女性)

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
訪問日
2017年4月8日

青春18きっぷを買った。東京から大阪まで、普通電車を乗り継いで帰ってきたという友人に触発され、何だか楽しそうで、行き先も決めずに買った。どこへ行こう。昨年、行きたいと思いながら行かなかったところが良い。

そうだ、四国に行こう!そうそう、久し振りに丸亀市猪熊弦一郎現代美術館に行こう!併設のカフェのランチが美味しい。月替りの「いのくまの昼飯」を食べに行こう!「いのくまの昼飯」は売り切れていた。その代わりに選んだのはたっぷり野菜のライスグラタンだ。こちらも美味しい。ゆったりとした店内の雰囲気も好きである。猪熊弦一郎ゆかりの作家イサムノグチのインテリア、同時代のデザイナーの家具・・・大変、大変、ここで時間を費やしては展示を観る時間が無くなってしまう。

開館25周年を記念したコレクション展を鑑賞した。過去の展示で感銘を受けた作品がずらりと並ぶ。石内都の桐生の銘仙の写真、須田悦弘の見落としてしまいそうな木彫の雑草、杉本博司の水平線・・・以前は転勤族だったから、時には広島から、福山から、岡山から、鳥取から、ここを目指した。瀬戸大橋線を走るマリンライナーに乗り、非日常の世界に出発する。丸亀駅南側に降り立つと、黄色や赤色のオブジェが見えて、猪熊弦一郎の壁画に心が躍る。近付いて、やっと、小さな入口があるのに気付く。設計した谷口吉生によれば、茶室をイメージしたそうだ。館内は広々として、自然光がふんだんに取り入れられているのが特徴。振り返ってみれば、いつも、少しだけ現実を離れてのんびりしたいとき、ここに来ていた。猪熊弦一郎の明るい色彩、子どものような好奇心、現代美術というジャンルの各作家の型にはまらない発想に、自然と私のこだわりがなくなる。

そして、うどんを食べて帰る。丸亀駅の近くで、坂出駅の近くで・・・
マリンライナーが瀬戸大橋を渡っていく頃には、新しいアイデアが浮ぶ。明日は、それを試してみようと思う。

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

応募作品目次

兵庫県

山口県

  • 山口県立美術館
  • 下関市立美術館

徳島県

香川県

愛媛県

高知県

  • 高知県立美術館
  • 香美市立美術館
  • 香美市立やなせたかし記念館(アンパンマンミュージアム&詩とメルヘン絵本館)
  • 北川村「モネの庭」マルモッタン

大分県

  • 大分県立美術館
  • 大分市美術館